黄昏流星群、ドラマ

こちらでは、ドラマ「黄昏流星群」8話のネタバレと感想を紹介していきます!

前回までのあらすじ前回までのあらすじ

完治は退院し、孤軍奮闘しながらも新規事業の仕事に熱心に取り組む。真璃子は、好きな人がいるなら春樹との結婚は考えるべきと美咲に諭すが、美咲からお父さんと夫婦として向き合ってと逆に言われてしまう。残業が続く完治に栞は差し入れを持っていく。月を見ながら微笑む2人を真璃子は目撃。落ち込む真璃子を励まそうと春樹は遊園地に誘い、真璃子は元気を取り戻す。完治の仕事は成功を収め、美咲の結納も無事に済む。しかし、ここで物語は意外な展開を見せる。完治は栞の家を訪ねるが、栞の同僚が出てきて栞はいないと告げられてしまう。また帰宅すると「結婚はできない、先生とロンドンに行く」と美咲が綴った手紙が置いてあったのだ。

ドラマ「黄昏流星群」8話のネタバレ

美咲の失踪

美咲(石川恋)が失踪した翌朝に、完治(佐々木蔵之介)と真璃子(中山美穂)は日野家を訪問する。土下座して謝罪するが、冴(麻生祐未)は「帰れ!」と塩を撒いて許さなかった。そんな時、戸浪の妻が瀧沢家に訪れる。彼女もまた夫の行方を探しており、夫と離婚する意思がないことをキッパリと告げる。真璃子は娘から何も相談されていなかった事にひどく落ち込み、娘の行方を心配するのであった。

娘との別れ

美咲からの着信があり、完治は空港へ。美咲は戸浪とロンドンへ出発しようとしていた。「一分一秒でも先生といたい」と真っ直ぐな目で言われ、引きとめようとしない完治であった。また、栞に父と別れてほしいとお願いしたこと、栞にヤキモチを焼いていたことを正直に話す。完治の説得で、母に電話をし「ごめんね」と涙ながらに謝る美咲。真璃子は「元気でいてくれたらいい」と背中を押すのであった。

気持ちが抑えられない

完治は仕事が順調であったものの、体調不良で欠勤している栞を気にかけていた。会えずにいた2人だったが、居酒屋で鉢合わせになる。完治は娘が出て行ったこと、けれど好きな人と一緒にいたい娘の気持ちが分かる、家族を裏切ってでも栞への気持ちは抑えられないと話す。「私も一緒です、あなたが好きです」と栞は答える。2人は山へ行く約束をするのであった。

栞がアノ病気!?

栞は体調不良が続くため、病院へ。下された診断はなんと糖尿病であった。山を断り、「ありがとうございました。」と意味深なメッセージを完治に送る栞。心配になった完治は栞を待つが、昔の上司に電話で呼び出され、銀行に戻ってこないかと持ちかけられるのであった。

真璃子と春樹がついに結ばれる!?

真璃子は春樹(藤井流星)にハンカチを返す。春樹の誘いで、春樹の自宅で一緒にハーブティーを作る真璃子。冴は春樹が真理子の手を握るシーンを目撃し、倒れてしまい病院へ。春樹は病院を付き添った真璃子を自宅へ車で送る。帰り際に「行かないで」と真璃子の手を握りキスをする春樹。真璃子はキスを拒めず、春樹はゆっくりと真璃子を押し倒すのであった。

ドラマ「黄昏流星群」8話の感想

「黄昏流星群」8話が放送されました。

うーん、私はこの回が1番楽しめました。とても面白かったです!波乱の展開が多い回でしたが、共感というかウンウンそうだよねとうなずけましたね。

まず、美咲が先生と一緒にロンドンへ旅立ってしまいました。正直な想いを両親に打ち明ける美咲に、筆者は涙が止まりませんでした。完治と真璃子は、娘の気持ちを最後は尊重してあげました。やっぱり母親の愛情ってとても深いです!娘が元気であればいいという真璃子の気持ちが温かくて素敵でした。戸浪の妻が気になるところですが、美咲がロンドンに行っても笑っていられますようにと願ってしまいます。

そして、何と言っても8話の大きな見どころ!真璃子は春樹についに心を許しましたよ〜。やはり、美咲と春樹の関係がキチンと?清算されてからの展開でしたね。最後のキスはお互いの気持ちが入ったキスに見えました。

若くてイケメンの藤井流星さんがしっかりリードしている感じで、でも藤井流星さんに負けない中山美穂さんの美しさにドキドキしてしまいました。真璃子のような真面目な主婦が、恋をするとどうなってしまうのでしょうか!?

9話では完治に家を出ていくと告げたり、冴と対決したりと暴走気味の真璃子になるんでしょうか!?今までは一歩引いた控えめな真璃子しか見てなかったので、ここは楽しみなところです。

いよいよ、来週からは最終章に入る「黄昏流星群」。ところどころでそうくるの?と思わせる爆弾を仕掛けてきて、飽きさせないドラマだなぁと感心します。「黄昏流星群」はただの不倫ドラマではないですね!9話も楽しんで見たいと思います。

スポンサーリンク

「黄昏流星群」平井堅さんの主題歌もイイけど、中島美嘉さんの挿入歌も負けずにイイ!

「黄昏流星群」のドラマをグンと盛り上げる曲がネットで注目されています。平井堅さんが歌う主題歌「half of me」も切なくて印象的ですが、中島美嘉さんが歌う挿入歌も心に沁みますよね。ここでは、中島美嘉さんの挿入歌についてチェックしていきますよ!

ズバリ、挿入歌の曲名は「彩恋〜SAI REN〜」で、11月22日に配信された中島美嘉さんの新曲になります。
この楽曲は、ありえない運命の恋に揺れ動く大人の女性・真璃子の気持ちを曲したらしいです!確かに真璃子が春樹にアプローチされて戸惑っているシーンでよく流れてきますよね。

中島美嘉さんの切ないバラードは、ドラマの世界観を上手く表現しています。

では、ここで中島美嘉さんについて少しご紹介します。中島美嘉さんは、1983年2月19日生まれ、鹿児島県出身です。デモテープがきっかけとなった「STARS」で鮮烈な歌手デビューを飾った中島美嘉さん。女優としては、2005年に公開された大ヒット映画「NANA」では、主演のナナ役に抜擢。ロックな服装をバッチリ着こなし、漫画のナナの完成度が素晴らしかったですね。圧倒的な歌唱力はもちろん、ミステリアスでクールな雰囲気が魅力的な中島美嘉さんです。

2019年1月30日には、中島美嘉さんの代表曲「雪の華」の誕生15年を記念して「雪の華15周年記念ベスト盤 BIBLE」をリリース予定。ロングセラーを記録した「雪の華」の他にも、「ORION」「GLAMAROUS SKY」などのヒット曲も楽しめるベスト盤になっています。そして来年2月には中島美嘉さんの「雪の華」を映画化して、映画「雪の華」が公開予定。キャストに登坂広臣さん、中条あやみさんを迎え、2人が奏でるラブストーリーとなっています。

関連:映画『ニセコイ』桐崎千棘役の中条あやみが超絶可愛い!出演CMもまとめてみた!

 

来週からいよいよ最終章に入る「黄昏流星群」。ドラマの中ではあと何回「彩恋〜SAI REN〜」を耳にすることができるでしょうか?

音楽とストーリー、一緒に楽しんでいきたいですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう