ドロ刑 -警視庁捜査三課-ドラマ

2018年秋の日テレ土曜ドラマは、『ドロ刑ー警視庁捜査三課ー』。

週間ヤングジャンプで福田秀さん連載中の漫画『ドロ刑』が原作です。ストーリーは、新米刑事と伝説の大泥棒との異色コンビが難事件に立ち向かっていく新感覚の刑事ドラマとなっています。

本ドラマの主人公に、Sexy Zoneで活躍中の中島健人さんが決定しました。相方役は、ベテラン俳優の遠藤憲一さん。その他の脇役も石橋杏奈さん、中村倫也さん、稲森いずみさんらが揃い、注目の顔ぶれとなっています。

こちらでは、ドラマ「ドロ刑ー警視庁捜査三課ー」の主要なキャストの役どころや見どころと詳細プロフィールを紹介していきます!

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ「ドロ刑ー警視庁捜査三課ー」のキャスト紹介

 

斑目 勉(まだらめつとむ)/中島 健人

中島健人さんは、ジャニーズグループSexy Zoneのメンバー。現在24歳で、俳優としても活躍されています。2008年4月にジャニーズ事務所に入られ、芸能界の道に進みます。

初のテレビドラマ出演となったのは、2008年に放送された『スクラップ・ティーチャー~教師再生~」でした。Hey!Say!JUMPのメンバーらと共演し、謎の不良役・美濃部健人役を演じました。

『大切なことはすべて君が教えてくれた』(2011)に脇役として出演。武井咲さん演じる佐伯ひかりに告白するという男子生徒役を演じました。堀北真希さん主演の『生まれる。』(2011)では、林田家の次男に抜擢。白血病に侵されながらも母親の出産を応援する林田浩二を熱演されています。

2016年に公開された映画『黒崎くんの言いなりなんてならない』では、主演を務めました。ドS王子の黒崎くん役は好評でしたね。相手役の女優・小松菜奈さんともお似合いで、美男美女と話題に。映画は初週の動員ランキングで1位を記録し、顧客動員数は100万人を突破するヒット作となりました。

今回の『ドロ刑』では、主演の斑目勉を演じます。斑目は、窃盗などの犯罪を捜査する新米刑事。警察組織の現実を前にすっかりやる気をなくしていましたが、大泥棒の煙鴉と出会い、一緒に事件を解決していくことで、人間的に大きく成長していきます。

甘いマスクで、ファンサービスが神対応と言われている中島健人さん。そんな中島健人さんは、新米刑事・斑目勉をどのように演じてくれるのでしょうか。刑事役に以前から憧れていたという中島健人さんはやる気十分とインタビューで語っています。今から楽しみですね。

煙 鴉(けむりがらす)/遠藤 憲一

遠藤憲一さんは、現在57歳・東京都出身の俳優さん。名脇役として、認知度が高い遠藤憲一さん。役者に興味を持ち、難関の無名塾に合格。22歳でドラマデビューを果たしました。

時代劇や2時間サスペンスなどの出演を続け、下積み時代を重ねてきた遠藤憲一さん。悪役のイメージが強い遠藤憲一さんでしたが、最近ではコミカルな役にも挑戦し、出演の幅を広げています。

転機となったのは、2009年に放送された『白い春』ではないでしょうか。血の繋がらない娘を愛する父親役を好演。遠藤憲一さんの演技力の高さが光りました。

超人気ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(2013)にも海老名敬役として出演。上に逆らえない憎めない外科医には、クスリと笑った方も多かったでしょう。・

『BORDER』(2014)では、小栗旬さん演じる石川安吾の頼りになる上司役を演じ、『家族狩り』(2014)では、家庭崩壊しながらも懸命に仕事に向き合う刑事を演じました。スーツ姿をキリッと着こなす強面の遠藤憲一さんは、刑事役がとてもマッチしますね。

『お義父さんと呼ばせて』(2016)では渡部篤郎さんとダブル主演に抜擢。51歳のサラリーマンが23才の恋人の父親と対立を繰り返すコメディドラマで、遠藤憲一さんの新たな一面が見れました。

今回の『ドロ刑』では、泥棒役・煙鴉を演じます。過去の目撃者ゼロ、痕跡ゼロの煙鴉は、斑目に捜査協力をして、事件を一緒に解決していきます。斑目に力を貸す、煙鴉の目的は一体何なのでしょうか。ここがひとつの見どころとなりそうですね。

悪役からコミカルな役までこなし、多数のドラマに出演してきた遠藤憲一さん。泥棒を演じるのは初ということで、期待が高まります。中島健人さんとタッグにも注目して見ていきたいですね。

スポンサーリンク

小平 美希/石橋 杏奈

石橋杏奈さんは、現在26歳、福岡県出身の女優。中学2年生の時にホリプロタレントスカウトキャラバンに応募し、見事グランプリを勝ち取り、芸能界デビューとなりました。

女優として最初のドラマ出演となったのは、『失踪HOLIDAY』(2007)でした。2008年に公開された映画『きみの友だち』では初主演を果たし、ヨコハマ映画祭最優秀新人賞を受賞されています。

『ロストデイズ』(2014)ではヒロイン桜田美希役を演じました。フェミニンな顔立ちでスタイル抜群の石橋杏奈さんは、ドラマの中で存在感がありましたね。

最近では、『きみが心に棲みついた』(2018)で、女優・吉岡里帆さんのライバル役の飯田彩香役を熱演。勝ち気な美人OL役は石橋杏奈さんにぴったりでした。毎回の衣装もおしゃれでチェックしていた方も多いのではないでしょうか。

本ドラマ『ドロ刑』では、女性刑事・小平美希役を演じます。小平美希は、元音楽隊に所属していた刑事経験ゼロの天然な性格です。

今年8月にプロ野球選手・松井裕樹さんと結婚されたばかりで、プライベートもきになる石橋杏奈さん。幸せいっぱいの新妻になった石橋杏奈さんは、『ドロ刑』でどんな演技を見せてくれるのでしょうか。楽しみですね。

 

皇子山 隆俊/中村 倫也

中村倫也さんは、1986年12月生まれ、東京都出身、現在31歳の俳優さんです。高校1年生の時にスカウトされ、芸能界デビューとなりました。

2005年に公開された映画『七人の弔』が、俳優デビュー作となりました。2014年には、舞台『HISTORY BOYS』で主演を果たし、また同作品で読売演劇大賞優秀男優賞を受賞されています。

『お義父さんと呼ばせて』(2016)では、花澤葉理男役に抜擢。クールに見えるが実は女装趣味がある息子役を演じました。このドラマで、遠藤憲一さんと共演されていますね。

現在、放送中の朝ドラ『半分、青い』にも出演中。ヒロイン鈴愛と律の仲を回復させた重要な役どころを演じています。最近では雑誌『an an』の表紙を麻生久美子さんと飾り、女性ファンが急増中の中村倫也さんです。

本ドラマ『ドロ刑』では、主役・斑目勉をライバル視する元エリートの皇子山隆俊を演じることに決定しました。大泥棒・煙鴉を懸命に追い、プライドが高い皇子山。そんな皇子山役は、中村倫也さんの新たな一面が見られるドラマとなりそうです。

変幻自在でどんな役柄もこなし、今注目されている俳優の中村倫也さん。『ドロ刑』ではどんな魅力を見せてくれるのでしょうか。期待したいです。

鯨岡 千里/稲森 いずみ

稲森いずみさんは、鹿児島出身、現在46歳の女優さん。高校3年生の時にモデルデビュー。最初の頃はモデルとして芸能活動をされていましたが、現在は女優として活躍されています。

1996年に放送された人気ドラマ『ロングバケーション』で山口智子さん演じるヒロインの後輩役を演じました。女優として注目されはじめたのは、『ビーチボーイズ』(1997)ではないでしょうか。スナックのマドンナを演じ、スラリとしたスタイルや爽やかな笑顔が印象的です。

『ハッピーマニア』(1998)ではドラマ初主演を果たしました。藤原紀香さんと抜群のスタイルを披露し、悩める等身大の主人公・重田加代子に共感した女性がたくさんいました。近年でも、『戦う!書店ガール』(2015)や、『モンテ・クリスト伯ー華麗なる復讐ー』(2018)などに出演し、女優として活躍されています。

本ドラマ『ドロ刑』では、13係の美人係長・鯨岡千里役を演じることに決定。鯨岡千里は冗談好きで、天真爛漫な性格です。

透明感のある声も魅力的な稲森いずみさん。稲森いずみさん演じる鯨岡千里役は、13係の癒しキャラになりそうですね。美人係長というポストもぴったりな稲森いずみさんの演技に期待したいです。

まとめ

以上、ドラマ「ドロ刑ー警視庁捜査三課ー」のキャストの役どころ見どころとプロフィールの詳細を紹介してきました。

本ドラマの原作『ドロ刑』は、初連載とは思えないほどレベルが高い漫画になっています。早くも実写化が実現し、ドラマ『ドロ刑』にも期待している人がたくさんいるのではないでしょうか。脚本は、『コールド・ブルー』や『医龍ーThe Medical Dragonー』などで、実績がある林宏司さんが担当されます。

2018年秋の日テレ土曜ドラマ『ドロ刑』は主演に、中島健人さんが抜擢されました。演技派俳優の遠藤憲一さんが相方役を演じ、2人のコンビは本ドラマの見どころと言えそうです。

脇役にも今注目の石橋杏奈さん、中村倫也さんらが揃い、新感覚の刑事ドラマが熱く盛り上がりそうですね。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう