中学聖日記、ドラマ

教師と生徒の禁断の恋も中盤となりました!!

心機一転し、新生活を送る末永聖(有村架純)ですが、またしても試練に立ち向かわねばならないようです。

そんな展開になっているドラマ「中学聖日記」7話のネタバレ(あらすじ)と感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「中学聖日記」7話のネタバレ!

美和に秘密をバラすと脅されて・・・

聖が副担任を務めるクラスの女子児童・橘彩乃(石田凛音)が、ある日栄養失調からくる貧血で倒れます。
彩乃の母・美和(村川絵梨)に連絡をしますが電話に出ず、迎えに来ません。
夜になり、やっと美和が迎えにきます。

聖が、これからは美和の両親に連絡をすると言うと、美和はそれまでの申し訳なさそうな態度を一変させ、勝手なことをすると聖の「秘密」をバラすと脅します。

ついに聖の近況を知った晶は!?

一方、岩崎るな(小野莉奈)は九重順一郎(若林時英)たちから、聖が今もまだ教師を続けていることを知らされます。
黒岩晶(岡田健史)に聖の存在を伝えるかどうか話し合うるなたち。
後日、晶とるなのデート中に、るなたちの話を聞いていた香坂優(中田青渚)が、晶に電話をかけてきます。

晶は優から聖の現在を聞かされ、送られてきた聖の画像を見た途端、るなを放って聖のもとへ向かいます。
そして愛子(夏川結衣)も、小学校のHPの聖の写真を見て、また息子が聖と接触して3年前のようになってしまったらと焦ります。

晶と勝太郎の再会。

川合勝太郎(町田啓太)は、聖に渡した荷物の中に、仕事で使うデータファイルを置いてきたことに気づき、取りに行くと聖に連絡します。
そして、聖に会いに来た晶とすれ違い、声をかけます。聖の存在を知って来たと言う晶に、聖には自分がいるからもう関わるなと言う勝太郎。

それを聞いて晶は落胆しながら帰りますが、持ち合わせが無いことに気づき、実家へ帰ろうとします。
その途中、戻ってきた晶をるなが待っていました。晶に自分のことが好きかと聞きますが、何も言わない晶にショックを受けて帰る途中、愛子とすれ違います。

るなから晶が聖の存在に気づき、会いに行ったことを聞いた愛子は衝撃を受けます。
その後、晶の帰宅を喜んだ愛子が、下宿先に帰ろうとする晶を引き止め、久しぶりに自宅の部屋で過ごします。
晶は眠れず、3年前の自分の日記を読み直します。

彩乃のことで悩む聖ですが・・・

データが入っているデジカメが学校にあると思い出し、聖は学校へ向かいます。
その帰り道、家に入れず外で本を読んでいる彩乃を見つけ、家に連れて帰りパスタを食べさせます。
脅されているため、美和に彩乃のことで強く言えず悩む聖。
晶に会ったあと、勝太郎がデジカメを取りに聖の部屋を訪れますが、晶に会ったことを言い出せず帰ります。
そのことを原口律(吉田羊)に隠さず話す勝太郎。

美和が暴露した聖の「秘密」。

ある日、美和が激怒しながら職員室に乗り込んできます。彩乃が両親に連れて行かれたと言うのです。
てっきり聖に連絡されたと思い込んだ美和は、「秘密」を暴露し始めますが、聖が野上一樹(渡辺大)と付き合っている、そして勝太郎と二股かけているという勘違いな内容でした。

そして両親に連絡したのは野上でした。
育児放棄などしていないと抵抗する美和に、彩乃に何かあってからでは遅いと説得する野上。
しかし、余計に腹を立て、このままでは許さないと激怒し帰る美和。

野上の告白、そして3年ぶりの再会!

その後、聖と二人になった野上は、いつか好きになって欲しいと伝え、交際を申込みます。
するとそこへ、彩乃がいなくなったと連絡が入ります。
必死に探す聖は、彩乃を公園で見つけます。

そして、彩乃が「お兄ちゃんが(助けてくれた)」と言った視線の先には晶が立っていました。
驚きで言葉もなくお互いを見つめ合う二人。

そこへ野上がやってきて、二人の雰囲気を察して彩乃を連れ帰ります。
聖への変わらない想いを告げる晶ですが、今の生活を壊したくない聖は、大事な生徒がいるから二度と来ないでと拒絶し、晶を帰します。

聖が晶に貸した自転車に、「会いたい」と連絡先をメモに残す晶。
それを読んだ聖は決心します。野上を呼び出し、野上の気持ちに応えると告げます。

そこへ愛子がやってきて・・・。

スポンサーリンク

ドラマ「中学聖日記」7話の感想

美和の握っていた「聖の秘密」があんな勘違いな内容だったなんて!深く読みすぎました。
聖は悩む必要なかったということになりますね。

そして野上の人の良さに感服です!優しいし、懐が深い、そして聖と晶を見て察することができる。立派な人です!聖の過去を知ったうえで受け止めてくれるし。なかなかいないと思います、そんな人。

聖が好意を抱いても何もおかしくありませんね。
晶の猛烈なプッシュがきっと晶の背中を押した形になったのですね。

3年前と何も変わっていないですね、晶。聖の存在を知って、るなを放って向かっちゃうところや、ストレートに気持ちを伝えるところ。

どこまでいってもるなが可哀想ですね。あんなに晶のことが好きなのに、表向きは付き合っていても、気持ちは振り向いてもらえていない。

そして、もう1組の気になる二人、勝太郎と原口さん。やっぱり大人の関係になっちゃってましたね~。

でも、晶に嘘を言ったこと、聖にそれを言わなかったことを聞いたら、そりゃ「もういいわ!」となりますよね。
でもそこで終わらないのが原口さんなんですよね。

聖を心配しちゃう原口さん、「そういう性分」と言っていましたが、恋愛に不器用な方なんですね。
勝太郎もまだ気持ちを整理できていないようですね。

そして、最後の愛子が怖すぎる!!何を言いに来たのでしょうか・・・。

まとめ ついに3年前の事件が保護者たちにバレる!?美和の存在が怖い!!

以上、ドラマ「中学聖日記」7話のあらすじと感想でした。

予告では、3年前の事件がバレてるように見受けられましたが、どうなんでしょうか。
今回は美和の勘違いで済みましたが、いよいよ真実が明るみに出てしまうのでしょうか。

やはり美和が怖い存在となりましたね。野上と一緒に街を出るのか、それともこのまま耐えていくのか!?

まだまだ問題が山積みの「中学聖日記」、これからも目が離せません!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう