トレース科捜研の男

新章突入のドラマ「トレース」の6話が放送されました!
凄惨な事件の真相がだんだん紐解かれていきます!!
毎回悲しい事実で泣いてしまいますが、今回はどうでしょうか。

それでは、「トレース」6話のネタバレ(あらすじ)と感想を述べていきます!

スポンサーリンク

ドラマ「トレース」6話のネタバレ!

ホームレスの溺死体が発見される

「兄のことで話がある」そう言って呼び出された真野礼二(錦戸亮)でしたが、結局誰も来ませんでした。
翌日河川敷で一人のホームレスの遺体が発見されます。身元は新妻大介。高3の時に失踪しその後ずっと行方不明でした。
死因は溺死で、肺・喉・鼻に液体がありました。血中から向精神薬の成分が検出。
虎丸良平(船越英一郎)は科捜研に液体の成分と、遺体のそばに落ちていた古い軍手に付着していた血痕ようを鑑定依頼します。
科長の海塚律子(小雪)は水沢英里(岡崎紗絵)に担当させようとしますが、周囲の反対もあり真野と沢口ノンナ(新木優子)がすることに。

鑑定結果と臨場

液体からは水道水と鉄の成分が、軍手からは男性一人と女性二人のDNAが検出されます。
ノンナは軍手を鑑定し、まるで以前鑑定した跡のような穴があることを発見しますが、海塚に「ほつれじゃない?」と言われます。
臨場に出た虎丸はホームレスに聞き込みをしますが、これと言って情報はなく、しかし暮らしぶりがいいモームレスたちに疑問が生じます。

兄・義一の当時の担任

そこへ、一人の男性が花を手向けに来ます。
男性は早川尚文(萩原聖人)といい、新妻の失踪時の担任でした。
早川はある事件がきっかけで失踪したのではと虎丸に話し、その事件とは、真野の家族が惨殺され兄が首を吊って死亡した、あの武蔵野一家殺人事件だったのです。

新妻と義一の関係

真野は、元締めらしきホームレスがいない隙に小屋に入って冷凍庫の氷を採取しますが見つかり、袋叩きにあいます。
そこへ遺品を探しに来た早川に助けられ、病院で手当を受けます。
早川に自分が兄・源義一(倉悠貴)の弟だと言うと、早川は驚き、新妻と義一の関係を話します。
新妻は義一をいじめていた主犯の一人でした。
しかし、まさかあんな事件が起こるとは予想しておらず、罪悪感で失踪したのだと。

新妻は事故死

真野への傷害罪で逮捕されたホームレスたちは、薬の違法販売を行って儲けていました。
真野が採ってきた氷と、新妻の肺にあった液体の成分が一致。
薬を飲んだ新妻が氷を喉につまらせたという事故死でこの件は片付きますが、納得いかない虎丸。

海塚の不審な行動

真野はノンナから、25年前の事件は当時の科長・藤田慎太郎が担当しその下で海塚も一緒に鑑定していたと聞きます。藤田の家から海塚が出てくるところを目撃。
藤田は10年前に肝臓ガンで他界していました。藤田の妻に「科捜研の人間とお付き合いはありますか」と聞くと「無い」と嘘をつかれます。
真野は早川から、当時新妻は事情聴取を受け指紋も採取されていたと聞き、25年前の事件と今回の新妻の事件は繋がっているのかもと思いつきます。
海塚は真野から、軍手と家族のDNA型を鑑定すると言われ、真野のPCから軍手のデータを改ざんしようとしますが、そうするように仕向けた真野に見つかります。
真野はすでに鑑定しており、父・母・姉のDNA型が軍手の血痕ようのDNA型と一致したことを突き止めました。
当時鑑定していた証拠品の軍手を見て、どうして知らないふりをしたのか、何を隠そうとしているのか海塚に詰め寄ります。

~真相編・海塚律子の話~

海塚は当時、藤田とともに事件を担当していました。
鑑定をしていると、事件に関する全ての資料を提出しろという命令書が上から出ます。
代わりに改ざんされた鑑定書の控えを渡され、それが今のファイルとして残っているもの。
しかし、藤田が亡くなったときに藤田の妻から、事件の鑑定書の控えや捜査資料をまとめたノートを渡されます。
それは、藤田が捜査本部に提出する前に密かに書き写していたものでした。
真野に隠そうとしたのは、真野が源礼二だと知っていて、心配だったから。これ以上苦しんで欲しくない、前に進んで欲しいと思ったからでした。

ノートを読んでいた真野は、高校1年生だった姉の仁美(夏子)が死亡時、妊娠していたという事実を知ります。

スポンサーリンク


 

ドラマ「トレース」6話の感想

今回は泣くお話ではなかったですね。毎回号泣させられるので、身構えていたのですが(笑)
どうやら、真野の過去の事件が一気に表に出てきた感じです。
海塚科長がやっと出演場面が多くなりました。
ただ見守っている感じでしたが、きっと何か関係あるんだろうな~という雰囲気はプンプンしてましたから~。

あの軍手、処分された証拠品なのでしょうが、どうして新妻のそばにあったのでしょうか?処分されていなかったということでしょうか?
それでも普通に世の中に出回るものではないですよね!!謎です・・・。

新妻の事件、警察としては事故として解決されたのでしょうが、虎丸刑事は納得していませんでしたね。

早川先生がもしかしたら犯人!?と思いましたけど、だったら警察の上層部が隠そうとする必要ないですよね。
礼二の家族を惨殺した真犯人が警察関係者で、それを隠すために捜査を打ち切り、義一を犯人とした、という筋書きなのでは?などと今回もいろいろ推測してしまいましたよ!

まとめ 姉・仁美は妊娠していた!!父親は誰?原作では・・・?

姉の仁美が妊娠していたという衝撃の事実発覚で終わった6話でしたね。
どうして妊娠したのか、お腹の子の父親が誰なのかでかなり事件の真相が見えてくるのではないでしょうか。

※ここからは原作のネタバレです※

原作では、真野礼二の姉の仁美は、兄をいじめていたグループに強姦されていて、そのグループの誰かが父親ではないかとDNAを紐解きながら追求しています。

そのイジメのグループの主犯格が、壇浩輝です。壇浩輝のDNAを鑑定すると、結果は父親ではありませんでしたが・・・まだ父親が誰なのか答えは出ていません。

ちなみに、原作は練馬一家殺人事件となっていますが、ドラマの中では、武蔵野一家殺人事件となっています。

ちょいちょい原作と変わってきていますので、必ずしも原作と同じ結末とはならない可能性もあります。

ドラマもいよいよ後半戦に向けて進んでいますので、ドラマを見ながら推理を楽しんでいくことになりそうですね!

次回は予告を見ると、過去の事件とは関連性がないお話のようですが、どうなんでしょうか!?

AAAの宇野実彩子さんも初の刑事役で出演されます!!楽しみです!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう