下町ロケット

下町ロケットも後半戦。いよいよヤタガラス編に突入しました。

6話は後半戦の登場人物紹介というような流れでしたが、、、、

あら手の敵がとんでもなく敵でしたねっ!!

こちらでは、下町ロケットの6話のネタバレと感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

下町ロケット6話のあらすじ(ネタバレ)!

下町ロケットのネタバレを当サイト読者の方によせてもらいましたので紹介していきます。

40代女性40代女性

ダイダロスと急に業務提携すると言い出した伊丹に、佃は直談判に行きますが、無下にあしらわれてしまいます。すでに島津の後任も決まっていると知った佃製作所の社員達は、島津をスカウトしますが、彼女はもう疲れたと完全にやる気をなくしていました。

そんな折、財前が新規事業で無人農業用ロボットを開発しようとしていることを佃に話します。そのエンジンとトランスミッションの供給を佃に打診します。そして、その分野の第一人者の野木に協力を仰ぎたいが、うまく口説けないため、大学の同期だった佃に説得してほしいと頼みます。

大企業は信用できないと頑なに拒む野木でしたが、ロケットエンジンのテストに賭ける社員達の情熱に感化され、依頼を受けることにしました。

その矢先、無人農業用ロボット事業の責任者が的場に変わることになります。それを聞いた伊丹は慌てますが、ダイダロスの重田は面白くなってきたとにやりと微笑むのでした。(PN/湊海)

30代女性30代女性

ギアゴーストはダイダロスと資本提携を行い、島津裕(イモトアヤコ)はギアゴーストを退社しました。すぐに裕の代わりの人が入ってきました。

佃航平(阿部寛)は財前道生(吉川晃司)から「無人農業ロボット」を考えていると話しました。それはヤタガラスからの測位情報を元に誤差数センチの精度で自動運転が可能とするものでした。

道生は佃製作所にそのエンジンとトランスミッションを供給して頂きたいと頼みました。無人ロボットの第一人者である野木博文(森崎博之)に協力をお願いしましたが、大企業には協力したくないようで断られました。

航平は博文を説得するように頼まれました。博文は以前契約していた企業から技術を盗まれたことがあったのです。航平が説得しようとしてもダメでした。

航平は博文を帝国重工に連れて行き、バルブシステムの耐久テストを見学しました。その後航平の家で米を食べながら懸命な説得により博文は協力することにしました。

プロジェクトの総責任者となった的場俊一(神田正輝)は道生に佃製作所を切れと指示したのでした。

(PN/ねねちゃん)

20代男性20代男性

ギアゴーストがダイダロスの傘下に入ったことを聞きつけギアゴーストに伊丹の意思を聞くべく駆けつけるが伊丹の今までの態度と一変しており衝撃を受ける。

また、島津は佃製作所に1人で謝りに行った際新たなトランスミッションを開発中の試作品を拝見しアドバイスしていた。航平から佃に入らないかと誘われるが迷いがあった。

また、帝国重工の財前は佃を訪問し新ビジネスを提案しトランスミッションを供給してほしいと告げる。また、娘の利菜もチームリーダーに昇格した。また、佃は同級生の野木と再会。

帝国重工と佃製作所と契約しないかと誘うが野木は反対。過去に技術を盗まれてしまった過去があり拒否してしまう。数日後野木と佃は帝国重工にいき野木は帝国重工の従業員たちや財前さんたちの姿を見て契約することを承諾する。

また、帝国重工の的場がトランスミッションを自家発伝に切り替えるべく財前に切れと告げる。

(PN/いっつみぃ)

下町ロケット6話の感想と注目のキャスト!

下町ロケットの6話の感想と最も注目のキャストをあげてもらいました。

40代女性40代女性

前回に引き続き、伊丹の豹変ぶりにはかなりイラッとさせられましたが、島津の後任の男もいけすかない感じだし、そのうちまとめて痛い目に遭ってほしいと思います。

この痛手をプラスに変えてくれる、新しい可能性を持ち込んでくれた財前は神のように見えました。でも、トランスミッションに費やした時間がこれで報われると喜んだ矢先に、また的場の茶々入れで、佃がピンチに陥るというジェットコースターのような展開に、ハラハラさせられっぱなしでした。

的場はいきなりエンジンを自社開発すると言い出してますが、それができないから全部佃が作ってたんだし、本末転倒やん、このおっさん!とつい突っ込んでしまいました。

これまでいくつもの修羅場をくぐり抜けてきた佃なので、きっと成功してくれると思います。

(5段階評価:★★★★★)(PN/湊海)

30代女性30代女性

伊丹が人が変わったかのようになって帝国重工の的場に大きな恨みがあることがすごく伝わってきました。

私はギアゴーストを辞めた島津が佃製作所で働いてくれたら良いのになと思っていましたが、島津は疲れたと言って今後どうするのか心配です。

落ち着いたら佃製作所に来てほしいと思いました。無人農業ロボットには私も見て驚きました。動きも正確でこんなロボットがあれば農業ももっと活気にあふれると思います。

航平が何度も前に立って動きを止めていたのが楽しそうでした。野木は辛い過去があって最初は協力しないと言っていましたが、最終的に協力してもらえるようになって良かったです。

利菜もプロジェクトリーダーに任せられて、野木からの質問も良い返事を返していたので成長したなと感動しました。第6話も面白かったです。

(5段階評価:★★★★★)(PN/ねねちゃん)

そして、最も気になったキャストを聞いてみました!

ファンの声ファンの声

土屋太鳳さんです。可愛いですし、利菜は帝国重工でも戦力になっていて素敵だと思ったからです。

新たに登場した野木は、佃の同期なので、同じような情熱を持ってそうだし、きっとすごいポテンシャルを内に秘めてるような気がして、気になりました。

野木役の森崎博之さん。チームナックスのメンバーの1人と聞いていたがやはり演技が上手いなと思った。

今回は、登場人物紹介という要素が強かったからか、注目のキャストも人それぞれに分かれましたね。

また、悪役を演じている、古川雄大さんと高橋努さん。

思い切り嫌な人をやりきっていますね!悪役の方の演技が上手すぎるとざわざわしますね!!

 

まとめ~森崎博之さんと安田顕さんの絡みがみたい!!~

チームナックスのメンバーの安田顕さんは前作の下町ロケットから良い演技をしていて、下町ロケットになくてはならない存在感を出していますよね。

そして、チームナックスの森崎博之さんが出演。

6話の中では、帝国重工で同じ空間には居ましたが直接的な絡みはなかったですね。

7話以降で、二人がやりとりするシーンはあるのでしょうか。

本気の演技で森崎博之さんと安田顕さんがぶつかるシーンがあるとするならば、たまらなく熱いシーンになりそうですね!

 

下町ロケットの後半戦とんでもない感動に期待していますっ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう