イノセンス 冤罪弁護士

坂口健太郎主演の「イノセンス 冤罪弁護士」が1月19日に始まります。

第1話のゲストで吉田栄作が出演することが発表されていますね。

すでに警察に逮捕されているところを、坂口健太郎演じる黒川拓弁護士に救われる立場の様子です。

今回は吉田栄作のプロフィールや現在の様子、ゲスト出演の詳しい内容についてなど見ていきたいと思います。

また話題のNOAについても紹介していきます!

スポンサーリンク

吉田栄作のプロフィール

1969年1月3日、神奈川県生まれ
身長182cm、A型
デビュー/1988年
配偶者/平子理沙(1997年~2015年)

吉田栄作さんと言えば、「モデル出身俳優の走り」、「トレンディ俳優」御三家の長男などという呼ばれ方をされることが多いんですね。
一生を風靡した人物なのは確かです。

また歌手としての活動も盛んで、1990年「心の旅」・1991年「もしも君じゃなきゃ」と、紅白歌合戦にも出場しています。

同じように1990年代頃に人気のあった俳優さんとしては、モデル出身といえば阿部寛、トレンディ俳優といえば織田裕二や江口洋介などが挙げられます。

今挙げた人たちが「ダンディ」、「大人の魅力」などと言われ、現在もCMやドラマで活躍しているのに対し、吉田栄作は最近ではすっかり姿を見ることがへってしまった感じです。

2015年に、すれ違いが多かった妻・平子理沙と離婚しています。

吉田栄作の最近のニュース

2018年12月31日に、吉田栄作は今まで所属していた事務所・ワタナベエンターテインメントを契約満了で退所するというメッセージを流しています。

新事務所を設立するというふうに報道されていますが、詳細は不明です。
今までのブログもすでに閉鎖してしまったのですね。
最後の更新は1月4日、

「今年は自分にとって起承転結の『転』の年…この先まだまだ表現の旅を続けるうえで、この新しい一歩を大切にしたいと思っています」

そう決意して、締めくくったとのことです。
ぜひ成功に「転じて」欲しいですね。

出演作から見た吉田栄作

吉田栄作といえばトレンディ・ドラマとして有名で、出演作品も多数です。

「君の瞳に恋してる!」

1989年、中山美穂主演、菊池桃子らも出演したフジ月9ドラマです。
吉田栄作は田中美奈子の彼氏役として出演。
オシャレな若者を描いたドラマとして、視聴率18%を獲得しました。

「もう誰も愛さない」

1991年フジテレビ木曜劇場として放送、回によっては視聴率20%越えの人気ドラマでした。
吉田栄作が主演、山口智子田中美奈子などが出演で、サスペンス的展開の速さに、“ジェットコースタードラマ”のあだ名がつきます。

吉田栄作は当時、歌手としての活動も盛んでしたから、まさに“一世を風靡”という感じでしたね。
ただ、役柄だけでなくマスコミ関係者に見せる態度が不良チックな振る舞いだったことも災いして、その後の人気が続かなかったのですね。
結婚とほぼ同時にアメリカに留学していた吉田栄作。
帰国してからもTV出演は多く「マネーの虎」の司会ぶりも有名でした。

吉田栄作の最近の作品

最近の吉田栄作は、年に数本ゲストとしてドラマ出演、というイメージが強いです。
「探偵・日暮旅人」「未解決の女」などですね。

特にNHKでは「ボクの妻と結婚してください」の妻の結婚候補・沖秀樹役や、「忠臣蔵の恋〜四十八人目の忠臣〜」細井広沢役など、多数出演しています。

特に下記のアカギ役は当たり役だったようですね。

「天 天和通りの快男児」

2018年10月から放送されたTV東京の、麻雀をあつかったマネーゲームです。

吉田栄作は、主演の岸谷五朗や古川雄輝に対抗する、謎多き伝説の博徒を演じました。
端正な風貌と気迫の演技が大好評でしたね。

「イノセンス冤罪弁護士」ゲスト出演・吉田栄作の役割は?

吉田栄作の役は冤罪の放火犯!

吉田栄作は「イノセンス冤罪弁護士」第1話で、阿蘇重雄という保険金目当てで自宅に放火した容疑者を演じます。
しかも息子を火事で失い、警察では自白までしているという不利な状況です。
なぜ黒川拓弁護士が興味を持ったかというと、妻の恵美子に依頼されたからなんですね。

公式HPには次のようにあります。

早速接見に向かう拓と楓だが、今回の事件はすでに被疑者の重雄が自白済み。
弁護方針を尋ねる楓に拓は、警察の調書が犯人像をイメージしやすい“よく出来た調書”だったと言う。
さらに拓は、生気無く自白内容を認める重雄に“ある質問”を投げかけることで、警察から虚偽の自白を強要されたことを告白させる!
(公式HPより引用)

拓弁護士は「放火は冤罪」と早くから確信している様子がうかがえます。
重雄は、何か事情があってあえて苦渋の決断をしたということなんですね。

吉田栄作さんの深い演技が期待されます。

スポンサーリンク

吉田栄作と仙道敦子のデュオ「NOA」とは?

また、「イノセンス」第2話のゲストは、仙道敦子と発表されています。

吉田栄作と仙道敦子は歌手としてデュオ「NOA」をくんでいたこともある間柄。
唯一の発売となった曲「今を抱きしめて」は大ブレイクして第36回日本レコード大賞で優秀賞を受賞。

また、今を抱きしめてはYOSHIKIが作詞作曲をしていることでも有名です。

NOAの名称の由来は、2人名前頭文字からとっているようです。のぶこの「NO」とえいさくの「A」とのことです。

制作者側の話題作りの匂いを感じますね(笑)。

まとめ

いかがでしたか。
吉田栄作についていろいろと見てきました。

ちなみに映画では、「いぶき」に出演が決まっているようです!

最近は、契約満了で事務所を出たことばかりがニュースになっている吉田栄作ですが…。

この「イノセンス」出演を機に、またテレビ出演を増やして、往年の魅力を見せてもらいたいですね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう