僕らは奇跡でできている,ドラマ

「僕らは奇跡でできている」注目の第9話が放送されました。

サブタイトルが「楽しかった日々の終わり」ということで、なんだか波乱の予感…!

本記事では「僕らは奇跡でできている」のあらすじ・感想について紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

「僕らは奇跡でできている」9話のあらすじ(ネタバレ)!

琴音の激白

一悶着あった一輝(高橋一生)と山田(戸田恵子)だが、その後仲は良好。苦手だった蛸もすっかり食べられるようになった一輝は、同僚の沼袋(児島一哉)にも蛸をお裾分けする。
そんな中、一輝に進路相談がしたいと生徒である青山琴音(矢作穂香)が訪ねてくる。琴音は胸に抱いていた一輝への恋心を打ち明け、挙句には「結婚したい」とまで言うのだが、きっぱりと断った。そんな一輝に琴音は「歯医者さんのことが好きなんじゃないですか?」と問い詰める。

謎の気持ち

山田と約束していたという育美(榮倉奈々)は一輝の家を訪れた。琴音の一言から育美のことを意識し始めた一輝は育美をじーっと見詰めつつ「水本先生はリスっぽいですね。」と告げた。「リスは好きです。」という一輝に育美は真意を問う。琴音に聞かれたことが〝謎〟だった一輝は育美本人にどう思うか?と問いかけるのだった。
一方、山田にも育美のことをどう思うかと問われた一輝。打診しようと色々な人の名前を上げ必死になる山田だったが、育美の名前を挙げると顔をしかめる一輝にお手上げ状態なのであった。

宣戦布告?!

水本クリニックでは、育美が山田に教わったピリ辛きゅうりをあかり(トリンドル玲奈)達に振舞っていた。すると其処に敵意剥き出しの琴音が訪れてきて、「その気がないなら相河先生に近付かないでください!」と啖呵切られてしまう。

距離急接近?!

一輝の事で頭を悩ませていた育美が出勤準備をしていると、目の前の壁に一匹のヤモリが止まっていた。あかり達に相談すると、相河先生に頼んで取って貰えばいいと提案される。育美は渋々一輝に電話を入れ、家に来てもらうことに。「相河さんが動物の先生だからお願いした」と自分にも言い聞かすように釘を刺す育美。しかしゴキブリが家にいると言われた育美は思わず一輝にぎゅう、と抱きついてしまう。

交錯する想い

離婚した妻の娘と公園で会う約束を取り付けていた樫野木だが、急用が入ってしまった為一輝に娘を迎えに行って欲しいと頼む。樫野木の娘の香澄(矢崎由沙)と一輝は、フィールドワークの話で盛り上がった。其の内に一輝は、思い掛けずも自分が育美のことをどう思っているのか、本当の気持ちに気付くことになるのだった。

ある日育美を待ち伏せして、育美にフィールドワークの話を切り出す。最初は頭に?を浮かべる育美。だが一輝は「水本先生は(まるでフィールドワークと同じように)不思議がいっぱいで一緒にいると感動や発見がある。色々な気持ちになる。」「僕は水本先生のことを面白いって思ってます」と告げた。

コンチューバー?!

琴音は再び、一輝に告白するが、当の一輝は「興味ないです」と一刀両断。あまりに酷い言い方に、琴音に思いを寄せていた新庄(西畑大吾)は激情するのだが、好んで見ている動画を配信しているコンチューバーが沼袋だと気付いた新庄が大声で「コンチューバー!!!」と叫んだことによって、物凄い勢いで沼袋に外に追い出されてしまう。

樫野木先生大爆発

香澄から元妻が再婚する意思を明確にしていることを電話で知った樫野木。自分よりも無職の再婚相手を選んだことに絶望的な気持ちになる樫野木(要潤)。その気も知らずに相変わらず呑気な事を言う一輝に樫野木はついに溜まっていた一輝への不満をぶちまけてしまう。「悪影響なんだよ!此処から消えて欲しい」という心ない樫野木の言葉を涙目で聞く一輝。全部聞き終わると酷く傷付いた表情で、足早に帰ってしまった。一方、それを聞いていた鮫島(小林薫)は問題をすり替えている樫野木を厳しい言葉で叱咤する。

翌日、一輝は大学へ来ることはなかった。「もう来ないかもしれませんよ」という樫野木の言葉に、講師室には不穏な空気が流れる。その頃一輝はフィールドワークへと向かっていたのだ。

スポンサーリンク

「僕らは奇跡でできている」7話の感想!

一輝がついに育美に告白か!?とワクワクして見ていた第9話。告白は告白でしたけど、一輝の口からは「面白い」と…(笑)

一輝にとって育美はただの面白い人止まりなようですね。ヤモリをゴキブリと勘違いして一輝に抱きついたシーンではこのままいい感じになるのでは?!と期待してしまいましたが(笑)寧ろ育美の方が一輝の事を意識し始めたような…?琴音の大胆すぎる告白にも驚かされました…!

「興味がない」ときっぱりした断り方も一輝らしくて笑ってしまいました(笑)そしてこれまた一輝らしい空気の読めない発言のせいで樫野木先生の堪忍袋の尾が切れてしまいましたが…何もあそこまで言うことはなかったのでは?!と言う印象です。

育美が一輝にとって〝色々な気持ちにさせられる存在〟なら、樫野木先生にとっての一輝も悪い意味で感情を引っ掻き回される存在なのかも知れません。樫野木先生から批難されている時の一輝の表情には高橋一生さんの演技力の高さが滲み出ているようで、引きこまれてしまいました。

まとめ 樫野木先生大爆発!?

将又波乱の展開で幕を閉じた「僕らは奇跡でできている」第9話。

完全に亀裂が入ってしまった一輝と樫野木先生。二人の関係は修繕可能なのでしょうか…?!

果たして一輝は再び大学に戻ってくることがあるのか、それともこのまま悲しい結末になってしまうのか。

最終回に向けて早くも「僕キセロス」が始まっている本ドラマ、行く末がとっても気になりますね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう