トレース科捜研の男

ドラマ「トレース科捜研の男」の2話が放送されました。

ドラマ「トレース」の2話では、有里(関めぐみ)と宮永 渉(篠原 篤)の演技が非常に良くて涙なしには見れないストーリーでした。

こちらでは、トレースの2話の感想を紹介していきます!

こちらの感想は、ネタバレしている部分も多分にあります。

ネタバレを見ないで、トレースの2話を見たい方は、FODにてご覧ください!

 

【FODでトレースを見る!】
 

FODは登録から1ヶ月間は無料で見れますのでまずはお試しで視聴してみるのをおすすめします!

スポンサーリンク

トレース2話の感想!有里役の関めぐみの演技が上手くて泣ける!

トレースは科捜研の男として真実を追求して事件解決へと進める面白さはもちろんあるのですが、それ以上にストーリーが非常に良いなと思います。

特に2話では、ラストシーンのせつなすぎるストーリーで泣けました。

そして、有里役の関めぐみさんの演技が非常に上手い。

涙を流すシーンはもちろん、その前の真実を聞かされて、動揺している姿の演技。しびれるほど上手いです。

その動揺に引き込まれて、そして涙を流すシーンに、こちらも涙を流さずにはいられませんでした。

 

宮永渉役の篠原篤の演技が繊細で辛くなる

宮永というキャラクターが完全なる悪であれば、もっとスッキリ見れると思うのですが、宮永の愛情が切ないです。

そして、宮永を演じた篠原篤さん。憎しみと愛情と優しさがにじみ出ていて見ていて辛すぎます。

彼女への愛情が深いゆえに心臓に彼女を感じて涙する・・・

愛情が強すぎるゆえに他社を巻き込んでいるのは悪ですが、悪へ誘う原因が愛情であるだけに悲しい結末ですね。

 

トレースは、この切なさを演出するためのBGMもとても良くて感情が揺さぶられます。

関連:ドラマトレース1話の感想!KenAraiのオープニング曲や音楽が良い!

名作失恋ショコラティエも担当していた方です。良いドラマには良い曲が必ずといっても良いほど用意されていますね。

あらためて、ドラマは、俳優・女優・原作・脚本・演出家・音楽・・・とすべてがしっかりと絡み合って出来上がる作品なんだなと実感させてくれます。

スポンサーリンク

関めぐみと篠原篤の過去の出演作品!

2話のゲスト出演したメインのキャストの二人。

あまりに、演技力が高いので、過去にはどんな作品に出演されているのかピックアップしてみました。

関めぐみさんの出演作品!

「SUITS/スーツ」第2話 河瀬今日子役

WOWOW「連続ドラマW バイバイ、ブラックバード」 第5話ヒロイン・有須睦子役

CX「FINAL CUT」 第3話 メインゲスト

CX「人は見た目が100パーセント」

CMでは、資生堂「ベネフィーク」 ハイドロUVジーニアス(UV&IR)篇

綺麗な方だなぁと思っていたらやはり美容のCMにも出演されていますね!

関めぐみさんの演技非常に好きだなとトレースの2話を感じた方も多いのではないでしょうか。

今後もっと活躍して欲しい女優さんですね!

篠原篤さんの過去出演作品

続いて、篠原篤さんの過去の出演作品をピックアップしてみました。

 

恋人たち(2015年、橋口亮輔監督) 主演・篠塚アツシ 役

彼女の人生は間違いじゃない (2017年、廣木隆一監督)

真昼の悪魔(2017年2月-3月、東海テレビ、フジテレビ) – 芳賀明善 役

この世界の片隅に(2018年7月-、TBS) – 成瀬義明 役

 

さらには、監督もされています。

始まりの風景(2013年) 第31回トリノ映画祭正式招待第16回ニッポンコネクション正式招待

 

そして、主演の『恋人たち』で2016年 第39回日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞しています。

繊細な演技力も頷けるキャリアですね!

 

まとめ

ラストシーンで、真野礼二 (錦戸 亮)と沢口ノンナ (新木優子)が夕焼けを背景に話す場面。

「どんな真実であったとしても知らない方が良いことなんてない。」「遺族は真実を知ることではじめて前を向くことができるんだ。」

というセリフ。

重みがすごかったですね。大きな過去を抱える真野礼二だけに。

その後の錦戸亮さんの笑顔がカッコ良すぎて、沢口ノンナが極端に元気になるのも頷けるなぁと、、、、

そして、真野礼二が抱えている真実、少しずつ少しずつ進捗してきました。

展開が気になりますねっ!

 

原作は、古賀慶さんの漫画です!現在5巻まで発売されていて、第6巻発売は1月19日です!

 

原作とドラマは設定がかなり変わっていますので、良い意味で別物としても楽しめますよっ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう