ハケン占い師アタル

「ハケン占い師アタル」第6話が放送されましたね。今回は管理職である大崎さんの回でした。

本記事では「ハケン占い師アタル」第6話のあらすじ(ネタバレ)感想について紹介していきたいと思います。

「ハケン占い師アタル」第6話あらすじ

キズナと大崎

シンシアイベンツで働く大崎結(板谷由夏)は会社でも家庭でも上手くいかず、悩みを相談すべくアタルの母キズナ(若村真由美)の元を訪れていた。大崎は自殺を考えていたという。そのきっかけは数日前、部長である代々木(及川光博)から社員をリストラするように言い渡されたことだと告げた大崎。

リストラ候補選び

大崎は部長からの指示に逆らえず、嫌々ながらもリストラ候補を社員との面談により選ぶことになってしまう。品川、上野、田端、目黒、神田の順番で面談を進めていくが、Dチームのメンバーはアタル(杉咲花)に占ってもらってから全員仕事に対して前向きな姿勢を示し大崎はますます悩みを募らせる。

追い詰められる大崎

食堂のおばちゃんから出向の事を聞いた社員たちは大崎に辞めたくないという強い意志を告げに来る。家庭でも息子とも旦那とも上手くいかず、部長には他のチームはもう出向候補が決まっているから早くしろ俺に逆らう気かとまくしたてられ、つい口を滑らせ神田が妊娠していることを言ってしまった大崎は神田に出向の件を伝えようとするが「大崎さんみたいなリーダーの元で働けて嬉しい」と言われますます言いにくい状況になってしまうのだった。

将来の夢

精神的に辛そうな大崎を見かねたアタルは一緒に飲みに行かないかと誘う。
「何か悩みがあれば聞きますよ」というアタルだったが、大崎は気を使い大丈夫だと答える。そこで将来なりたかったものの話題になる。「職人に憧れてたけど私は何の取り柄もないから」と自嘲気味に答えた大崎に対し、「そんなことはない。大崎さんには人の上に立つ才能がある」と励ますアタルだった。

悪夢

泥酔して帰ってきた大崎に眉をしかめる夫。大崎が夫に悩みを相談するとそんな仕事やめてしまえばいいと無責任なことを告げた挙句に夫の携帯には浮気相手と思われる女性からのメールが。
そんな夜、大崎は神田の出向を言い渡し社員たちに袋叩きにされる夢を見た。夢の中での神田の「この子に何かあったら大崎さんのせいですからね!」という言葉と、代々木部長から届いた「今日、本人に出向のこと伝えてね」というメールに大崎の心はズタズタになり、ついにはしゃがみ込んでしまった。

目を覚ませ!

様々な経緯で自殺しようとまで考えた大崎はキズナの元を訪れ占ってもらうことに。そこで言われたのは「悪いのはあなたじゃなくて周りの人間だから、環境を変えなさい。行くところがないなら私のところにおいで」と言ってくれたと話し、荷物を纏めて職場を出て行こうとする。キズナがインチキ占い師だということを誰よりも知っているアタルは大崎をビンタして「目を覚ませ」と窘め、占ってあげることに。

偽物チーフ?

大崎はアタルに出向のことをどうしたらいいかと相談する。「あんたはどうしたいの?」と問うアタルに大崎は本当は誰も辞めさせたくないけど部長に逆らうこともできない。神田さんのことも守れなかったと嘆く。
昔から人の真似事ばかりしていた大崎は自分に自信がなく、いつか偽物だと指摘されてしまうのではないかといつもビクビクしながら生きてきたのだという。自分は水をもらえずに枯れかけてるサボテンみたいだ、と卑屈になる大崎に対しアタルは「サボテンの花言葉って知ってる?偉大・温かい心・燃える心・枯れない愛。あんたそのものじゃん。本物のリーダーっていうのは誰よりも悩んで悩んで悩み抜いた人間なんだよ!」と叱咤激励される。

チーフとして、家族として

アタルに励まされたことによって、神田を出向させない、もし出向させるつもりなら社長に直訴するというという強い意志を示した大崎。結局出向というのは代々木の独断であり、社長の意向ではなかったということが判明。浮気夫にはけじめをつけてと物申し、悩み多き反抗期の息子にはお母さんはいつでもそばにいるから思いっきり悩みなさいと優しく包み込むようなセリフをかけてあげた。気持ちが晴れ晴れした大崎は占いの本と薬を捨てる。

アタル大ピンチ

アタルの占いにより他の社員同様に元気を取り戻した大崎はアタルにお礼を告げる。どうして私が見てもらった占い師のことがわかったのかと問う大崎にアタルは「私の母なんです。私は母から逃げてるんです」とはっきりと告げた。すると大崎はひやっとした表情を浮かべて「アタルちゃんに占ってもらったこと話しちゃった」と言う。アタルは戸惑い、案の定キズナがアタルの働く「シンシアイベンツ」へとやってきた…

スポンサーリンク

「ハケン占い師アタル」第6話感想 偽物チーフ?管理職の重責

上司と部下の板挟みで責任も大きい中管理職の大崎さん。悩みが尽きないのも納得ですね。大崎さんが自殺しなくてよかった…!と思いましたし、キズナさんにあのまま騙されてお金を巻き上げられなくてよかったなあと思いました。

今回は占うことに対して積極的ではなかったアタルちゃんが大崎さんを自ら飲みに誘ったりして今までとは違う展開が垣間見えましたね。なんでも見えるアタルちゃんでなくても大崎さんが追い詰められていることは一目瞭然!という感じで見ていると心苦しかったです。

代々木部長には終始イライラしましたね(笑)恩着せがましいというか、あの人こそアタルちゃんの言っていた「何かあったら部下のせい、うまくいったら自分のおかげ」思考な偽物上司なんじゃないかなあと思います。ネットでも代々木部長の方が偽物だ!という反響が多かったですね。

また、アタルちゃんの方るリーダー像に感銘を受けたという声も…

まとめ

さて、今回は「ハケン占い師アタル」第6話の感想、あらすじについてまとめてみました!

代々木部長にも家族にもはっきり意見を言えるようになり、真の本物の上司・妻・母親になれた大崎さん。

次回は偽物上司、代々木部長が占ってもらう番ですがあの頑固そうな代々木は一体どんな風に改心するのか?楽しみですね!

ハケン占い師アタル7話あらすじ(ネタバレ)感想!代々木部長(及川光博)泣ける。

代々木部長の回のネタバレと感想もまとめましたっ!

 

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう