僕らは奇跡でできている,ドラマ

高橋一生さん主演ドラマ「僕らは奇跡でできている」で、大学生の4人組が回を追うごとに目立ってきています。

その中で、須田巧役を演じるのは今をときめく俳優・広田龍平さん。本記事では彼のプロフィールや出演作品、演技についての世間の反響などについて紹介していきたいと思います。

スポンサーリンク

広田亮平さん演じる須田巧の役どころは?

 

広田亮平さん演じる須田巧は、矢作穂香演じる青山琴音、西畑大吾演じる新庄龍太郎、北香那演じる尾崎桜のメンバーの中でも、一番のしっかり者でみんなのまとめ役的ポジションのキャラクターを演じます。

天然キャラの新庄にツッコミを入れたりするといったシーンも多々あります。そんな広田亮平さん演じる須田巧ですが、他の3人と同様大学生活をなんとなーく送っている模様。

目標を見出せない彼が、他の生徒や一輝との関わりを持つことでどのような成長を見せてくれるのか注目ですね。

広田亮平さんのプロフィールは?

さて、そんなフレッシュな俳優広田亮平さんについてプロフィールをまとめておきました。

広田亮平(ひろた りょうへい)

生年月日:1996年12月4日
年齢:21歳
血液型:A型
出身地:神奈川県
身長:169cm

彼は今現在は舞プロモーションという事務所に所属していますが、実は子役時代から活躍しており、2009年当時まではセントラル子供劇団というところに所属していました。

4歳から演技を始めたということで、彼の俳優歴は約18年ということになりますね。ドラマの中での高い演技力にも納得です。

公式プロフィールによると、特技はテニスとギターだとか。演技の才能・スポーツの才能・音楽の才能を兼ね備えている才色兼備な俳優さんです。彼のテニスラケットを振るう姿やギターを演奏する姿はさぞかし格好良いのでしょうね!

スポンサーリンク

広田亮平さんの出演作品と演技力

俳優歴が長いこともあって、広田亮平さんはこれまでに様々な役を演じてきました。

有名どころだと、

2003年のNHK連続テレビ小説「こころ」
2005年「救命病棟24時」
2006年NHK大河ドラマ「功名が辻」
2007年「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」
2008年「CHANGE」
2009年「トライアングル」
2011年「鈴木先生」
2013年「幽かな彼女」
2014年NHK大河ドラマ「軍師官兵衛」
2015年NHK大河ドラマ「花燃ゆ」
2016年NHK大河ドラマ「真田丸」

などのテレビドラマ。

映画では、

2006年「涙そうそう」
2007年「マリと子犬の物語」
2008年「あの空を覚えてる」
2009年「GOEMON」
2010年「甘っちょろいラブソング」
2013年「おしん」
2014年「魔女の宅急便」
2016年「桜の雨」
2017年「相棒劇場版IV」
2018年「ママレード・ボーイ」

などの映画に出演されています。

こうして見て行ってみるとほぼ毎年のようにドラマや映画に出演されていて、彼がいかに引っ張りだこの俳優さんであるかが分かります。

特に大河ドラマに計4回、しかも三年連続で出演を果たしているというのはかなりすごいことなのではないでしょうか。

広田亮平さん出演作で、私が一番印象に残っているのは「東京タワー~オカンとボクと、時々、オトン」でしょうか。

まさかあの、速水もこみちさんの幼少期を演じていた可愛らしい少年だったとは驚きでした。大きくなったなあ…と思わず感慨深くなってしまいましたね。

どうやら今の広田亮平さんを見て、大きくなったなあ…と感心している人は少なくないみたいですね。

特にNHK連続ドラマ小説「こころ」で演じた〝うーたん〟こと朝倉優太郎の印象が世間一般に根付いているよう。確かにあのあどけない頃の広田亮平さんを知っている人たちは挙って息子の成長にしみじみする母親のような気分になると思います(笑)

更に広田亮平さんはジブリ実写映画「魔女の宅急便」でトンボ役を演じたことにより、一躍有名になりました。個人的にアニメが実写化されたもののキャラクターを演じるのはとても大変なことだと思うのですが、彼は見事トンボになりきっていました。

アニメの実写版といえば、アニメのキャラクターと実写のイメージが全然違うと反感を買うことも多いですよね。ですが彼の圧倒的な憑依演技は原作ファンの多くの人を納得させたのではないでしょうか。

まとめ

さて、本記事では「僕らは奇跡でできている」に出演中の俳優・広田亮平さんについてまとめました。

子役時代から数多くの演技経験を積み、高い演技力を誇る将来有望な俳優さんなのではないでしょうか。

ベテラン俳優として大物になる、と言っても過言ではないのでは…?

これからも彼の勢いが留まることなくどんどん活躍していってほしいと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう