ビッグアイズ・動画

「ビッグ・アイズ」(2015年・アメリカ・106分) 

アンディ・ウォーホルですらその魅力を認め、60年代アメリカで一大ブームを巻き起こした、絵画「ビッグ・アイズ」シリーズ。悲しげで大きな目をした子どもを描いたウォルター・キーンの「ビッグ・アイズ」シリーズはハリウッド女優たちにも愛され、世界中で大ブームになるのですが、実はその絵は、ウォルターではなく妻・マーガレットによって描かれたものだったというお話。

60年代のアメリカで実際にあったゴーストペインターの物語は、結末まで目が離せません!

映画「ビッグ・アイズ」のフル動画配信は、U-nextにて配信されています!(2019年5月21日現在)

u-nextで映画「ビッグ・アイズ」を視聴する!

U-NEXTは、初回登録から31日間無料で視聴できますので、まずは気軽に試してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

映画「ビッグ・アイズ」のフル動画を無料で見る方法!

ビッグ・アイズのフル動画を無料で視聴する方法は、動画配信サービスの無料期間で視聴することです。

2019年5月21日現在、ビッグ・アイズが配信されているサービスは以下のとおり。

配信状況 無料期間 月額料金(税抜) 毎月もらえるポイント
U-NEXT ○ 見放題 31日間 1990円 1200P(※)
Hulu ×
TSUTAYA TV ○ レンタル 30日間 2417円(※2) 1080P
FOD ○ 見放題 1ヶ月 888円 1300P

※U-NEXTは無料期間中に無料でもらえるポイントは600Pです。翌月以降から1200Pとなります。※

※2 TSUTAYA TVはTSUTAYA DISCASとのセット動画見放題&定額レンタル8のプランで記載しています。※

動画配信サービスでは、通常、定額見放題の作品と、作品ごとに別途料金が必要なレンタル作品とに分かれます。

無料で見る為には、見放題で配信されているところで見るか、無料登録時にもらえるポイントを使ってみるかのどちらかになります。

「ビッグ・アイズ」の場合は、見放題で、U-NEXT、FOD。レンタルでTSUTAYA TVで配信されています。

TSUTAYA TVは無料期間に2本分のレンタル作品が見れるポイントがもらえますので、TSUTAYA TVでも無料で見れます!(動画ポイントは翌日正午までに付与)

映画や韓流ドラマ、NHKドラマを多くみたいという方はU-NEXT。

フジテレビのドラマをたくさん見たいという方はFOD。

手軽に新作も見たいという方はツタヤTV。

という選び方がおすすめです。

迷ったら見たい作品が多い方で、まずは試してみると良いと思います!そのための無料期間だと思いますので!

u-nextで「ビッグ・アイズ」を無料視聴する!


FODで【ビッグ・アイズ】をお試し視聴する![PR]


TUTAYA TVで「ビッグ・アイズを視聴する!」

「ビッグ・アイズ」あらすじ

男性優位で女性の社会的立場が弱かった1958年、北カリフォルニアで暮らすマーガレット(エイミー・アダムス)は夫の横暴さに耐えきれず、幼い娘のジェーン(幼少期:デラニー・レイ / 思春期:マデリン・アーサー)を連れて家を出る。

マーガレットは友人を頼り、サンフランシスコのノースビーチで新しい生活をスタートさせ、美大を出た経歴を生かして家具の絵付けの仕事をもらい、休日には公園で似顔絵描きの仕事を始める。
その公園でパリの風景画を売っているウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)と出会った2人は瞬く間に恋に落ち、結婚する。

本業の不動産が好調なウォルターだったが画家になる夢を諦め切れず、画廊に自分の絵を持ち込むが全く相手にされなかった。

そこで彼は流行の酒場に交渉しトイレに続く細い廊下に絵を飾ってもらうのだが、売れたのはマーガレットが描いた「ビッグ・アイズ」1枚だけだった。自分の絵が理解されないことに苛立ったウォルターはつまらない事で酒場のオーナーと喧嘩をし、新聞沙汰になる。

しかし新聞に載った事で「ビッグ・アイズ」に注目が集まり、その日を境に絵が飛ぶように売れ、ずる賢く詐欺の素質があるウォルターは自分が作者だと世間に公表し、あちこちに売り込んでいく。
作品が売れて嬉しいマーガレットだったが、ウォルターが嘘をついたことが許せず抗議する。しかし、絵を描く才能はあるが内気で商才のないマーガレットに対して「売るために必要な嘘」だと丸め込み、嘘を積み重ね、いつしか画廊を持つほどの人気画家となる。

「共同作業」という言葉を盾に部屋にこもり描く事を強要され、その姿を娘のジェーンにも見せることも禁じられたマーガレットの絵は皮肉にもウォルターの巧みな戦術で売れ、プール付きの豪邸に住めるまでになる。

そんな偽りの日々の中、いつものように絵を描こうとジェーンを遠ざけアトリエにこもったマーガレットは木箱に入ったウォルターの絵を見つける。何気なく見ると、絵のサインが全て“S・CENIC”だという事を知り(サインの上に絵の具を足し自分の名前に書き換えていたのだった)ウォルターがとことん詐欺師であるという事実にショックを受ける。

その一方で、画家として最高潮に上り詰めたウォルターはその名を確固たるものにするため、万博に絵を寄贈するがNYタイムズに酷評され自暴自棄となり、その苛立ちをマーガレットとジェーンに向ける。酔った勢いで2人に火を放とうとするウォルターから命からがら逃げ出したマーガレットとジェーンはハワイへ移り住み、全てを捨てる覚悟である決断をする。

スポンサーリンク

「ビッグ・アイズ」の感想

画家になる夢を諦めきれないウォルターがマーガレットを利用して夢を叶え、富と名声を得ようとする実話に基づいた映画なのですが、にしてもこんな事で夢を叶えて何が嬉しいのか?全く理解不能です。

ウォルターは商才があるので、なりすますのではなくマーガレットのマネージャー兼サポーターに徹すれば大成功したと思うのですが、人間という者はとことん強欲なもので道を踏み外してもなお、執着する愚かな一面を持っているのだと感じました。

そして「嘘は少ない方が人生は楽」(それは他人にだけではなく、自分の心に対しても)だとも思いました。

しかしながら、ウォルター役のクリストフ・ヴァルツの演技が素晴らしく、とことんクズっぷりを発揮してくれた事でこの映画はさらに際立ったと思います。

そしてこれは余談ですが、実在のモデルとなったマーガレット本人は、「(ウォルター役の)クリストフ・ヴァルツの姿、声、行動──すべてがウォルターそのものだった」と映画を観た時に受けた衝撃を明かしていました。

また、マーガレット自身がカメオ出演も果たしており「1日中ベンチに座っている老婦人の役よ。とても感動したわ。ティム(監督)は私のために小さな聖書を用意してくれたの。生涯忘れられない1日になったわ。」と撮影の思い出を振り返っていたそうです。

「ビッグ・アイズ」は、嘘のない人生を歩みたいと思う人にオススメ!

全く嘘のない人生なんて存在しませんが、限りなく嘘が少ない人生は不可能ではないし、その方がより幸せだと思います。

今よりもっと女性の地位が低く生きにくい時代ではあったけれども、いつまでも受け身のままでは道は開けません。

内気で自己主張をすることがないマーガレットでしたが、諦めることなく自分の道と才能と絵を信じる姿は、現代の私たちにもパワーを与えてくれる事と思います。

u-nextで「ビッグ・アイズ」を無料視聴する!


FODで【ビッグ・アイズ】をお試し視聴する![PR]


TUTAYA TVで「ビッグ・アイズを視聴する!」

2019年5月21日の配信状況をもとに記載しています。登録前には必ず本体サイトにて配信状況をご確認ください。

スポンサーリンク