ボイス 110緊急指令室1話の感想とネタバレ!MOZUに似てる?

ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の1話が放送されました!

1話完結で展開されるドラマが多いなかで、一番気になるところで1話が終了してしまうという展開でした。

息が詰まる展開で、最初から惹き込まれあっという間に1話が終了しました。

こちらでは、「ボイス 110緊急指令室」の1話のネタバレと感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の1話のネタバレ!

40代女性40代女性

3年前、捜査一課の樋口彰吾は、港東署強行犯一係の係長でハマの狂犬と呼ばれていた。
ある日、樋口は犯罪グループの張り込み中、妻の未希からの着信に気づいたが、それがSOSだとは知らずに業務を優先してしまう。

その頃、謎の殺人鬼に襲われ身を潜めていた未希が110番に助けを求めていた。
その電話に応じたのは、警部補の橘ひかりで、未希の声に緊急性を感じたが、未希は花火の音に驚き、電話を切ってしまった。ひかりはためらいながらもコールバックしてしまい、犯人に未希の居場所を知られてしまった。
ひかりは、電話越しに未希が惨殺される一部始終の音を聞いてしまう。

仲間と祝杯を上げていた樋口は、後輩の石川から未希が殺されたと連絡を受け、強行犯二係の沖原の制止を振り切って、残酷な現場を見てしまった。

一ヶ月後、法廷には未希殺害の被疑者、相良の姿があった。
相良は、事件当日は泥酔していて何も覚えていないと話したが、検察側の証人として、通報を受けた声紋分析官の橘ひかりが出廷し、「事件の時に聞こえた声が、相良とは違う」と証言した。ひかりは、通話記録を調べれば分かると言うが、提出された記録には、犯人の声は記録されていなかった。驚いたひかりは、通話で聞いた内容を正確に話したが、相良の犯行だと確信していた樋口は、ひかりの証言に逆上し、相良に殴りかかるのだった。

3年後、交番勤務に配置換えになった樋口は、今も逃亡中の相良を追っていて、かつての同僚から煙たがられるほど落ちぶれてしまっていた。
一方で、科捜研で実績を積んだひかりは、自ら希望を出して港東署の緊急指令室長に就任し、被害者を迅速に救出するためのチーム、ECUの設置を提案した。

そんな中、緊急指令室に萩原夏美という若い女性から通報がある。一刻を争うと判断したひかりは、自ら指揮を執った。

夏美は、ネットで知り合った男に殴られ、閉じ込められたのだと言う。
樋口は透と共に現場に向かい、3階以上の建物を探した。

夏美は戻ってきた犯人から逃げて身を潜めていたが、夏美はドアの前で落とし物をしてしまい、犯人に居場所を知られてしまった。
ひかりは音から犯人が大型のハンマーを持っていることに気づき、未解決の連続殺人と同じ犯人だと突き止めた。

樋口は、港商店街跡地でキラキラ光る何かを突き止めろと言い、ひかりは水槽だと気づいたが、犯人は既に夏美にハンマーを振り上げていた。
(PN/まめこ)

ドラマ「ボイス 110緊急指令室」の1話の感想と評価!

40代女性40代女性

韓国のドラマのリメイクということで期待していましたが、第1話を見て、普通の刑事ドラマでは感じられない緊迫感が面白いなと思いました。
特に良かったのは、ひかりが通話で聞こえる小さな音に耳を傾けるシーンです。音だけが唯一の手がかりになると言うことで、ついつい見ている私も耳を澄ましてしまうほど、引き込まれました。
気になったのは、法廷でひかりが真犯人の存在を証言したシーンです。ひかりの言っていることが正しいとなると誤認逮捕ということになるので、証拠を改ざんされるのも無理もないと思いましたが、もしかして警察の関係者が事件に関わっているようにも見えました。今の段階では、しきりにひかりに責任転嫁している後輩の石川が怪しいのではと、気になりました。(5段階評価:★★★★★)(PN/まめこ)

20代女性20代女性

誘拐犯が逃げた夏美を探し回るシーンが、とても迫力満点でドキドキさせられました。
まるで自分が夏美になってしまったように感じるくらい臨場感たっぷりで、目が離せませんでした。
また、ひかりが後少しのところで犯人に殺されるというところで、ひかりが居場所を特定して樋口が駆けつけるのかと思ったら、犯人が夏美にハンマーを振り下ろしていて衝撃でした。
これはもしかしたら間に合わなかったのかもしれないと悲しく思いましたが、そういうところがリアルで良いなとも感じました。
ひかりが言っていた、クライシスタイムが終了した事を告げるアラームが鳴り響いていたのがとても印象的でした。
助けられるか助けられないかはまだわからないけれど、この事件が樋口とひかりの関係にどんな影響を与えるのかが楽しみです。(5段階評価:★★★★★)(PN/さな)

30代女性30代女性

こわい!こわすぎる!こんなにドキドキしたドラマは初めてです。しかも、一話完結しないんですかー? 吉川愛ちゃん、殺されちゃったんですか?! こわくてこわくて、気づいたら吉川愛ちゃんと一緒に泣いていました。怖くて泣いたドラマは初めてです。
あまりにも斬新な構成のドラマに度肝を抜かれました。
正直、増田貴久さん目当てで見ようとしただけだったので、あまり期待してなかったのですが、このドラマはちょっとスゴイと思います。面白いと表現するのは語弊がありますが、魂を揺さぶられました。

唐沢寿明さんは、普段の陽気なイメージと全然違っていてとても精悍でかっこよかったです。
オープニングシーンからとても辛いものでしたが、なんとか被害者の命を助けてほしいですね。(5段階評価:★★★★)(PN/りな)

スポンサーリンク

「ボイス 110緊急指令室」はMOZUに似てる?

期待していたドラマ「ボイス 110緊急指令室」ですが、期待以上に面白かった1話です。

続きが気になるところで終わりましたので、2話も逃さず見ることは確定ですね。

そして、真木よう子さんが主演ということが大きな理由ではありますが、どことなくMOZUに似ていると思うのは私だけでしょうか?

気になって調べてみると、やはりMOZUに似ていると言う方も多いです。

緊迫感たまらなく良いですね。また音声から探っていくことで耳をすますから余計に神経が研ぎ澄まされます。

1話ではじまったばかりですが、早くも劇場で見たいと思ってしまいますね。

そして、MOZUに似ていると思う理由として、「妻の死の真相」があげられるのではないでしょうか?

MOZUは西島秀俊さん演じる倉木が妻の死の真相を知りたいと1話からはじまって最後まで真相をおいかける展開でした。そして、ボイスも1話の冒頭で妻の死があり、死の真相は不明のまま。警察内部で証拠隠滅を図った形跡もあり、調子に乗るからだ・・という真犯人の言葉の意味も謎のまま。

この死の真相をおいかけるという展開もMOZUに似ています。

そして2話の予告でも。樋口(唐沢寿明)の言葉で「うちのやつが何で死ななければならなかったのかこの目で確かめたいだけだ。」とありました。

MOZUの西島秀俊さんのセリフとも似ていますよね。

個人的には、MOZUの西島秀俊さんと真木よう子さんのタッグは好きでしたので、そのタッグが今度は、唐沢寿明さんとの間で見れるとなると楽しみで仕方がありません。

1話の中でもラストの唐沢寿明さんと真木よう子さんのかけあいは感動的なものがありました。

2話にも期待して息をつまらせながら見ていきたいと思いますっ!

ドラマ「ボイス緊急指令室」の見逃し動画配信を見る方法は下記コンテンツにて記載しています。

見逃した方も1話からもう一度見たい方も、動画を見たい場合はチェックしてみてください!

スポンサーリンク