大恋愛、僕を忘れる君と

2018年秋のTBS金曜ドラマは、『大恋愛〜僕を忘れる君と』に決定しました!

仕事もプライベートも順調な34歳の女医 北澤尚は、思いもしなかった若年性アルツハイマーに侵されてしまう。婚約者の井原がいながらも、尚は元小説家の間宮に惹かれ、2人は運命的な恋愛をするという儚いラブストーリーになっています。

本ドラマの主演は戸田恵梨香さん。主人公を取り巻くキャストにはムロツヨシさん、TOKIOの松岡昌宏さんらに決定しました。

こちらの記事では、ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』のキャストやあらすじをまとめてみました。

スポンサーリンク

 

2018年秋ドラマ「大恋愛〜僕を忘れる君と」のキャスト紹介

北澤 尚/戸田 恵梨香

 

中学卒業をきっかけに、生まれ故郷の神戸から上京。本格的な芸能活動をスタートした戸田恵梨香さん。

女優としては、2006年に公開された『デスノート』で弥海砂役を演じ、一気に知名度が上がりました。奇抜な衣装も難なく着こなし、演技力にも定評がありましたね。

ドラマでは『野ブタ。をプロデュース』(2005)、『ギャルサー』(2006)に出演。可愛い女子高生役のルックスながら、自然な演技力が印象的でした。

初めてのドラマ主演を飾った『LIAR GAME』(2007)では、おとぼけな主人公のキャラに注目が集まりました。その後も、『コード・ブルー』(2008)、『流星の絆』(2008)などの人気作品に数多く出演されています。

2010年に放送された『SPEC』では主演の女性刑事を熱演。最近では、『リスクの神様』(2015)、『崖っぷちホテル!』(2018)のヒロイン役に抜擢され、働く女性をスマートに演じています。

30歳に入ってからも、女優としてトップクラスの位置にいる戸田恵梨香さん。

今回、戸田恵梨香さんが演じるのはレディースクリニックに勤務する女医の北澤尚。公私ともに順調であり、このまま何事もなく婚約者と結婚するだろうと思っていた矢先、運命の人に出逢ってしまいます。そして、尚に襲いかかる若年性アルツハイマー。

戸田恵梨香さんにとっては、今回初めての病魔に襲われる役。幅広い演技力が魅力の彼女は、どんな演技を見せてくれるのでしょうか。今から楽しみですね。

間宮 真司/ムロツヨシ

ムロツヨシさんは、東京理科大学を中退したことをきっかけに俳優の道を志した個性派俳優さんです。

初めての出演となったのは、2005年に公開された『サマータイムマシン・ブルース』の石松大悟役でした。テレビドラマでは、『相棒 season7』(2008)、『サムライ・ハイスクール』(2009)、『絶対零度』(2010)などに脇役として多数出演されています。

最近では『君が心に棲み着いた』(2018)にドラマ出演し、冴えない人気漫画家を好演。

今年は42歳でエランドール新人賞を受賞され、これからのムロツヨシさんに期待がかかっています。

本ドラマ『大恋愛〜僕を忘れる君と』では、ムロツヨシさんは初めての本格ラブストーリーに挑戦。若年性アルツハイマーになった恋人の北澤尚を健気に支える、元小説家を演じます。愛する恋人が自分を忘れていく…そんな切ない演技をムロツヨシさんがどう見せるのか注目ですね。

 

井原 佑市/松岡 昌宏


松岡昌宏さんは、北海道出身、1997年生まれのジャニーズ出身の俳優です。アイドルグループTOKIOに所属し、俳優業のほかにバラエティーや歌番組で活躍されています。

テレビドラマでは、1990年に放送された『愛してるよ!先生』が初めての出演になりました。

『サイコメトラーEIJI』(1997)では明日 真映児役、『新・美味しんぼ』(2007)では山岡 士郎役で主演に抜擢。

最近では、2016年に放送された『家政婦のミタゾノ』で女装家政婦役をコミカルに演技されていたのが印象的です。『必殺仕事人』などの時代劇にも挑戦し、演技力の幅を着々と広げてきた松岡昌宏さんです。

今回は、戸田恵梨香さん演じる北澤尚の婚約者を演じることになりました。婚約破棄を言われながらも、エリート精神科医としてアルツハイマーになった尚を健気に思う切ない役どころです。戸田恵梨香さんとのツーショットも目が離せないですね。

 

北澤 薫/草刈 民代

バレリーナから、女優に転身した草刈民代さん。現在53歳になられ、テレビからもスタイルの良さが伝わってくる女優さんです。

1996年に公開された映画、『Shall we ダンス?』は役所広司さんとダブル主演を果たし、最優秀主演女優賞を受賞した話題作となりました。華麗なダンスを披露し、艶やかなドレス姿が決まっていましたね。

テレビドラマでは、『新参者』(2010)や『ドクターX〜外科医・大門未知子』に出演。本数は多くはないものの、脇役としてしっかり存在感を出してきました。

本ドラマでは、尚の母親役を演じます。早くに夫を亡くして、女手ひとつで尚を育ててきた産婦人科の院長でもある尚の母親。戸田恵梨香さんとの母娘役に注目したいです。

 

沢田 柚香/黒川 智花

黒川智花さんは、東京都出身の1989年生まれの女優さんです。

2001年に、りぼんモデルグランプリに選ばれ、読者モデルとして活動されます。

テレビドラマでは『3年B組金八先生 第7シリーズ』(2004)に出演し、真面目な学級委員生徒役が印象的でした。 最近では、『あなたのことはそれほど』(2017)で、主人公の同僚役を演じました。土曜ワイド劇場や、月曜名作劇場にも数多く出演。

今回は主人公・北澤尚の親友役 沢田柚香を演じます。柚香はバツイチで子持ちの設定となっており、黒川智花さんにとっては初めてのシングルマザー役ではないでしょうか。楽しみです。

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ「大恋愛~僕を忘れる君と」のあらすじ

キャストを見るだけでも切ないラブストーリーが展開されていく感動のドラマになりそうな予感です。

あらすじは、

北澤尚(戸田恵梨香)34歳。レディースクリニックの医師として忙しく働く充実した日々。雷が落ちたような恋をしたことはないけれど、条件にぴったりの年上の医師・井原侑市(松岡昌宏)との婚約が決まり、プライベートも順風満帆だ。

結婚式まであと1か月と迫った新居への引越しの日、尚は元小説家で引越しのアルバイトをする無愛想な男・間宮真司(ムロツヨシ)と運命的な出会いをし、二人は恋に落ちる。初めて本気の恋に突き進む尚と真司だったが、二人の愛を阻むように、尚が若年性アルツハイマー病におかされていることが発覚する…。それでも真司は、ピンチを笑いに変えて、明るくけなげに尚を支え続ける。

34歳にして、若年性アルツハイマーという病におかされてしまった真っ直ぐな女性と、そんな彼女に恋をした売れない小説家の、美しくも儚いラブストーリー。真司は、偶然の出会いと尚のアルツハイマー病をきっかけに、お互いを愛することの意味や喜びを知っていく。そして、尚の存在が真司の眠っていた小説家としての才能を再び呼び起こしていく…。

尚がいつか自分のことすらも分からなくなる運命の中で、真司が一冊の本に綴る尚と生きる日々と愛の行方…。なぜ、何のために、真司はその本を書いたのか?二人が綴る本当の愛の物語、その結末とは一体?
出典:大恋愛~僕を忘れる君と公式HP

 

主演の戸田恵梨香さんと、ムロツヨシさんのドラマへのコメント動画はこちら。

 

二人の仲の良い様子が見えて、きっと良い現場で良いスタッフだからこそ作れる素敵なドラマになりそうな予感ですね。

ちなみに、この動画の中で話している初共演の作品は、『大洗にも星はふるなり』(2009)のようですね。その後にも、「うぬぼれ刑事(でか)」(2010)、「恋愛あるある。」(2015)において共演したことがあります。

共演作として4作目となる「大恋愛~僕を忘れる君と。」二人のドラマの中ではどんな純愛になるのか楽しみですね。

まとめ

若年性アルツハイマーという、重い難病がキーワードとなっている『大恋愛〜僕を忘れる君と』。

尚をはじめ恋人役の間宮、婚約者、母親、親友らはどんな風に病気と戦っていくのでしょうか。また尚の恋の行方は?最後まで見逃せないドラマになっています。

本ドラマの脚本は、大石静さんの完全オリジナルとなっています。大石静さんは数々の名ラブストーリーを手がけたベテラン脚本家。今回はどんな大恋愛を見せてくれるか、ここにも期待したいですね。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう