私のおじさん~WATAOJI~

新米ADのひかり(岡田結実)と、ツッコミ役のおじさん妖精(遠藤憲一)が繰り広げる「私のおじさんWATAOJI」第3話です。

馬場桃花AP(青木さやか)に次いで、今回は出渕輝彦チーフAD(小手伸也)の過去と悩みが明かされます。

おじさんの悩みなんて、聞きたくないな…なんて思ってしまいそうですが、そこは大丈夫、ちゃんと面白いです!

それでは「私のおじさんWATAOJI」3話のネタバレと感想をお届けします。

スポンサーリンク

「私のおじさんWATAOJI」3話のネタバレ!

離島ロケ!しかし、準備でノイローゼ状態のひかり

ひかりは、船に揺られ吐き気を堪える、極限状態のロケに臨んでいた…。

「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」で定期的にやってくる「幻シリーズ」は、あまりスタッフのウケが良くない。
泉Pは昨年より現実味がある「幻のタイ」にした!と話し、テンションの上がるひかり。

日頃怒られてばかりなので、少しでも癒されたいと、期待している。
「若い頃、好きな人と海によく行った」という、おじさん妖精。
おじさん妖精との会話を、独り言が過ぎる、と出渕ADチーフに気味悪がられるひかり。

出渕は仕事を押し付けて「諸々よろしく」と帰っていくのだった。
居酒屋合コンでも偉そうにしているが、あまりウケが良くない出渕。

以前千葉Dとキスしていた美女2人に合コンに引きずりこまれたひかりは「寝ていいよ」が殺し文句と言い、ADらしいと笑われるのだった。

ロケ地は蔵前島に決定。
しかし、インフルエンザがはやり始め、九条が倒れたので後を託されたひかりは大忙しだ。
準備や調査のほかに、出渕の指導でブツ撮りまで練習することになる。

しかもブツ撮りは、湯気目当てでエアコンがキンキンに冷えた部屋でやっているので、くしゃみが出てしまう。
そんな中、千葉Dと出渕の間に確執があることに気がついてしまうひかり。

しかも出渕のマル秘ノートを拾ってしまった。
たくさんのネタのほかに「2010年までにディレクターになってプロポーズする」と書いてあった。

おじさん妖精と出渕のことを語りながら、眠りにつくひかり。
しかし、ロケ準備が心配で、スマホが鳴ってる!と、幻聴まで聞こえてしまうのだった。

出渕キレる!ひかりは貞操の危機!?

蔵前島。
「晴れてあったかいロケ日和」とはしゃぐ泉。
しかし、今度は彼がインフルエンザで倒れてしまう!
「まじかよ」と、さすがに心配する千葉。

何とかパウダーさんのロケ撮影が始まる。
しかし「幻のタイなんて聞いたことがないなぁ」という地元の人。
ロケは難航し、千葉と出渕が言い争いを始めてしまう。

スタッフも不調だし「これ以上は無駄だ」と出渕、良い番組を作ることにこだわる千葉。
熱い千葉に「情熱が面倒くさい!」と切れて行ってしまう出渕だった。

40歳でまだADということで悔しがっているのでは…と心配するひかり。
ひかりはブツ撮りでは手が震えて怒られ、さらに船の手配やカンペの準備など、出渕の仕事まで全部押し付けられる羽目になる。

疲れ切り、「旅ロケなんて全然楽しくない!」と、おじさんにこぼすひかり。
ベッドに寝転んでいると、千葉から「今から俺の部屋に来て」とメッセージが届く。

慌てるひかり!
「まさか、どうしようおじさん」と相談するが、
「だろうね、アバンチュール!」と、何故か鼻血を垂らす、おじさん妖精だ。

しかし、呼び出されたのは、明日の打ち合わせのためだった。
千葉は「今日、逃げなかっただけマシか」と一応ひかりのことを褒める。

自分がうざいと思われている事は知っているが、視聴者のために妥協したくないと語る千葉。
せっかくの「胸キュンの話」なのに、ビールも手伝ってウトウトしているひかりだった。
「寝ていいよ5分だけ」と殺し文句を口にする千葉。

怯えながらも優しさに感動してしまうひかりだったが…。
「5分後に起こす」と言っていたのに、千葉に倒れこまれ、慌てて跳びのき部屋に逃げ帰るひかりだった。

ついに千葉もインフルエンザ!ロケは誰が?

翌日。
船出発前に、出渕が帰還。
そして今度は千葉がインフルエンザでフラフラだ。
馬場がドクターストップをかけ、ひかりは出渕さんがディレクターをやれば、と口を出す。
手帳のことを言って気持ちをあおるが、動かない出渕。

出渕の回想シーン。
出渕と千葉は、かつて出渕の方が先輩だった。
ブツ撮り等は出渕が教えたのだ。
しかし、ある時からアイディアが斬新だと認められるようになった千葉。

「まもなく船、到着します!」と九条。
「どうすんのよ!?」と馬場。
なんとなく睨み合う千葉と出渕。
なぜか、出渕のポケットから手帳を取り出し、出渕の頭を叩くおじさん妖精。

出渕の回想シーン。
「仕方ない」と元恋人に愚痴をこぼし、人のせいにしているところを「逃げている」と責められ、仲違いしている場面だ。
こんなはずじゃなかった、良い企画があるのに誰も理解してくれない、今更かっこ悪くて頑張れない、と憤っていた出渕。

おじさんはしつこく出渕の頭を手帳で叩いて、奮起させる。
やっと出渕は「俺“ミートテック”着てるから」、「俺久々に強いんで!」とやる気を出して、千葉を休ませるのだった。

船の上。
みんな船酔いでボロボロだが、やる気を出して、何とか撮影を頑張る出渕だった。

出渕のハッピーエンド、おまけに衝撃!

「今回幻のタイの捕獲は大失敗~」とパウダーさんが閉めたロケ映像。
「独特」、「初めてにしては上出来」と、出渕の編集に微妙な泉と馬場。
結局、千葉に修正させることになったらしい。
千葉は出渕に、1カ所だけ面白かった場面を上げる。

笑って素直に悔しがる出渕。
意外に仲良く話をしているのを立ち聞きし、何故か涙が出るひかりだった。
ひかりの頭をなでながら「頑張れば必ず報われることほど甘くはないんだよ」というおじさん妖精だった。

大うけの放送のエンドロールでは、ディレクターのところに千葉と出渕が並べて載せられている。
女子高生のスマホを覗いてしまい、怯えられた出渕の後から「ださーい」と恋人・瞳の声。

出渕が決心する!
「俺さぁ、今日ディレクターになった。お前のこれからの人生俺色にディレクションさせてくれないか?!」
笑いこけて「待ちくたびれた」という瞳。
しかし一発、OKなのだった!
恋人を抱きしめて振り回す、出渕だった。

その頃ひかりは、残業終了。
“2020年までにディレクターになって結婚する!”とノートに書いている。
おじさん妖精は、ひかりだけがインフルエンザにかからなかったことを「馬鹿は風邪ひかない」と茶化す。

そこに何故か千葉が現れ、ひかりに突然キスをする!
「いきなりじゃん!」と、大慌てのおじさん、フリーズしてしまうひかりだった。

スポンサーリンク

「私のおじさんWATAOJI」3話の感想

離島といえば「船酔い」だよな、と初手から共感してしまいました。
インフルエンザでスタッフ減の中、出渕の采配で良く撮影が回ったな、と思います!
これでADとしてひかりも経験が詰めたので、チャラくて逃げ腰な九条を抜く日も近いのではないでしょうか?!

出渕役の小手伸也って、普通でも面白い、笑いを取りに来たらなお面白い!という不思議な役者さんですね。
ADという役柄からか「コンフィデンスマンJP」や「SUITS/スーツ」の時よりも、さらにコミカルに感じます。
それでも回想シーンは悲痛で、大げさな演技ではないのに、もらい泣きしたくなってしまいました。
恋人とうまくいって良かったです!

ひかり(岡田結実)にキス、ついに千葉D(城田優)に食われる?

しかし、せっかく出渕のささやかなハッピーエンドであったかい気持ちになれたのに、爆弾を落とされました!
ひかりと千葉のキス、いきなりでしたね!
ホテルでお呼ばれした時にも、結局打ち合わせだけで何もなかったのに…。

それにしても、あまりの身長差に、ちょっと感動してしまいました。
調べてみたら、岡田唯が身長160㎝なのに対し、城田優は190㎝だそうです。

やむをえない30センチ差、という感じですね。
2人の仲が進展するのか、正直無理そうだなとは思いつつも、期待してしまいます!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう