スーツ、ドラマ、月9

こちらでは、月9ドラマ「SUITS/スーツ」のネタバレと感想を紹介していきます!

また1話から一気に見たいという方、動画配信についても紹介していきますね!

ネタバレを見ないで、動画をチェックしたいという方!

スーツは、FODで配信されていますのでそちらをチェック!

FODは、初回登録から1ヶ月間お試しで無料期間となっていますので、無料で見れちゃいますよ。

【今すぐ!FODで「SUITS/スーツ」をお試し視聴する!】

前回までのあらすじ前回までのあらすじ

前回、検事時代に取り扱った女子高生殺人事件の犯人として服役中の栗林 紡(淵上 泰史)が冤罪だったと知った甲斐 正午(織田 裕二)。
元上司の柳 慎次(國村 隼)が証拠を隠蔽していたせいで1人の男の人生を狂わせてしまった甲斐は鈴木 大貴(中島 裕翔)とタッグを組み、自ら起訴した事件を自ら再審請求し弁護するという異例の行動に出る。

それでは、スーツ最終回のネタバレと感想を見ていきます!

スポンサーリンク

ドラマ「SUITS」最終回のネタバレ

「全てを賭けて」

柳が隠蔽していた、被害者・珠里が栗林宛に書いた手紙や血のついたキャミソールの物証を基に、事件当時同じ名門校に通っていた男子生徒・曽我部と蜂矢が真犯人ではないかとにらんだ甲斐。

一方の大貴は関係を断ち切ろうとしていた悪友の谷本 遊星(磯村 勇斗)に頭を下げ、今回の案件の協力を求める。
甲斐は自らの進退をかけ、大貴は弁護士として最後の仕事となるこの案件に全てを賭けていたのだった。

「四面楚歌」

しかし、澤田 仁志(市川 海老蔵)からは再審を諦めることを迫られ、検察庁からはわざと新米の検事をあてがわれるなど、あちこちから圧力をかけられる甲斐。
唯一の物証である珠里のキャミソールに付着していた血液が栗林のものではないとは分かっていたが、真犯人のものである事も立証できず手をこまねいていた。

そんな中、刑期を短縮してもらう代わりに再審を断念すると栗林が言い出し、甲斐と大貴は
ますます窮地に追いやられる。
しかし機転を利かせた大貴が(無資格ではあるが)甲斐のお陰で弁護士になったという身の上話をして「甲斐先生ならあなたを助けられる」と再審を取り下げないよう栗林を説得する。

「やっと手に入れた証拠」

偽のメールで曽我部と蜂谷をバーにおびき出した甲斐と大貴。事件当時、アリバイ工作をしたという情報を遊星から得ていた甲斐は曽我部たちにその事実を突きつけて動揺を狙うが、上手くかわされる。あと一歩で口を割るかと思っていた大貴が残念がっていると甲斐は「欲しいものが手に入った」と言って曽我部がラッパ飲みしていたお酒の瓶を持ち帰る。

再審請求に向けて公的機関でのDNA鑑定が必要だった甲斐は、甥がDNAの検査技師をしている蟹江 貢(小手 伸也)に秘書の玉井 伽椰子(中村 アン)をつかい酒の瓶での鑑定を依頼するが断られる。しかしボスの幸村 チカ(鈴木 保奈美)にまで強く要請された蟹江は渋々引き受け、結果キャミソールの血液と曽我部のDNAが一致する。

「強硬手段」

動かぬ証拠を掴んだ甲斐と大貴は新米検事のもとに出向き再審請求をするが、あろうことか「あのキャミソールが被害者の物かどうか疑わしい」と告げられる。またもや外部からの圧力で行く手を阻まれた甲斐は大貴と相談し、とんでもない強硬手段に出る。
マスクを被り不審者になりすました遊星が蜂谷の自宅に侵入し「臆病者のお前が真実を喋らないよう曽我部に口封じを頼まれた」と鎌をかけ「朱里を殺したことは神に誓って誰にも喋らない」と言った蜂谷の側で待機していた刑事を登場させ、自白の証拠を得る事に成功する。

「屈しない男・甲斐」

手荒な方法ではあったが自白の証拠が鍵となり再審が認められ、最後の仕事として栗林の仮釈放に立ち会うよう命ぜられた大貴。
一方の甲斐はチカが出払った隙を見計らって、ファームの過去の不正を洗い流すため部下全員を集め社内資料を調べるよう指示する。不眠不休で集めたファームの不正をチカに突きつけた甲斐は、自らも処罰を受ける覚悟でこの事実を公表すると言い、「こんな事は許さない」と憤慨するチカに「ならば、ファームの不正を見逃す代わりに代表にも目をつぶって頂きたい事が…」と迫る。

無事に栗林の立ち会いを済ませた大貴はファームに戻るなり甲斐から弁護士バッチを返され、ボストンで2年の休暇を過ごし「生まれ変わってこい」と命じられる。
どうやら解雇という最悪の事態は免れ、今回も甲斐に助けられたのだった。

スポンサーリンク

ドラマ「SUITS」最終回の感想

自らの弁護士人生を賭けて、ついに冤罪被害者を救った甲斐。
そして最後の最後まで甲斐に尽くした大貴。
大貴に「もう姿を見せないでほしい」とまで言われ辛い思いをした遊星も、今回は大活躍しました。

もちろん、蟹江やチカなど裏で支えてくれた人たちの協力もあってこその勝利でしたが、甲斐と大貴はいいパートナーだなぁ、と思いながら最終話を感慨深く見ました。
夢だった弁護士という仕事を失う事に執着することなく、最後の最後まで甲斐や冤罪被害者のために尽力した大貴だったからこそ、甲斐に助けられ素晴らしいラストを迎えることが出来ました。

そして、甲斐の手段を選ばないやり方は最後まで視聴者を楽しませてくれました。
(ラストでチカを脅迫するシーンもなかなかでした)

そして今回の最終話では「覚悟のある人間の強さは半端ない」という事も強く感じました。失うことを恐れない、何事にも執着しない生き方は一見難しく見えますが、実は楽な生き方なのかもしれません。

人生に本当に必要な物や事柄は、そう多くないのかもしれませんね。

まとめ・ドラマ「SUITS/スーツ」最終回・「全てを賭けて」

最終話は壮大なテーマで「前編」「後編」と分けて放送されました。

周りからの重圧に屈することなく突き進む甲斐は素敵だったし、大貴が成長していく姿は見ていて頼もしく感じました。

ラストが大貴のちょっと長めの休暇で終わったので、もしかして続編があるかも…という淡い期待も感じました。

スポンサーリンク

月9ドラマ「SUITS/スーツ」の見逃し動画配信はこちらから!

月9ドラマ「SUITS/スーツ」を1話から一気に見直したいという場合は、FODプレミアムにて見放題配信中ですのでチェックしてみてください。(2018年12月現在)

FODプレミアムは初回登録から1ヶ月間は無料でお試し視聴ができます。

さらに、毎月100ポイントと8のつく日(8日、18日、28日)に400ポイントがもらえますので、合計1300ポイントが毎月もらえます。

このポイントで新作の作品や有料の電子書籍も見れるので気にあるドラマや映画の原作をチェックしたいという時にもおすすめですね!

もちろん、無料期間中の解約もできますのでその場合は、完全に無料での視聴ができちゃいます。無料期間終了後は、月額888円(税抜)という手軽な料金で見放題視聴ができますのでまずはお気軽に試してみてはいかがでしょうか。

【今すぐ!FODで「SUITS/スーツ」をお試し視聴する!】

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう