3年A組-今から皆さんは、人質です

3年A組~今から皆さんは、人質です~面白すぎます。

原作なしのミステリーであるため、毎回のドラマの展開の伏線を拾って推理しながら見ていく展開。

そして、景山澪奈(上白石 萌歌)を自殺に追い込んだ犯人と言っても特定の誰かというわけではなく、3年A組の生徒や魁皇高校の教師達の人間関係が複雑に絡んでいて、それに対して柊一颯は何を目的として犯行に及んでいるのかと言う、単純な犯人探しではない点が面白さをましてゾクゾクさせてもらえます。

その絡み合う謎の一つに影山澪奈のドーピングは本人が意図したものではなく、誰かに仕組まれたものではないかという謎があります。

景山澪奈が自殺した理由は、イジメが原因とありましたが、そのイジメの原因をつくったのは、景山澪奈のドーピングでした。

でもそのドーピングが仕組まれたものであったとするなら、ドーピングを仕組んだ人が自殺のきっかけを作った真犯人とも言えるのでは。

こちらでは、ドーピングの真犯人は誰かを考察していきます!

 

結論は、推測ですが、ネタバレを含んで書いていきますので、まだ動画を見ていないという方は、動画で楽しむこともおすすめです!

見逃し動画はhuluで配信されています。初回登録から2週間は無料でお試し視聴できますので動画も見たいという方はまずhuluでチェックしてみてください!

huluで「3年A組」を今すぐ無料視聴する!
 

それでは、景山澪奈のドーピング事件の真相を考察していきますっ!

スポンサーリンク

3年A組のドーピングが仕組まれたことである理由

1話の中で、景山澪奈は「ドーピングをしていない」と言っているシーンがありました。

そして、実際のところ、ドーピング検査で陽性が出たという答えはありませんでした。

ドーピングをしてるとネットに書き込まれていたというあくまで噂。マイボ(MINDVOICE)でも1位になっていた言う話がありました。

つまり、ドーピングの薬を飲んだという事実は見つかっていません。

そして、1話の中で、茅野さくら(永野芽郁)が本音を開放してみんなに泣きながら語ったシーン。

「澪奈はいつも凛としてて結局薬物なんてやっていなかったし、情報に踊らされて彼女を追い詰めたのはあんた達だったじゃない!」というセリフがありました。

つまり、少なくともドーピングの事実はなく、あくまで仕組まれたものであることが考えられます。

ドーピングを仕組んだ真犯人は誰?熊沢花恋(堀田真由)?

1話の最初に柊一颯が飛び降りるシーン。記憶が走馬灯のようにフラッシュバッックするシーン。

そのフラッシュバックの中からヒントになりそうなものがありました。

景山澪奈ドーピング真犯人

MELLTABという、いかにも薬っぽい瓶をロッカーに入れるような映像が流れていました。

そして、このジャージ。

水泳部のジャージを着ているのが分かります。

では、水泳部の誰かが真犯人なのではないか?

ということで、推測されるのは、熊沢花恋(堀田真由)ではないでしょうか。

熊沢花恋(堀田真由)

新記録を出した、景山澪奈を睨むような目で見るシーン。

ここから推測されるのは、水泳の能力で嫉妬をしていて、仕組んだ犯人ではないかと・・・・

そして、二人のこの関係を示唆するかのようにフラッシュバックの中で景山澪奈と熊沢花恋のシーン。

熊沢花恋、景山澪奈

やっぱり、真犯人は、熊沢花恋だ・・・!

と思ったのですが、フラッシュバックのシーンの中でこんな動画がありました。

真壁翔、神尾楓珠

 

熊沢花恋(堀田真由)

 

ゴールして真っ先に見たのが、真壁翔(神尾楓珠)です。

そして、新記録更新だよ!と景山澪奈に嬉しそうに話す真壁翔。

その後に、先程の睨むシーンへの流れに変わっていきます。

その様子を見たときに、熊沢花恋は、水泳部のマネージャーある真壁翔のことが好きで、その真壁翔が景山澪奈のことが好きなことに嫉妬しているのではないか・・・と。

 

公式HPに、

伝統水泳部支えるイケメンマネージャー!
ある生徒への恋が大事件に!?

とあります。

この恋が景山澪奈への恋だとすると、それが引き金になって、熊沢花恋が景山澪奈にドーピング疑惑を仕込む。

その結果、イジメへと発展して大事件に・・・というストーリーが考察されます。

スポンサーリンク

気になるのは、逢沢博己(萩原利久)!

熊沢花恋が犯人かと思うのですが、熊沢花恋は、水泳部の責任か・・と押し付けられそうになった時に本気で、「私達何もしてないし!」という動揺が見受けられました。

仮に熊沢花恋が真犯人ではないとすると気になるのは、逢沢博己(萩原利久)と宇佐美 香帆(川栄李奈)。

逢沢博己はビデオカメラをいつも撮っている人で美術部です。

柊一颯は、そのビデオの映像で景山澪奈に関するものを全部ダビングしたという話しがありました。

もしも、最初のシーンでのフラッシュバックの映像が、柊一颯の記憶の映像だとするならば、そもそも、ドーピングの薬をローカーに入れる映像を撮ったのは、逢沢博己ではないかとも考えられます。

そうなると共犯ということに。しかも、景山澪奈への共犯でありながら、そのビデオを柊一颯に渡すという共犯と言うことにも。。。

そう考えていくと、水泳部のジャージはあえてフェイクとして着たもので、必ずしも水泳部の熊沢花恋と言うわけではないと言えます。

ドーピング投稿の真犯人は宇佐美 香帆(川栄李奈)か?

そしてもうひとり動機を感じるのは、宇佐美 香帆(川栄李奈)ですね。

もともとは景山澪奈と仲良かったのに、茅野さくらに取られるシーンがありました。

「先約があるから!」とバッサリきられたことで、好きだからこその恨みに変わったようにも見受けられます。

宇佐美 香帆(川栄李奈)

1話の中で、景山澪奈と仲良かったのが、香帆でしょ?と言われると嬉しそうにするけど、茅野さくらが仲良かったという話しになるとイラつく表情を見せていました。

さらには、茅野さくらに、景山澪奈を無視するように促したのも宇佐美香帆です。

宇佐美香帆が核心部分に絡んできそうな予感がします。

 

ドーピングの投稿をした真犯人が、宇佐美 香帆かどうかはわからないですが、少なくとも、ドーピングに関与していて一連のイジメを手動している犯人ではないかと考えられます。

とは言え、まだ1話までの情報をもとにした推測ですので、これから明かされる情報がより複雑に真相を覆い隠して結末までゾクゾクさせてくれると期待して予想も楽しんでいきたいと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう