スキャンダル専門弁護士QUEEN

ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」4話が放送されました!!

難しい依頼を策略を練って挑んだり、小ネタもあって笑ってしまうところもあり、なかなか見ごたえのあるドラマですね!

それでは、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」4話のネタバレ(あらすじ)と感想を述べていきます!

スポンサーリンク

ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」4話のネタバレ!

今回の依頼はご近所トラブル!!

鈴木法律事務所の危機管理専門弁護士・氷見江(竹内結子)は、同僚の与田知恵(水川あさみ)、藤枝修二(中川大志)、真野聖子(斉藤由貴)と、子連れで議会に出た土方朝子(江藤あや)とそれを非難する柿崎(アキラ100%)のやり取りをテレビで見ていました。
そこへ鈴木太郎(バカリズム)が大手ゼネコンの次期社長候補、佐久間からの依頼を持ち込んできます。
内容はご近所トラブルの解消。

佐久間家の玄関前にゴミが撒かれたりして嫌がらせを受けていました。
タワーマンションに住むママ友たちのお茶会に潜入する氷見と与田ですが、氷見はママ友トラブルが苦手と帰ります。
藤枝はお茶会の間、子供達の面倒を見る役目。

藤枝の張り込みと謎のビラ

そんな中、佐久間の妻・京子(原田佳奈)が何者かに階段から突き落とされます。
軽傷で済みましたが、セキュリティの強さ、京子の息子・怜(南出凌嘉)が私立中学に合格したことを僻むマンションに住むママ友が怪しいと推測し、藤枝はマンションで張り込みをします。
犯人と思われる人物がやってきますが逃げられます。
犯人が落としたミントタブレットのケースを証拠として持ち帰ります。
与田は佐久間家のゴミ袋から「オマエタチノカコヲスベテシッテイル」と書かれたビラを発見します。

学校での怜の様子

誹謗中傷のビラは怜の学校にまで貼られるように。
怜のことが心配になった藤枝は小学校へ行き、授業中でもノートを塗り潰したりしてクラスで孤立していたり、下校時も柿崎の息子たちに嫌がらせされパニックになっているのを見ます。

氷見たちの潜入捜査!

氷見、与田、真野は柿崎議員の妻でありタワマンのボスママ・美恵がオーナーを務めるヨガスタジオに潜入します。
そこで以前怜のことについて学校と問題があったことを聞きます。
怜の1年のときの担任・佐野太一がストレスにより鬱になって入退院を繰り返し、先月自殺未遂をして意識不明の状態で今も入院していました。
病室に来た氷見たちは、置いてあった写真に映る妻らしき人物が、以前犯人が落としたタブレットケースに貼られていたシールのスーパーのエプロンを着ていることを確認します。

怜が失踪!?本当の想い

そこへ、怜がいなくなったと京子から連絡が入ります。
怜は友達に「消えます」と連絡していたことが判明。
そして佐野の妻・亜矢から、迷惑がかかるので辞めるとスーパーに連絡があったことも確認。
自ら海に飛び込もうとする怜を止める亜矢のところに京子や氷見たちが駆けつけます。
怜は私立中学へ行くことで認めてくれる友達と離れ、また一人になり、変だと言われることを不安がっていました。

本当の敵

その後、事務所で氷見、京子、亜矢で話し合います。
怜は発達障害で今は薬を使って学校へ通えていました。
亜矢は佐野が、怜と向き合うことで他の保護者のクレームと、京子からのクレームの板挟みになり鬱になったと。
一方、私立中学に受かったことを祝われる京子を見て憎しみが湧き、京子を階段から突き落としたのです。
しかし、京子は教育委員会に太いパイプをもつ柿崎議員に金銭を渡し、佐野の問題を取り消していました。
罵り合う二人に氷見はその怒りを制度という大きな敵に向けてと言います。

氷見の策略

土方議員が行ってきたパフォーマンスは全て氷見の作戦によるものでした。
柿崎議員の土方議員に対する荒い言動にSNSは炎上。
氷見は柿崎議員に会い、真野が行ったハニートラップの音声を聞かせたりして柿崎議員のネタを出し、条件付きで助けると言います。
その後柿崎議員は、議会で教員の処遇改善策の再検討を提案。
教員の増員など、働き方改革のデモを行い、認められます。
友達と同じ中学に行くことになり嬉しそうな怜を見て安心する京子でした。

スポンサーリンク

ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」4話の感想~社会問題の詰め込みすぎ!?~

う~ん、今回は問題の一つ一つが大きくて、1時間で済まされるのか!?といった感想を持ちました。
教員の処遇改善、教育制度のあり方、子供の障害の問題、ママ友たちのマウンティング・・・どれを取っても現代を象徴していて、誰もが大きなストレスを抱えながら生きているという深刻な事態を取り扱った内容でした。

タワマンにボスママがいて、結局は失脚するというテーマのドラマや書籍はたくさんありますが(笑)
タワマンに住んだことも住む予定も無い私としては、こんなに目にするのだから事実であり日常茶飯事なのかと思ってしまいます!

発達障害に関しても取り上げていましたが、たとえ教員が子供の個性を認めて上手くやっていこうとしても、周囲が認めず、今の教育制度では手も足も出ないという現状があるのかもしれません。
もっと教育について世の中の考え方が変わっていけばなぁと考えさせられました。

柿崎議員を演じたアキラ100%さん!!演技力高かったですよね(笑)

あと、水川さん、バカリズムさんとのやり取りでこらえきれず笑っているところがありましたよね!!
そういうのを見るのが個人的に結構好きです(笑)

まとめ 氷見の策略が毎回驚愕!!

土方議員を操った氷見ですが、そこでも名前が出てきた気になる吾妻議員の存在。
茂呂から、氷見が吾妻議員の政策秘書をしていたと発言がありましたが・・・。

氷見が言っていた「事故」とは茂呂が以前見せてきた記事のことですよね。
この事故を追求することにより、政治が絡むような問題に発展していくのでしょうか!?

しかし、茂呂に弱みを握られる前に弱みを握ってしまうなど、毎回氷見の頭の回転力には驚かされます!!

次回はどんな策を見せてくれるのでしょうか!?期待しましょう!!

4話でゲストを好演していた原田佳奈さんについてもとりあげてみましたので併せてご覧いただければ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう