主婦カツ!ドラマ

主婦カツの6話が放送されました。

今回は、なんと言っても山口紗弥加さんに脚光があたった会と言えるのではないでしょうか。

強い女性のなかなか見せない本音が垣間見れるとぐっと心に響くものがありますね!

ここでは、ドラマ「主婦カツ!」6話のネタバレと感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「主婦カツ!」6話のネタバレ!

まずは、6話のネタバレから見ていきましょう!

40代男性40代男性

夏子は慌てていた。今夜は妊娠している華の彼氏の翔太が、挨拶に来る日だったのだ。帰ると夫の明良の怒鳴り声が聞こえ、揉めていると思ったが、ピーマンが食べられない事が原因だったという勘違いだった。

そんな事もあったが、翔太の華を思う気持ちが分かり、皆で泣いて喜ぶのだった。

次の日、上司の美咲から肌着の企画の進み具合を説明していると、「まる善」という品質が良いと評判のメーカーから協力して貰える連絡が入り、早速夏子は横山を連れて専務に会いに行く。

お互いのメリットも話し合い、上手くいくと思われたのだが、「まる善」の社長から断られてしまう。

10年前に同じ様に大手と組んで失敗した過去があったのだ。その夜、子供達の昔の映像の中にてんとう虫のロゴが入った服を見つけ、「まる善」に飾ってあった物と同じと気付いた夏子は、社長に小児アレルギーだった息子の話をし、社長の作った肌着に感謝をすると、ぜひ一緒に仕事をしたいと懇願する。

そしてサンプル商品を見てOKを出すと約束を取り付ける。しかし出来上がったサンプル商品を見た社長は、品質の悪さに苦言を呈する。

皆が揉める中、社長から「コレをどう思われます?」と聞かれた夏子は社長の意見に同意する。夏子の思いが伝わったのか、社長は初回受注分は700円で提供すると約束する。

夏子もまた、その後は1000円で販売すると約束した。グランデの新商品のプレゼンの日、上司の美咲は夏子達の案を選び、見事に新商品の企画を勝ち取る!

そんな時、美咲の所に元夫の岡野が息子の聡の為にも、よりを戻したいと訪ねて来る。仕事を優先させてきた事を負い目に感じていた美咲は、そう言われ涙するのだった。

その夜、夏子は無事仕事を終えた安堵感もあり、女友達と飲み会をしていた、娘の華が翔太と揉めていた事も知らずに…。続く。

(PN/プリン)


夏子が家に帰ると、華の恋人矢島さんが挨拶に来ていた。その場では矢島さんは華と結婚すると夏子の家族に言ったが、華は矢島が手をつねりながら自分の両親があいさつに来るということを言っていたのを見ていた。

矢島さんが嘘をつくときの癖だったので少し気がかりだった。夏子の会社では、綿花栽培の須田さんにメーカー「まる善」を紹介してもらった。

まる善の専務から電話がかかり、横山さんと夏子は話を聞きに行く。会社に帰ると、まる善の社長から協力できないと電話があり、夏子達は専務に会いに行く。

そこで、社長は以前大手百貨店との共同開発で、失敗したことがあるから協力できないとの話を聞いた。夏子が家に帰ると、主人が幼い頃の子供たちのビデオを見ていた。

このビデオの息子のシャツにはっとさせられる。まる善に飾ってあったテントウムシのロゴのハンカチが気になっていたが、夏子の息子も幼い頃にこのテントウムシのロゴのシャツを着ていたのだ。

夏子はもう一度社長に会いに行き、アレルギーがあった息子がこのテントウムシのロゴの肌着に救われたと感謝の意を述べた。すると社長は夏子の熱意に押され、協力してくれることを約束した。

また、営業推進部長の朝比奈は自分たちの企画「オーガニックコットン100%のシームレスの肌着」がプレゼンで採用されることになり、喜びを社員と一緒にかみしめていた。

朝比奈はプライベートでも元主人からやり直すことを告げられた。そんな時、華と矢島さんは関係が崩れそうになっていた。

(PN/tiko3)

50代男性50代男性

長女華の交際相手が、夏子の自宅に挨拶に来ます。

夏子の家族は、二人の結婚に合意をします。ところが、交際相手の方は、自分の親に結婚の許しを得ることができずにいました。そのことを華に言えずにいて、就職活動に没頭していました。それに気づいた華は、交際相手と気まずい状況になります。

一方、夏子は、リーダーを任された企画を成功させるべく、奔走をします。その結果、なんとか、協力会社と合意を得ることができました。そして、その企画に対して、最初は反対をしていた朝比奈部長が、最後にはその企画に同意をし、会社にも採用されることになりました。

そのようななかで、朝比奈部長は、女性が働く環境についても改善したい、子育てをしながらも女性が安心して働くことができるように、という心の中にある思いを決意新たにしていました。そういった朝比奈部長の心の中にある思い、子どもに対する深い愛情に気づいた、元夫は、彼女と復縁をしたいと願うようになりました。(PN/てんとうむし)

スポンサーリンク

ドラマ「主婦カツ!」6話の感想!

40代男性40代男性

今回は前回に続いて、肌着の新商品の企画に悪戦苦闘した夏子だったのですが、価格の問題や生地の問題等、更には「まる善」の社長から断られる等、クリアーしなければいけない事が起こり、商品の発売に至るまでの大変さを痛感しながら、見させて頂きました。

小児アレルギーを抱えるお子さんを持つ、親御さん達の苦労にも、多少ですが触れる事が出来て、大変勉強になった6話目でした。

夏子の息子の孝太郎も問題を抱えている様子なので、今後が気になりますが、ラストの場面での華と翔太が将来についての事で、喧嘩別れをしてしまいましたが、仕事と新たに生じ始めた家族の問題に、夏子が夏子らしく夏子のやり方で、どう壁を乗り越えていくのか?

に次回も大いに期待して、見させて頂きたいと思っています。

(5段階評価:★★★★ PN/プリン)

 

50代女性50代女性

華の恋人矢島さんが華の家に来た時、結婚させてほしいと家族に言っていたが、両親と会っていないのでどうなるかわからないと思った。

案の定、矢島さんが両親はルールなどに厳しい人だと言っていて、結婚話は難しいと感じた。

学生時代は勉強もあるので、恋愛に気をつけて取り組まないと両方がだめになってしまうかもしれないと思った。また、夏子は社会復帰していい方向に進んでいてうらやましい限りだった。

意外だったのが、朝比奈が仕事だけの人間ではないことが分かったことだった。夏子にプライベートな話を会社でしたりする姿は、人間らしくていいと思った。

子供のために一生懸命働く姿には感動させられた。朝比奈が元主人とやり直す話があった時、そうなればいいなと改めて思った。

(5段階評価:★★★★ PN/tiko3)

50代女性50代女性

女性が頑張るこのドラマは好きです。

ただ、あまりにも、ごく普通の専業主婦である夏子が、多少の紆余曲折がありながらも、とんとん拍子に仕事で成功を収めていくというのは、そんなに甘くないなとは思っています。

実際のところ、朝比奈部長のような、家庭を犠牲にして、子どもを犠牲にしながら、というケースがほとんどではないか、と思っています。

ただ、こういったこともありながら、少しずつ社会のなかで、女性が認められていくのではないかと思います。
いろいろな頑張り方をする女性を応援したいと思います。

ちょっとほっとするのは、お父さん役の宇梶さんです。この俳優さん、このようなよいキャラクターのときもあれば、そうではないときもあるのですが、なんだか今回のドラマで彼が出てきて、能天気なことを言っているのを聞くと、ほっとするのです。

また、能天気なだけではなく、どこかで家族のことをきちんと見ている彼は素敵です。

(5段階評価:★★★ PN/てんとうむし)

 

まとめ~朝比奈部長(山口紗弥加)の人間味にぐっときた!

以上、主婦カツ6話のネタバレと感想を紹介してきました。

6話でもっとも目立ったのは、朝比奈部長の山口紗弥加さんでしょう。

こんなコメントを寄せていただきました。

ファンの声ファンの声

「グランデ」の営業推進部長の朝比奈さん。仕事だけの女性と思っていましたが、人間らしい部分がでてきて親しみが持てたからです。

山口紗弥加さんは、他のドラマ(ブラックスキャンダル)で主役をされていますが、あまりにそのキャラクターが違うので、気になっています。

主婦カツ!の出演者の方は複数のドラマに出ている方多いですよね。

鈴木保奈美さんも月9のスーツに出ていますし、島崎遥香さんもリーガルVや今日から俺は!にも出演しています。

また、高橋ひとみさんは、大恋愛にも出演とあり、実力のある女優さんが集結していますね。

そして、6話の中で特に目立っていた方として、小野ゆり子が良かったという声もいただいています

ファンの声ファンの声

横山さんを演じられた、小野ゆり子さんです。以前、「天誅~闇の仕置人~」で主演され、影のあるヒロイン忍者を演じられていたのを、今でもよく覚えていて気になって見ていました。

ドラマ「主婦カツ!」も残す処後わずか2回。どのような最終回になるのか楽しみですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう