黄昏流星群、ドラマ

ドラマ「黄昏流星群」。

佐々木蔵之介さん演じる完治に好意を寄せるあまり、妻(中山美穂)とバチバチ対立している女性銀行員を演じてる本仮屋ユイカさん。

あまりの可愛さと演技上の小憎たらしさに注目が集まっています。

こちらでは、女性銀行員篠田薫役を演じる本仮屋ユイカさんのプロフィールや魅力を語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

ドラマ「黄昏流星群」本仮屋ユイカさんの女性銀行員「篠田薫」の役どころ

人生折り返しを迎える大人のラブストーリーとして、この秋放送中のフジテレビドラマ「黄昏流星群」。主演に佐々木蔵之介さんを迎え、黒木瞳さん、中山美穂さんなどベテラン俳優陣が男女の胸を焦がす切ない恋愛物語を作り上げています。

そんなドラマ「黄昏流星群」で本仮屋ユイカさんが演じているのは、若葉銀行で働く女性銀行員の篠田薫。新宿支店長であった完治(佐々木蔵之介さん)の秘書役で、完治の仕事を1番に理解しており、妻子がいながらも彼に思いを寄せる女性を熱演しています。

完治には残念ながらその気はないのですが、完治と妻の真璃子(中山美穂)の夫婦関係を悪化させている重要な役柄と言えるでしょう。第2話のクライマックスでは、ついに真璃子と張り詰めたシーンを展開し、ドキドキした方も多いのではないでしょうか。

また、完治を惑わす魔性の女性という設定ではありますが、その清楚で可憐な出で立ちから女性からも「可愛い!」と声が多く上がっているようです。秘書役らしい優しい色味のスーツ姿がとてもお似合いな本仮屋ユイカさん。このドラマで、ますます綺麗に磨きがかかった本仮屋ユイカさんが見ることができますよ。

本仮屋ユイカさんが、佐々木蔵之介さんと何度か共演されていたこともあり、リラックスした雰囲気で撮影に臨めているそうです。中山美穂さんとは、このドラマで初共演をされました。前回の真璃子と薫が対峙したシーンでは、撮影が終わった後に〝もう!憎たらしい!〟と言いながら本仮屋ユイカさんにパンチするような仕草を中山美穂さんがされたそうですよ。先輩の女優さんにこんな風にされたら、とっても嬉しいですよね。

これからも楽しみに「黄昏流星群」を見ていきたいと思います。

 

本仮屋ユイカさんのプロフィール

ここでは、本仮屋ユイカさんのプロフィールについて取り上げます。

本仮屋ユイカさんは、1987年9月8日生まれ、東京都目黒区出身、現在31歳の女優さんです。身長165センチのA型。10歳の時に、芸能事務所テアトルアカデミーに所属し、NHK番組「わくわくサイエンス」にて初めてのテレビ出演を果たします。日本大学芸術学部演劇学科を卒業。2005年には、連続NHKドラマ「ファイト」で主演を務めました。現在は、スターダストプロモーションに所属されています。

ドラマや映画に数多く出演されてきた本仮屋ユイカさんですが、人気バラエティー番組「王様のブランチ」にて、優香さんに代わってメインキャスターに抜擢されたのも注目を集めましたね。同番組では、2012年4月〜2015年9月まで、約3年半の間出演されていました。また、2013年7月にはアニメ映画「それいけ!アンパンマン とばせ!希望のハンカチ」でゾウの少年・パオを担当し、声優デビューも飾っています。

趣味はジョギング、音楽鑑賞、読書、水泳だという本仮屋ユイカさん。好きな歌手は松任谷由実さんとaikoさんです。好きな食べ物は和菓子、叔母さんが作る春雨サラダ、焼餅。プライベートでは、女優の貫地谷しほりさんと親友だそうです。貫地谷しほりさんとは、映画「スゥイングガールズ」で共演してから仲良くなり、「珍名コンビ」と呼ばれているほどの仲です。

そんな本仮屋ユイカさんの写真がこちら!

 

ジャーン!ドラマ「黄昏流星群」で篠田薫として出演されている写真です。にっこり笑顔の本仮屋ユイカさんにこちらまでにっこりしたくなるような…。楽しく撮影されているようですね。スーツも大人の女性という感じが出ていて、綺麗な姿!

そしてこちらが

アップの本仮屋ユイカさん。ウルウルとした目元が可愛いすぎませんか?おでこを出しても、もちろん可愛い!お肌も色白ツルツルの美肌で憧れます。

最後に、、

View this post on Instagram

久々にしーちゃんこと貫地谷しほりちゃんと☺︎ いつも話に夢中で、最後に一緒に写真を撮ったのは1年以上前!笑 スウィングガールズの出会いから、15年。 オーディションの時に、どうしてもしーちゃんと友達になりたくて、勇気を出して話しかけた15歳の私に、グッジョブって伝えたい!!! (突然手を掴んで、勢いよく話しかけた私を、「相当変なやつだと思った」と、後で教えてくれました 驚かしてごめんね、しーちゃん) #貫地谷しほり #スウィングガールズ #本当に特別な人 追記 実はこの投稿、しーちゃんと同じタイミングでアップしようねと約束していて… 今、しーちゃんの投稿を読んで、そのメッセージに胸がいっぱいです。 同じ世界で、同じ職業で、同世代の憧れの人。 その人がこんな風に私のことを見つめてくれてたことが本当に嬉しく、幸せです。 しーちゃん、どうもありがとう。 出会った頃から愛いっぱいで、まっすぐで、天真爛漫なしーちゃん。 わたしにとって、ずっと特別で偉大な存在です。 ありがとう!

本仮屋ユイカさん(@yuika_motokariya_official)がシェアした投稿 –

貫地谷しほりさんとの貴重なツーショットがありました!女優さんが2人並ぶと、オーラがすごいです。いつまでも仲良しでいてほしいですね。

スポンサーリンク

意外!本仮屋ユイカさんはこんなドラマにも出演していた!

「3年B組金八先生」第6シリーズ(2001年)

第6シリーズは、性同一性障害に苦しむ女生徒・上戸彩さんに大注目が集まったシリーズでした。このドラマに本仮屋ユイカさんは、学級委員長の青沼美保役に抜擢されています。上戸彩さん演じる鶴本直に理解を示す、真面目でしっかりした女の子役は本仮屋ユイカさんにぴったりな役だったのではないでしょうか。現在とは雰囲気が違う、ショートカットの髪型も新鮮です!

「世界の中心で、愛をさけぶ」(2004年)

山田孝之さん主演の朔太郎が、綾瀬はるかさん演じる白血病を患う少女・亜紀に恋する高校生の切ない青春模様を描いたドラマです。当時は映画(森山未來さん・長澤まさみさん)も大ヒットとなり、〝セカチュー〟が社会現象となりましたね。本仮屋ユイカさんは、朔太郎の幼馴染で亜紀の友人でもある上田智世を演じています。亜紀を病弱な少女に見せるために、このドラマで本仮屋ユイカさんはわざと太ったそうですよ〜。役柄痩せるという話は聞きますが、女優さんがわざと太るというのはなかなかないですよね。フレッシュで愛嬌いっぱいの上田智代も印象的なドラマです。

「相棒 season10」(2011年)

長年、高視聴率を保っている「相棒」にも本仮屋ユイカさんは出演されています。東京ビックシティマラソンを舞台にした映画「劇場版 相棒 絶体絶命!」に重要パーソン・守村やよい役として出演し、その後ドラマでも再出演されています。劇場では、痛々しく悲しげな女性役のやよいではありましたが、ドラマではジャーナリストとして働く元気な姿を見せてくれました。事件に巻き込まれ危ない目に遭いましたが、右京さんがちゃんと助けてくれましたね。今後も出てきてくれたら、視聴者としては盛り上がりますよね。

 

まとめ

現在放送中のドラマ「黄昏流星群」で存在感を抜群に披露している本仮屋ユイカさん

物語は完治が若葉銀行を退社したことで、本仮屋ユイカさんの出演シーンは少なくなってしまうかもしれません。

ですが、ちょっとでも会えることを期待して、今後も見ていきたいと思いますよ。最後まで、完治に熱い想いを抱く篠田薫になりきってほしい!

応援しています。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう