僕らは奇跡でできている,ドラマ

「僕らは奇跡でできている」の放送開始から2週目となり、ついに注目の2話が放送されました!

なかなか深く考えさせられるドラマで、見応えのある展開になっています。

本記事では2話のネタバレ含むあらすじ・感想をまとめていきたいと思います。

スポンサーリンク

「僕らは奇跡でできている」2話あらすじ(ネタバレ)

物語は、相河一輝(高橋一生)の幼少期の回想シーンから始まる。
カタカナの授業中、教室に入ってきたハエの存在が気になり席を立ち上がってハエの観察を始めた一輝は先生に厳しく注意されてしまう。「どうして僕は言われた通りにできないんだろう?」と落ち込む一輝だが、祖父相河義高(田中泯)にその事を話したところ、一輝の事を責めるのではなくハエの足の数の発見を「大発見だ!」と言って褒めてくれたのであった。

時系列は現在に戻り、家政婦の山田さん(戸田恵子)が抜いた虫歯が入ったベージュのズボンを洗濯機に入れてしまった事に憤慨する一輝。「歯がなくなってたら山田さんのせいですからね」とお得意の責任転嫁。無事に歯は見つかり、一輝は上機嫌で大学に向かう。

再び歯の治療のため、水本育美(榮倉奈々)が委員長を務める歯科クリニックに赴いた一輝は、そこで蛇口を回す音がシジュウカラの鳴き声に似ていると興味を持ち、またもや診療時間を過ぎたと育美に怒られてしまう。
虫歯を集めているという一輝に不思議ですね、と呆気にとられる育美。普通乳歯は上の歯は下に、下の歯は屋根の上に投げるという言い伝えに一輝は「誰が決めたかわからないことをするのは不思議ですね」と納得のいかない様子。その後も虫歯はなぜ虫歯っていうのか?と次々に疑問がわきでてくるのであった。

蛇口の音がシジュウカラに似てることからバードコールになると閃いた一輝は大学の授業でフィールドワークを開催することを決めた。生徒たちを引き連れ、色々な鳥や動物の鳴き声を鳴らして楽しい時間を過ごす一輝。生徒たちも半信半疑ながら動物たちが音に呼応して鳴き始めるのになんだかんだで面白みを見出していった。

一方育美は彼氏と仲直りをするべく家に呼んで手料理を振舞うのだが、自らが受けたインタビューが載っている雑誌はまだ出ていないと嘘を吐く。彼氏の機嫌を損ねないように吐いた嘘だったが雑誌が既に出版されていたことを知っていた彼。嘘が裏目に出てしまい、コーヒーの一杯も飲まず「気を遣わせてごめん、育美は凄いよ。」とだけ言って育美の家を後にするのだった。

前回の失敗を挽回しようとしたのに又もや彼氏を傷つけてしまった育美はやけになり一人で焼肉を食べに行く。そこに一輝もやってきて、相席することに。育美は以前、一輝に言われた「ウサギっぽい」という発言について再び言及するが、「興味のないことは覚えていない」と言われて拍子抜けする育美。こっちはこんなにモヤモヤしていたのになんなんだ、と不満げな育美は一輝に対して嫌味を言うと、「僕は人と中々仲良くなれませんから。」と自覚している様子。「でも、一番仲良くなりたかった人と仲良くなれたから良いんです。」「僕は僕が嫌いで、昔は毎日泣いてました。」と。思わぬ一輝の発言に衝撃を受けた育美だったが、雄カエルと歌っている一輝のどこまでも自由奔放な生き方にはやはり心底呆れている様子

どこまでも冷たく、一輝の行動をスルーするのであった…。

スポンサーリンク

「僕らは奇跡でできている」2話の感想!

2話もとても楽しく視聴させていただきました!相変わらずの一輝の責任転嫁っぷりが最高でしたね。毎回理不尽なことを言われてしまう山田さんには同情します(笑)

一輝と育美の会話にも興味をそそられましたね。私も当たり前のようやっていましたが、何故乳歯は上の歯は下に、下の歯は屋根の上に投げるのでしょう?日常の中で当たり前と思ってやっていることの中には不思議が沢山潜んでいるんだなあと思うと面白いですよね。

掘り下げてみたら我々が〝普通〟だと思っていることは案外普通ではないのかもしれない、ということに気づかせてくれるドラマだなと感じます。一輝の観点は奥が深いですね。

それにしても、育美と彼氏の関係の雲行きもますます怪しくなってきましたね。育美は恋愛に対して不器用なんだなあ…彼との関係はもはや修復不可能な気がしますが、これからどうなってしまうのでしょう?!

個人的に胸を打たれたシーンはやはり一輝が「昔は自分のことが嫌いで毎日泣いていました」と育美に打ち明けたシーンですね。これには彼氏と色々有って自分のことを嫌いになりかけている育美の心を少しは揺さぶったのではないでしょうか。これからも一輝の突拍子のない発言に影響されていく育美の姿を見るのが楽しみです。

まとめ~青山琴音(矢作穂香)の今後が気になる!~

さて、今回は「僕らは奇跡でできている」2話のあらすじ・感想をまとめてみました。

一輝の生徒の一人である琴音が糸電話の仕組みを使って動物の音を鳴らすための装置を作っている時、一輝にときめいたような仕草をしたのが気になりますね。琴音は一輝に恋愛感情を抱き始めてしまったのでしょうか…。

視聴率は伸び悩んでいるようですが、2話もとても見応えがありました。

3話の予告も相変わらず面白そうだったので、次週もすごく楽しみです!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう