ノーサイドゲーム5話は佐々一に感動!林家たま平のラクビーができる落語家のギャップがカッコイイ!

ノーサイドゲームの5話はなんと言っても佐々一の活躍に感動する回と言えそうです。

これまでの積み上げてきたものが報われるというのはやはり感動しますよね。

こちらでは、ノーサイド・ゲームの5話のネタバレと感想を紹介していきます。また、佐々一役の落語家・林家たま平さんの紹介もしていきます。

スポンサーリンク

ノーサイド・ゲーム5話のネタバレ!

40代女性40代女性

君嶋の経営戦略と柴門の最新ラグビー理論が合致したアストロズは、11連勝という快進撃を見せていた。
そんな中、七尾にトキワ自動車の内定が出たが、これは君嶋が、七尾に入部してもらおうと考えて出した内定だった。
今年は優勝を伺える位置に着けていたが、色んな面でサイクロンズ との差は大きかった。

一方で君嶋は、カザマ商事買収の件がリークされた裏には、何が起こっても、カザマ商事の風間社長が買収を取り止めることはないと分かっていたのではと考えていた。二人が大学の同期だと気づいた君嶋は、元上司の脇坂に、何か大きな企みがあるのではと話した。
博人は、ジュニアリーグでレギュラーになれず、真希は博人が上手くなれるように力を貸すように君嶋に話した。

そんなある日、滝川が府中工場の視察にやって来た。滝川は工場の合理化を推し進めて、人件費などのコストを削減しようとしていた。もしリストラが断行されれば、廃部に追い込まれるかもしれず、連勝に沸く選手たちにも不安が芽生え始める。さらに、柴門はサイクロンズ戦の活路が見えず焦っていた。サイクロンズの津田監督は、自分の手の内を知り尽くしている。だが柴門は、君嶋の今の選手たちのスピードは柴門の特訓の成果だと言う言葉にヒントを得て、選手たちに、サイクロンズには強さ故に、スピードの面で穴があると話した。
数日後、アストロズはレスリング道場にいた。柴門は、倒れた後に立ち上がるスピードを速める特訓を始めたのだった。
七尾に会った柴門は、せっかくの才能を捨ててほしくないと話した。
サイクロンズ戦まで数日に迫り、柴門に、津田との因縁を面白がるマスコミからの取材依頼が殺到していた。君嶋は、これを集客に結び付けようと、トキワ自動車本社に津田を招いて、両監督の合同記者会見を仕掛けた。
会見が始まり、50社以上のマスコミを前に、柴門は、徹底的にサイクロンズを叩き潰すと宣言した。

優勝決定戦の当日、アストロズは君嶋と佐倉を加えて円陣を組み、試合は始まった。
サイクロンズは、里村と浜畑を徹底的にマークする作戦で、動きは全て読まれていた。
点差は開く一方だったが、柴門は後半にスピードの差は出てくると言い、里村を佐々と交代させた。
柴門は、佐々のスピードの速さとパスに賭けており、佐々は見違える程の活躍を見せた。4点差まで漕ぎ着け、最後の最後でビデオ判定に持ち込まれ、アストロズは負けてしまった。(PN/まめこ)

ノーサイド・ゲーム5話の感想!

40代女性40代女性

第5話は、サイクロンズとの優勝決定戦が一番の見どころとなりました。アストロズが、後半で追い上げを見せるシーンは、憎い演出にまんまとはまってしまい、感動で泣きながら見ていました。良いところで、米津玄師さんの主題歌が流れるので、それがまた涙を誘いました。
面白かったシーンは、今回もダントツで君嶋家の団らんシーンでした。レギュラーになれなかった博人をGMの力で何とか出来ないのかと言う真希に、君嶋がレギュラーにねじ込めと言っているのか?と言ってしまったシーンです。この瞬間、この発言はヤバイと分かりました。真希の反応は想像以上に面白くて、これは本気でねじ込むつもりだったのだと分かりました。真希のシーンは毎回笑わせてくれるので、楽しみの一つになりました。(5段階評価:★★★★★)(PN/まめこ)

50代女性50代女性

アストロズの試合を観ていると、こちらまで勇気と元気を貰えるような気がします。
サイクロンズとの試合では最後までどちらか勝つか分かりませんでした。

出来れば優勝して欲しかったですが、この結果がアストロズの今の実力なのでしょう。
体力ではアストロズの方が上回っていたので、後はメンタル強化をしてほしいです。

急激にここまで強くなったことで、今の状況に慣れていないのかもしれません。
しかし、強くなるということは、今度は追われる立場にもなります。

強いチームであり続けることの難しさを感じることになるでしょう。
アストロズがさらに強くなっていくために、できることはまだまだあると思います。

今回の試合はとても白熱していて、非常に面白い試合でした。(5段階評価:★★★★)(PN/マキ)

30代女性30代女性

七尾がついにトキワ自動車に入社しましたね。アストロズを救う存在となってくれることを信じています。崖っぷちラグビー部の部員たちの少しずつ強くなっていく様子が頼もしいですね。特に気弱な佐々くんの成長に注目しています。
大泉洋さんのレスリングスタイルを楽しく見ていたら、まさかの吉田沙保里さんの登場に笑ってしまいました。しかも、けっこう本気なレスリングだったので、いいものが見れた気分です。(笑)お堅い池井戸作品に、大泉洋さんのお笑い要素が加わってるので、女性にも見やすいですね。
柴門、まさかの津田の前でサイクロンズをつぶす発言!選手たちの闘争心に火をつけましたね。ドラマを見ているというよりまるでスポーツ観戦をしているような高揚感にドキドキしてしまいました。(5段階評価:★★★★)(PN/みく)

佐々一(ささはじめ)役・林家たま平のラクビーができる落語家のギャップがカッコイイ!

ついに佐々一(ささはじめ)が日の目を見る時がきましたね!子供たちを前にして活躍する姿にも感動しました。

交代出場した時の不安そうな様子といい、活躍している時の真剣な表情と良い、演技も上手ければラクビーも上手い。すごい逸材です。

池井戸潤さん原作の日曜劇場の落語家と言えば、下町ロケットの立川談春さんが印象的ですが、ノーサイド・ゲームでは、林家たま平さん。

共通して言えるのは、落語家の方は演技が上手いですね。落語もお芝居の一つと言えると思いますので通じるところがありそうです。

落語とお芝居が通じるとして、落語とラクビーは基本的には通じないはずです。

はずですが、林家たま平さんは、高校時代に実際にラクビーをされていたとのこと。だからこそ、ノーサイド・ゲームの5話の迫力のある試合の見せ場に臆することなく輝いているんだなと感じます。

落語とラクビーと池井戸潤原作と日曜劇場。

なかなか絶妙な縁の結果、生まれた感動的なシーンと考えると、、、深みのある凄いシーンなんだなと感慨深くも見えてきます。

視聴者の方から5話の中でもっとも印象的だった俳優を聞いてみたところ次のようなコメントをもらいました。

50代女性50代女性

今回はアストロズの佐々選手を挙げたいと思います。

ずっと補欠選手だった彼が、ようやく試合に出られただけではなく、素晴らしいプレーを見せてくれました。

君嶋GMの息子と同じ背番号で、彼が応援してくれたことも、佐々選手の大きなパワーになったと思います。(PN/マキ)

林家たま平さん、このドラマを気に、ドラマの世界でもますますの活躍を期待したいですね。

ノーサイド・ゲームの動画を1話から見たい場合は、下記コンテンツに無料で見る方法をまとめていますので、よろしければご参照ください。

ノーサイド・ゲームは伏線を積み上げてどんどん感動的になっていくドラマになっていますので、途中から見出したという方はぜひ1話から見逃し配信をチェックしてみてください。

スポンサーリンク