黄昏流星群、ドラマ

こちらの記事では、「黄昏流星群」の5話のネタバレと感想をお伝えしていきます。

まずは、「黄昏流星群」第4話の振り返りを見ていきましょう。

春樹が改めて滝沢家に来訪し、完治はストレートな質問をぶつける。失礼な態度に美咲は、父親に対して怒りを表すのであった。

また完治は荻野倉庫の社員から冷たい対応を受け続けるものの、栞と会うことで心が満たされていた。

真璃子は、美咲の代わりに春樹と一緒に映画を観ることに。そこで春樹から、美咲には他に好きな人がいるのではないかと思いがけないことを聞かされる。

一方で完治と栞はホテルへ向かう。そこで、美咲が見知らぬ年配の男性とキスしている場面に遭遇する。この男性は一体、誰なのだろうか?と完治は戸惑いを隠せないのであった。

スポンサーリンク

ドラマ「黄昏流星群」5話のネタバレ

美咲のキスした相手とは…

美咲(石川恋)と見知らぬ男性(高田純次)のキスシーンを目撃してしまった完治(佐々木蔵之介)は、栞(黒木瞳)とホテルの部屋に入るも娘の事が頭から離れず、栞と一夜を共にすることが出来なかった。栞は「気にしないで」と伝えるも、自分がやっぱりダメだからと勘違いしてしまう。翌朝、完治は娘を問い詰めるも「私は春樹と結婚する、お母さんにはお互い秘密」と言われ、何も言い返せないのであった。

波乱の温泉旅行

冴(麻生祐未)の勧めで、春樹(藤井流星)と滝沢家で鬼怒川の温泉旅行へ出掛けることに。旅行中に、美咲が戸浪と電話している所を完治は見ており、娘を責める。美咲は「そんなことよりお母さんに優しくしてあげて」と言い返す。完治は、真璃子(中山美穂)に「一緒にお風呂に入ろうか」と誘うものの、拒否される。また完治は、美咲の相手が自分より16歳も上の大学教授だと知るのであった。

栞の母が亡くなる

一方で栞は山の約束を完治としていたが、温泉旅行でまたキャンセルされてしまう。介護施設で寂しそうにしていた栞に、母(岩本多代)が「私がいるじゃない」と明るく励ましてくれる。しかし、その直後に急に母が亡くなってしまう。栞は気が動転し、完治に何度も連絡してしまう。完治は携帯を部屋に忘れており、真璃子が電話に出る。「間違えました」とすぐに電話を切る栞であったが、真璃子は夫の浮気を確信するのであった。

春樹と真璃子が急接近

完治と美咲が揉めている旅行中は、自然に春樹と真璃子が一緒にいる時間が長くなる。春樹は、完治と美咲の会話を耳にしてしまい、美咲の好きな人が分かってしまう。また真璃子も栞からの着信で傷ついており、春樹は真璃子にキスをする。何もなかったように振る舞う春樹であったが、真璃子はキスの事ばかり思い出すのであった。

ついに2人が…

母の葬式が終わり、寂しさのあまりに家で号泣する栞。そんな中、完治が何か出来ることはないかと訪ねてくる。栞は「もう介護をしなくて済む」と精一杯強がる。「今ならまだ引き返せる」といじらしい栞の姿に、気持ちが抑えられない完治。栞は完治を家から追い出そうとするも強引にキスをされ、2人は一線を超えたのであった。

スポンサーリンク

ドラマ「黄昏流星群」5話の感想

「黄昏流星群」第5話、無事に終了しました〜。

5話はやっぱりドロドロ波乱の回となりましたね!みんな自分の気持ちを抑えられないという感じ。

まず、美咲の好きな人が父より16歳も上という設定にビックリしました。そう思うと、美咲はファザコンな気がしてきます。幼少期から忙しかった父親と重ねて、ダンディーな男性に惹かれてしまうのでしょうか。完治は懸命にやめさせようとしてましたが、自分も不倫しているものだから当然強くは出れないですよね…。

そして、ここに来て春樹と真璃子がついにキスを!ついにやってしまいましたね〜。春樹も真璃子に惹かれるなんて、もしかしてマザコンなのでは…笑 高スペックな娘の婚約者にキスされるって一体どんな気持ちがするのでしょうか。真璃子が羨ましいと主婦層からは声が挙がっていそうですね〜。

ラストはついに完治と栞が一線を超えてしまいました〜。5話まで粘りましたが、やっぱり最初から関係を持つより徐々に深まっていくほうが、不倫でも爽やかさを感じます…笑。黒木瞳さんのいじらしさは最強です。あんな風に強がっている綺麗な女性は、男性陣はたまらないでしょうね〜。

6話では、いよいよ春樹の母親が動き出しそうですね。春樹と真璃子が今後、どうなっていくのかも気になります。ますます楽しくなってきた「黄昏流星群」ですね!

「黄昏流星群」 黒木瞳さん演じる不倫相手の栞に意外にも好感が持てる人が多数!?

主人公の不倫相手なのに、黒木瞳さん演じる目黒栞に好感を持っている方がネットでは割といるようです。芸能人が不倫すると今は世間で冷ややかな制裁?を受ける世の中になっていますが、どうして目黒栞には好感を持てるのでしょうか。

筆者なりに分析してみましたので、良かったら皆さんも一緒に考えてみてくださいね!

①まず、黒木瞳さんが持っている清潔感ではないでしょうか。黒髪で涼しげな目元の黒木瞳さんからは、爽やかで可憐な女性がイメージされますよね。

②次に、目黒栞は親の介護で婚期を逃した女性で、世間から見たら〝かわいそうな女性〟に分類されますよね。しっかりと苦労してきたから、少しぐらい羽目を外しても大目に見られるのではないかと思います。

③そして最後に、目黒栞の性格!いわゆるイケイケで派手な女性ではなく、健気でいじらしいから。社員食堂で地味な仕事をしている姿は応援したくなりますよね!

「白い巨塔」でのチャーミングなクラブのママ・花森ケイコを演じた黒木瞳さんも個人的には大好きでした。けれど、「黄昏流星群」の媚びない自立した女性もとってもイイ!

これからも黒木瞳さん演じる目黒栞を楽しんでいきたいと思います。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう