リーガルV

米倉涼子さんをはじめ、ドクターXのスタッフによる新ドラマ「リーガルV」がいよいよオンエアされました!

期待値が高かっただけに、コケるんじゃないかってヒヤヒヤしつつも見たところ・・・面白い!!

米倉涼子さんをはじめ、林遣都さん、向井理さん、高橋英樹さん、そしてまわりを固めるキャストが素晴らしくバランスの取れた総力戦でドラマを面白くしていますねっ!

ここでは、ドラマ「リーガルV」の1話の感想をお伝えしていきますっ!!

スポンサーリンク

リーガルV1話の感想!なんと言ってもポチ(林遣都)がかわいい!

林遣都さんが演じるのは、ポチ役ではなくて、青島圭太役ですが、ドラマの中盤あたりから、小鳥遊翔子(米倉涼子)にポチと呼ばれるように。

ポチという愛称がこれほど似合う役を演じる林遣都さんは素晴らしいですねっ!

 

弱々しいところが満載でありながら、正義感は立派で、真っ直ぐすぎる純真さを持ち合わせているところは応援したくなります。

そして、ポチ。

ポチと呼ばれるだけで楽しい気持ちにさせてくれるこの魅力はなんでしょう。

リーガルVの大きな魅力の一つではないでしょうか?ドクターXのスタッフの底力の片鱗を見る気がしますね。

林遣都さ見たさに2話も見ようという人はかなり多いはずです。

実際にTwitter上でもポチ人気は半端なかったですね!

 

下記コンテンツにおいても林遣都さんの魅力を紹介していますので併せてどうぞ。

 

林遣都さんの人気は絶大ですね。

視聴者の気持ちをぐっと掴む演技とキャラクターは天性です!

スポンサーリンク

リーガルVのストーリーも素晴らしい!

最初はふわふわしすぎてて、どうなることかと思った小鳥遊翔子(米倉涼子)のキャラクターですが、後半にかけて徐々に本領発揮していく展開でした。

法廷に立つところが、鉄道オタクとしてのポジショニングで立っていて、それでて異常にカッコイイのはなんとも面白いですね。

鉄道バーが行きつけという設定が見事に反映されていて面白かったです。鉄道バーの店員の内藤理沙さんもなかなか良いコスプレを披露していましたね。

そして法定のシーンでは、あまりに呆気なく、三島麻央(山谷花純)が泣き崩れたところに違和感を覚えつつもその後の仕掛けが大きくて痛快でした。

たしかに、50万円という軽い気持ちの悪巧みだとするならば、懲役をちらつかせられて追い込まれれば、泣き崩れても違和感はないなぁと後で説得させられましたね。

そして、Felix & Temma法律事務所の天満壮一朗役の小日向文世さんの演技は見事ですね。

顔は冷静ににこにこしながら、時計をふく手の速さ。まるでコメディーの領域を感じさせてくれます。

しかもそのシーンが長いことからも、俳優陣と制作側のチームは仲がよいんだろうなぁと感じさせてくれますね。

カットがかかった時に笑いがあったんじゃないかなぁと思う気持ちの良いシーンでした!

まとめ~2話から菜々緒さんの本領発揮か?~

ドラマの放送開始前にかなり注目を集めていた菜々緒さん。

1話ではワンシーンでの登場ぐらいでした。

そして、安達祐実さんもあまり目立つこともなく、宮本茉由さんもちらっと登場しただけという。

さまざま力のあるキャストをそろえていながらも、まだまだ1話では使い切らないという。。。

さらには、毎回のゲストも大物を揃えて放送されるこの展開。

リーガルVがかなりの視聴率になるのは1話で決定づけられたと言っても良いのではないでしょうか。

2話の予告では、菜々緒さんがクローズアップされていましたので、次回は菜々緒さんも目立ってきそうですね!

そして、我らがポチの活躍は言うまでもなく楽しみですっ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう