3年A組-今から皆さんは、人質です

だんだんと絡まった糸がほぐれてきている印象を受ける「3年A組」4話が放送されました!!

真相に近づいてきて、ワクワク感が高まってきました!!

ここでは、そんな「3年A組」4話のネタバレ(あらすじ)と感想を述べていきます!

スポンサーリンク

ドラマ「3年A組」4話のネタバレ!

4日目の課題

やはり生徒たちは殺されていませんでした。
茅野さくら(永野芽郁)は、誰かの声を聞いたと宇佐美香帆(川栄李奈)と逢沢博己(萩原利久)に話しますが二人は聞いていないと言います。
教室内では連日の監禁で生徒たちは気が立っていました。
4日目の課題は里見海斗(鈴木仁)に動画を撮らせた人物は誰か、です。
今回も誰も名乗り出ないと思いきや甲斐隼人(片寄涼太)がすんなり認めます。
しかし、柊一颯(菅田将暉)は「動画を加工したのは甲斐ではなく黒幕がいる。それが誰かわからなければ10人が死ぬ」という課題を出します。

捜査から外された郡司

一方、刑事の郡司真人(椎名桔平)は捜査から外れ所轄に戻り、無許可でガールズバーを開いていた喜志正臣(栄信)の取り調べをしていました。
その郡司に相楽文香(土村芳)が携帯を返して欲しいと訪ねてきます。
文香が柊先生の名前を口にしたところで父親が話を遮り文香を連れ帰ろうとします。
そこへ刑事・宮城(細田善彦)がきて、郡司に「ベルムズ」という単語を言ったとたん、文香の顔色が変わります。
「ベルムズ」とは不良グループの名前。

甲斐の本当の事情

さくらと香帆は逢沢から、影山澪奈(上白石萌歌)が不良グループに絡まれているところを甲斐が守って障害事件になったことを聞かされます。
甲斐には交通事故に遭い寝たきりの母と、小さい弟と妹がいました。
甲斐はダンスの夢を諦め、家族を助けるためにアルバイトをしながら生活していたのです。
ある日、同じダンス仲間から「世話になっている先輩に澪奈を会わせてやってほしい」と頼まれ「よく知らないし無理だ」と断りますが「20万出す」と言われ金に困っていた甲斐はその頼みを聞いてしまいます。
澪奈を、さくらのことを奴隷呼ばわりしないという交換条件で呼び出しますが、依頼してきたダンス仲間は「ベルムズ」のメンバーであり、先輩というのはリーダー「K」でした。
「ベルムズ」に連れ去られそうになる澪奈を守るため、一人で集団に立ち向かう甲斐。
それが障害事件の真相でした。

柊先生から甲斐への授業

教室にきた柊先生にタイマン勝負を挑む甲斐。
柊先生が脱いだ上着のポケットには郡司と通話中になっているスマホが入っていました。
殴り合いながら甲斐の気持ちを代弁する柊先生。
「夢を諦めた自分と対照的な澪奈が羨ましかった。だから澪奈を陥れたかった。それの何が悪い」と尚も反抗的な甲斐。
どうして助けを求めなかったという柊先生に、言ってもどうにもならないと言った途端、石倉光多(佐久本宝)が仲間じゃないかと怒りを顕にします。
再度、柊先生が動画を加工したのは誰だと聞きますが、家族がどうなってもしらないとKから脅されている甲斐は言えません。
柊先生は「俺がどうにかする。信じろ」と説得しますが「人殺しは信じられない」と言う甲斐。

喜志が拘束され、一気に解決へ!?

そこへ中尾と話したさくらが「殺されていない」と言うと、教室内は動揺します。
再度説得する柊先生に「ベルムズのリーダーKは喜志正臣。ガールズバーがアジト」だと話します。
喜志を伴いガールズバーで一部始終を聞いていた郡司は、奥のアジトに潜入し、喜志を拘束。
それを聞いた柊先生は甲斐にこのことを話し、母親も介護施設に行けるように。
柊先生は水越涼音(福原遥)たちから中尾たちの安否を追求され、本当のことを話そうとした途端、意識を失い倒れます。

スポンサーリンク

ドラマ「3年A組」4話の感想~文香と「ベルムズ」の関係って!?~

郡司が所轄に戻ったことは、柊先生のシナリオ通りだと五十嵐徹(大友康平)が話していましたが、なるほど!というとてもスッキリした結末でした!!!
ということは、柊先生は、喜志がKだとあたりをつけていたのでしょうか?
喜志が逃げられないよう、郡司に監視できるような体制を作り込んでいたとすると、柊先生はものすごく頭の切れる人物ですね!!
喜志が逮捕されるように仕向けるとともに、甲斐の家族も助け、甲斐自身の心も開かせる・・・
柊先生ってスーパーヒーローですね!!きっと、甲斐の家族に連絡してきたのも柊先生なのでしょう。
甲斐も本当は苦労していたりして、複雑な環境にあったんだということがわかりました。
家族のことを想い、また、澪奈を守る優しい人でしたね。
殻を破って素直になれて本当に良かったと思いました。

そして、文香と「ベルムズ」の関係は一体何でしょうか!?
文香の生徒が「ベルムズ」と何か問題を起こしたため文香は心を病み教師を辞めたということでしょうか。
この問題がこのドラマの軸になっていますね。

さらに、内通者は誰だということになっていますが、内通者は3話で熊沢花恋(堀田真由)に話を聞いていますよね?
花恋は知っているのに何も言わないのでしょうか?生徒たちも気づかないのでしょうか?

一人で戦ってきたさくらに、仲間ができて良かったです。
最初は内向的なさくらでしたが、だんだん強い意志を前面に出してくるようになって、さくらも成長してきて微笑ましく思いました。

まとめ 柊先生は命に関わる病に冒されている!?

3話で薬を飲んでいた柊先生がとても気になっていたのですが、深刻な病に冒されていることがわかりました!!
詳しい病名は判明するのかわかりませんが、痛みに耐える表情は命に関わるのだなとすぐに気づきました。

病名が何かは下記コンテンツにて考察してみました。

五十嵐理事官にも心配されていましたね。まさに命の授業をしているのですね。
だから、柊先生の生徒に訴えかける言葉の重みに心を打たれます。

諏訪唯月(今田美桜)と喜志の関係も明らかになるようなシーンもありました。
殺されていなかった生徒たちとの対面もあります。
柊先生の本当の目的は明かされることになるのでしょうか!?

次回、第一部クライマックスです!!楽しみ待ちましょう!!

 

5話を終えての真相の考察もしてみました。真犯人が思わぬ方向に・・・!

 

3年A組を1話から見たい場合は、2019年1月現在huluで配信中です。huluは初回登録から2週間無料で見放題お試し視聴できますよ!

huluで「3年A組」を今すぐ無料視聴する!
思わぬ伏線が隠れていて楽しめそうですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう