ノーサイドゲーム9話の感想とネタバレ!滝川(上川隆也)と君嶋(大泉洋)のシーンの演技は見応え抜群!

ノーサイドゲームの9話でいよいよ黒幕が発覚しました!

またここに来て、人間模様のバランスが変わってきて面白い展開に!

9話の見どころはたくさんありますが、なんと言っても滝川と君嶋のシーンではないでしょうか。

上川隆也さんと大泉洋さんの演技派のぶつかり合いはとても見応えがありますね!

こちらでは、ノーサイドゲームの9話のネタバレと感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」9話のネタバレ!

40代女性40代女性

カザマ商事買収プロジェクト会議が行われた。脇坂は、重大な見落としがあると指摘し、君嶋を会議に参加させた。君嶋は、バンカーオイルの第三者機関の報告書が書き換えられていたと明かし、森下教授には、その見返りとして、風間社長が個人資産から三億円を現金で支払われたと話した。後ろ暗いことは何もないと滝川は突っぱねたが、君嶋は森下教授の受領書を提示し、社長は買収については保留にすることを決定した。

滝川は異動になり、代わりに脇坂が常務に昇進した。
一方、アストロズは2年目のリーグ戦が開幕し、七尾の活躍で最高の滑り出しを見せ、サイクロンズも里村の活躍で順調に勝ち進んでいた。

常務になった脇坂は、君嶋を呼び出し、予算削減の為にアストロズは潰すと言い出した。
真希は、まさかジュニアアストロズもなくなるのではと心配するが、君嶋は何か手を考えると言う。

脇坂に呼び出された君嶋は、予算を半分にすると言われる。脇坂はただのスポーツ大会だと言い放ち、必死で食い下がる君嶋を徹底的にやり込めるのだった。

そんな中、浜畑からラグビー部に問題でも起きたのかと聞いていた。君嶋は、自分の口から正直に状況を話し、アストロズはどんな困難を乗り越えると団結するのだった。

ブレイブス戦のメンバーには、七尾ではなく浜畑が選ばれた。ブレイブスのジャッカルを止めるためだったが、柴門はこのままではサイクロンズ戦にも七尾は出せないと言う。
そんな矢先、ラックに入った浜畑が足を負傷してしまう。七尾がラックに入れない状態では、この試合は浜畑と心中するしかなかった。

見かねた七尾は代わりに出ると申し出たが、浜畑は自分の足などどうでもいいと突っぱねるのだった。
アストロズは浜畑の活躍でブレイブスに勝った。
君嶋は場内で滝川の姿を見つけて声を掛けた。滝川はわざわざチケットを買って見に来たと言い、自分もラグビーをやってみたかったが、経済的に無理だったと話し始めた。風間を見返したいと言う気持ちから、買収に躍起になってしまったと言い、君嶋の資料は完璧だったと褒めた。
滝川は、風間社長の銀行口座の明細を提示したのはさすがだったと言い、君嶋は自分が大きな勘違いをしていたことに気づいた。
滝川は、「試合はまだ終わっていない、負けるな」と言う。
そんな中、七尾は必死にトラウマを乗り越えようとしていた。君嶋は、その姿を見てアストロズを全力で守ると誓うのだった。(PN/まめこ)

スポンサーリンク

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」9話の感想!本当の黒幕は・・・?

40代女性40代女性

第9話は、本当の敵が滝川ではなく、君嶋が今まで慕ってきた脇坂だったことが判明しました。これには、見ていた私も完全に騙されてしまっていたので、最終回は面白い展開になりそうだと期待が高まりました。
今回良かったシーンは、浜畑が「俺の足なんてどうだってええねん、俺は勝つ」と七尾に言ったシーンです。セリフは棒読みでしたが、浜畑のどうしても勝ちたいという闘志にしびれました。
気になったのは、脇坂が「最終的にはラグビー部は廃部だ」と断言したシーンです。脇坂は、プラチナリーグのことをただのスポーツ大会だと言い、これまでとあまりにも違い過ぎて怖くなりました。滝川の時もそうでしたが、常務の席は呪われているんじゃないかと思うくらいの豹変ぶりで、ラスボス感が半端なかったです。(5段階評価:★★★★★)(PN/まめこ)

20代女性20代女性

カザマ商事に一番騙されていたのは滝川だったのかもしれないなと感じました。
滝川は風間の会社を買収することでマウントをとりたかったんだろうけど、逆に手のひらの上で踊らされていたなんて少し同情してしまいました。
また、君嶋が言っていた通り、滝川はラグビー部をただ潰したかっただけじゃなくて、本当に会社のことを考えて行動していたんだなということがわかって、嫌なやつじゃなかったんだなと思いました。
ここから君嶋がアストロズの存続をかけて戦うのに、滝川が手を貸してくれたら百万馬力だと思うので、協力しくれることを強く期待しています。
また、七尾がトラウマを抱えているのは大きな問題だと思いました。
浜畑にカツも入れてもらったし、サイクロンズ戦ではジャッカルに怯まずに活躍してもらいたいです。(5段階評価:★★★★★)(PN/ひとみ)

50代女性50代女性

今のアストロズには浜畑と七尾の二人が居ることで成り立っていると思います。
なので、どちらが欠けても、サイクロンズには勝てないでしょう。

浜畑さんは今まで色々な経験をしてきました。
なので、今回の廃部の話もきっと乗り越えられると思っているような気がします。

君嶋が廃部の話をしても、結局、アストロズの選手たちは今できること、すなわち勝ち続けることしかできないと思います。
それが彼らの役目ですし、やはり君嶋が廃部を死守するために動いていくしかないでしょう。

脇坂さんが常務になってトキワ自動車の数字の現実が見えてきたことで、ラグビー部の廃部という話を強引に進めているとも考えられます・
もし、他の理由で廃部を決めているならば、裏で何かが動いているのでしょう。(5段階評価:★★★★)(PN/マサ)

滝川が良い奴で感動!上川隆也と大泉洋の演技は見応え抜群!

9話の中での演技の感想を視聴者の方にもらったところ、やはり、上川隆也さんと大泉洋さんの演技は魅力的という声が多かったですね!

40代女性40代女性

第9話で最も演技が上手いと思ったのは、滝川役の上川隆也さんです。滝川は今回、カザマ商事の買収に失敗したことで失脚しましたが、これまで見てきた怖い顔の滝川とは違う、本来の滝川の姿がとても素敵でした。
良かったシーンは、試合を見に来てくれた滝川は、君嶋に「君の試合はまだ終わっていない、負けるな」と言ったシーンです。滝川のこんな姿を見られたのは意外でしたが、憑物が落ちたかのように真っ直ぐな目をしていたのが印象的で、一瞬ラガーマンに見えました。(PN/まめこ)

20代女性20代女性

君嶋を演じていた大泉洋さんの演技がとても上手だったなと思いました。
特に、滝川から脇坂が自分を府中に飛ばしたいうことを聞いた時の表情がすごかったです。
放心状態のような中に、どうしようもない悲しさがこもっていて良かったです。(PN/ひとみ)

いよいよノーサイドゲームも次回が最終回。どんな結末が待ち受けているのか楽しみですね!

ノーサイドゲームのの見逃し動画配信を見る方法は下記コンテンツに記載しています!

また1話から最終回のネタバレと感想もまとめていますのでよろしければあわせてご覧ください!

スポンサーリンク