ノーサイドゲーム6話は七尾圭太役のゴードン(眞栄田郷敦)に感動!ネタバレ感想も!

ノーサイド・ゲームの6話も安定の面白さでした。

いよいよ最終回の結末に向けて再始動した展開でした。

そして、6話の中での見どころとなったのは、七尾圭太ではないでしょうか。

七尾圭太を演じているゴードンこと眞栄田郷敦さんの存在には、感動するところがありました。

こちらでは、ノーサイド・ゲーム6話のネタバレと感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

ノーサイド・ゲーム6話のネタバレ(あらすじ)

40代女性40代女性

サイクロンズ戦に敗れ、プラチナリーグを2位という好成績で終えたアストロズは、多むらでお疲れ会を開いていた。
廃部が囁かれる中、選手たちは出直しを誓い合っていた。しかしGMの君嶋は、優勝が達成出来なかったことで、滝川の反撃に合うのを懸念していた。
役員会議では、滝川から全否定を受けたが、島本社長が身体を賭けて取り成したお陰で、何とか予算は承認された。
数日後、脇坂に呼び出された君嶋は、本社に戻ってくるよう言われる。脇坂は滝川と同期で、増大する滝川の勢いに立ち向かうためには君嶋が必要だと考えていた。
GMとして自信を失った君嶋は心が揺れていたが、最後にGMとしてできることをやろうと決めた。
組織全体が変わらない限りは各チームの収支は改善しないと考えていた君嶋は、GM会議の席で、採算が取れるように改革案を提案した。君嶋は、採算が取れずに困っているのはどこも同じはずだと訴えたが、ラグビーは金儲けじゃないと一蹴されてしまった。

そんな中、君嶋は滝川から話があると呼び出された。滝川は2位になった努力は認めるが、GMとして赤字のことはどう考えているのかと問われるのだった。

君嶋は、試合に出るために努力する博人の姿を見て、本社復帰を迷い始めていた。
一方アストロズは、本波が引退を決め、選手たちに伝えられた。本波は、涙ながらに感謝の気持ちを語り、アストロズがもっと強くなることを願っていた。
君嶋は、本波からこのメンバーで優勝したくて続けてきたと聞いて、覚悟を決めたのだった。
本社に出向いた君嶋は、脇坂に今の自分では迷いが出てしまうと話し、あと一年待ってほしいと話した。脇坂は、断った以上はもう声は掛けないと言う。
君嶋は、真希に本社復帰を断ったことを話して謝った。真希は、やるからには勝つように言うのだった。

君嶋はファン感謝祭を提案し、選手たちが張り切って準備をする中、改革案の件で協会に来ていた。
全く相手にされない君嶋は、あなたたちが変わるまで何度でもぶつかると宣言するのだった。

君嶋は、研究所の星野から、2年前のタンカー座礁事故は、カザマ商事のオイルが原因だったかもしれないと相談を受けた。

ファン感謝祭が始まり、選手たちの紅白戦が行われた。サイクロンズの偵察がある中、新メンバーの七尾が驚きのプレーを見せつけた。七尾の秀逸なプレーを見たサイクロンズの津田は焦りを感じるが、既に浜畑を引き抜く計画を進めていた。(PN/まめこ)

ノーサイド・ゲーム6話の感想と評価

40代女性40代女性

第6話は、カザマ商事への疑惑、七尾の入部と盛り沢山の内容でした。
一番良かったシーンは、本波が選手たちに引退を伝えたシーンです。本波が自分が辞めることで、浮いたお金をアストロズが強くなるために使ってほしいと言ったシーンは、もらい泣きしました。君嶋が涙を流すところが流れ、つい同じ気持ちで見てしまいました。選手たちの熱い気持ちが伝わってくる素敵なシーンでした。
気になったシーンは、最後にサイクロンズの津田が、手を打ってあると言っていたシーンです。まさかの浜畑が鍵原と対面しているシーンが流れ、あの浜畑が寝返るなんて、信じられませんでした。七尾の登場で、弱気になっのか?アストロズにはもう自分は必要ないと感じたのか?とにかくとても悲しくて、嘘だと信じたかったです。(5段階評価:★★★★)(PN/まめこ)

40代女性40代女性

アストロズの継続が決まってよかった
お金がかかることは仕方ないけど
縦社会ってひどい
わかっていることなのに見て見ぬふりなんて
誰かが改善案だしていかないと変わんないね
また上が変わるかだけど
貧乏チームは待ってらんない事情があるね

選手が辞めてしまう
チームにお金がないのも一因だ
残念な話
年配の選手ずっと頑張ってきたんだね
体ぼろぼろになるまで。

博人君のがん張りに感動
おやつも食べないで頑張るなんてね
落ち込みもしないなんてほんとうに偉いよね。

本社に戻るのか
と言う話を妻は最初から難色を示しているけどはっきりとは言わない
でも結果妻の思うとおりになる
そこが面白いよね
旦那のことよく知っている奥さんだということかな

勝てと励ますとこもいいね仲良し夫婦。(5段階評価:★★★★)(PN/ゆう)

20代女性20代女性

君嶋が本社に戻らずアストロズの優勝に自身を捧げることを決めてくれたり、七尾がメンバーに新規加入してくれたりと、ワクワクする展開にとても心が踊りました。
七尾がすごい選手なんだろうなとはわかっていたけど、レギュラーメンバーと戦ってあんなにも活躍できるなんて、かなり期待できそうだなと嬉しかったです。
これは今期はサイクロンズにも勝てそうだなとみんなが思ったんじゃないかなと感じました。
だけどその一方で、浜畑が浮かない顔をしているのがとても気になりました。
七尾とレギュラー争いすることになるのを危惧してるのかと思ったら、サイクロンズからの引き抜かれようとしているなんて衝撃的すぎました。
浜畑のラグビー人生を取るのか、アストロズをとるのか難しい問題だなと感じました。(5段階評価:★★★★)(PN/なな)

七尾圭太役のゴードン(眞栄田郷敦)に感動!

こんなにも華のある選手は魅力的すぎるというのが、七尾圭太。

そして、七尾圭太役のゴードンこと眞栄田郷敦(まえだごうどん)さんの爽やかでふわっとした演技は見事ですね!

視聴者の感想でも6話で最も注目の俳優さんを聞いたところ、次のような感想がありました。

40代女性40代女性

第6話で最も演技が上手いと思ったのは、七尾圭太役の真栄田郷敦さんです。今回、このドラマで初めて演技を拝見したのですが、作り込んでいない自然な演技が新鮮で、今後ブレイクする予感を感じました。良かったのは、紅白戦で「もっと楽しめばいいじゃないですか」と笑顔で言っていたシーンです。こんな爽やかな笑顔をするんだなとキュンキュンしました。ラグビーをするシーンはとても手慣れた感じで、これは明らかに素人ではないとすぐに分かりました。今後のラグビーシーンにも期待したいです。(PN/まめこ)

眞栄田郷敦さんの活躍しているシーンに、米津玄師さんの「馬と鹿」の主題歌が流れて、もう感動!!

ノーサイド・ゲームにじわじわとハマるなぁと・・・と思う感動的な名シーンでした!

ちなみに、眞栄田郷敦さんの公式のインスタもあります。気になった方はフォローしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

以上、ノーサイドゲームの6話のネタバレと感想を紹介してきました!

7話では、浜畑を引き抜く計画の行方に注目ですね!

ノーサイド・ゲームの見逃し動画配信を見る方法は下記コンテンツに記載しています!

途中から見たけど、いまいちストーリーがつかみ切れないという方は、1話からのイッキ見がおすすめです!

また1話から最終回のネタバレと感想もまとめていますので動画を見ないで確認したい方もよろしければあわせてご覧ください!

スポンサーリンク