黄昏流星群、ドラマ

こちらでは、黄昏流星群の4話の感想とネタバレを紹介していきます。

まずは、3話までのおさらいから。

完治は出向を黙っていた件を真璃子と美咲から激しく責められ、滝沢家の溝が徐々に深まっていく。

一方で、完治に銀行復帰のチャンスがやってくる。ラストチャンスに懸けたゴルフコンペであったが、上司に媚びを売るのに嫌気がさし、完治はゴルフ場を後にした。

コンペ後は栞に会いに行き、互いの愛を確認し、2人は満ち足りた気持ちになる。別れ際には栞から完治にキスをする。

美咲は春樹の家柄を気にし、父の出向を日野家に言い出せないでいた。そんな娘の気持ちを汲んだ真璃子は、出向の件を春樹に伝えにいく。そこで、思いがけず春樹より優しく励ましてもらい涙が溢れる。

真璃子の涙をハンカチで優しく拭く春樹であった。

スポンサーリンク

 

ドラマ「黄昏流星群」4話のネタバレ

完治と春樹の初対面

週末に、改めて春樹(藤井流星)が滝沢家に来訪することになる。春樹に攻撃的な態度を表す完治(佐々木蔵之介)。春樹はパーフェクトで誠実な返答をし、ぐうの音も出ない完治であった。春樹が帰った後に、美咲(石川恋)は高慢な父への不満を露わにする。美咲に謝る完治であった。

あなたに会えて毎日楽しい!

完治は荻野倉庫の社員に対し、仕事のやり方について忠告をする。社員たちは素直に聞き入れず、鬱陶しがられるだけであった。そんなやり取りを見ていた栞(黒木瞳)に、もう少し上手くやるようにたしなめられる。完治は「栞に会って毎日楽しくなった」と喜びを隠さずに打ち明けるのだった。

完治と栞の登山デート

完治と栞は登山デートへ向かうが、栞の母(岩本多代)が骨折してしまい、登山を取りやめて老人ホームへと行く。栞の母親は完治の事を亡くなった旦那だと勘違いをする。帰宅した完治の靴が全く汚れていないのを見て、再び浮気を疑う真璃子(中山美穂)であった。

真璃子と春樹の映画デート

美咲から連絡があり、自分が仕事で行けない代わりに春樹と横浜で映画を見てきてほしいとお願いされる。美咲が来れなくなったと要件だけを伝えて帰ろうとする真璃子を、春樹が引き止め、2人は映画を一緒に見る。帰り際に、春樹より美咲は他に好きな人がいるんじゃないかと聞いて、真璃子は驚く。

美咲に衝撃の事実が発覚!!

お互いの距離を今一歩縮めようとする完治と栞。2人はホテルへ向かった。エレベーター内で美咲と年配の男性(高田純次)がキスしている現場に遭遇する。完治と美咲は互いに何も発さずに、知らないふりをするしかないのであった。

スポンサーリンク

「黄昏流星群」4話の感想

「黄昏流星群」第4話、無事に放送されましたね!

さてさて、今回の感想なんですが…

まず何と言っても美咲が不倫をしていた事に、とっても衝撃を受けました。しかも、相手役のチョイスがなんと元祖女好きなイメージのある高田純次さん。ここで高田純次さんを選んでくるところがフジテレビって感じですよね。遊び心があって面白い!

キスシーンでは、2人は本当にキスしていたように筆者は見えたのですが…。本当だったら石川恋さんの女優魂すごいです。さて…優良物件の日野春樹より、妻子持ちの年配男性を好きになる美咲。友達であれば、絶対春樹にしときなさいと声を大にして言いたいところですが。

第5話では、あの人(高田純次)とはすぐ別れる的なことを美咲は言っていましたが、実際はどうなるんでしょうか。美咲がここに来て、爆弾を落としてきて、盛り上がってきましたね。

また、今回は完治が可愛いなぁって思えるシーンがありました!完治が「栞に会って毎日楽しくなった」と素直に伝えるシーンです。不倫している夫にはやはり嫌な印象がありますが、この栞に赤裸々に伝える完治が爽やかで可愛いなぁと思ってしまいましたね!

完治がただの体目的ではなく、栞とまだプラトニックな関係で、楽しく過ごしているのも微笑ましく思います。こんな風に男性に伝えられたら、女性は嬉しくなっちゃいますよね。

5話では、滝沢家と日野春樹で温泉旅行に行く展開になっていましたね!色んな意味で楽しそう〜。そして、真璃子が栞と電話で会話しているシーンもあって、ついに本妻VS恋人の幕が開けそうですね。5話も楽しみにしたいと思います!

まとめ~切ない大人の恋愛を盛り上げる主題歌をチェックしよう!~

本ドラマで時折流れてくる、切ないバラード。「黄昏流星群」と言えば、この歌が印象に残っている方も多いのではないでしょうか。

お馴染みのハスキーな歌声を奏でているのは、歌手の平井堅です。曲名は「half of me」で、「黄昏流星群」の主題歌として起用されています。

この楽曲は、平井堅さんがおよそ10年前に書いた曲。これまではライブでしか披露されず、ファンの間では幻の曲となっていたそうですよ。平井堅さんは、「生きるということは空白の半分を、欠損の半分を探す旅なのかもしれない。そんな思いを書きました。」とインタビューで語っています。何だか「黄昏流星群」のテーマにぴったりですよね!

平井堅さんのバラードを聴いていると、何だか包み込まれているような優しい気分になりますよね。あの切ない歌声を出せるのは今のところ平井堅さんだけしかいないと筆者は思っています

11月28日に本リリースされ、初回限定盤にはミュージックビデオのDVDが付いてます!ドラマに合わせてチェックしたいですね。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう