トレース科捜研の男

サスペンスドラマなのに真実がわかったとき、いつも涙してしまうドラマ「トレース」。

5話が放送されました!

今回も涙なくしては見られない真実が待っているのでしょうか。

それでは、「トレース」5話のネタバレ(あらすじ)と感想を述べていきます!

ネタバレを見ずに動画を見たい場合は、下記コンテンツにて見逃し動画を見る方法をまとめています。

“]

よろしければご参照ください!

スポンサーリンク

ドラマ「トレース」5話のあらすじとネタバレ!

18年前の事件

18年前、身代金誘拐事件が起きます。連れ去られたのは生後6ヶ月の乳児。
3000万の身代金を指定場所に置いたあと、乳児がいると言われたコテージに両親が駆けつけると、乳児の姿は無く誘拐した犯人・神崎徹(石垣佑磨)が殺害されていました。

事件発生!犯人は被害者?

そして現在。
山道の途中で遺体が発見されます。
被害者は海東奈津美(滝沢沙織)、死後三日が経過していました。
遺体には奈津美のものとは違う毛髪が付着していました。
その毛髪のDNAはあの連れ去られた乳児・島本優のものと一致しました。

被害者のポケットの土の謎

優の父親・彰(山中聡)と母親・彩花(矢田亜希子)は18年たった今でも街頭に立ち、ビラを配って行方を探していました。
奈津美のポケットに土が入っていたことに疑問を感じた真野礼二(錦戸亮)は、沢口ノンナ(新木優子)とともに遺体のあった現場付近で掘り返された形跡のある場所を発見。
奈津美はそこへ一度埋められてから、発見場所まで運ばれたのではと推測します。
その土から奈津美の毛髪が発見され、埋められていたことが立証されました。

奈津美の過去

また、刑事・虎丸(船越英一郎)らは奈津美の家から神崎殺しの凶器と思われる包丁を発見し、真野に鑑定を依頼。
奈津美は18年前、神崎の子供を妊娠しましたが神崎に堕せと言われ、さらに子宮がんが見つかり子供を産めない体になってしまいました。
包丁からは神崎の血液が検出され、犯人は奈津美に確定。

優が自首!郁子を庇って?

優(山本舞香)が自首してきました。
親子関係を証明するため両親のDNA鑑定をした結果、母親は彩花でしたが父親は彰ではありませんでした。
虎丸は、18年育ててくれた養護施設を運営する上野郁子(安藤玉恵)を優が庇っていると推測。
しかし証拠が何も出てきません。
真野は優の部屋を臨場します。
ノンナは彩花に本当のことを言わないと優がこのまま送検されてしまうと話します。
真実を話すことをためらった彩花でしたが、後日科捜研へ彰とともにやってきます。

ネタバレ~解決編~

1.神崎を殺害した犯人は奈津美

子供を堕胎した後、神崎が奈津美に優の面倒を見ろと預けにきます。
コテージで神崎が島本夫婦に身代金要求の電話をしているそばには奈津美と優がいました。
奈津美はお金なんかいらないとその場を後にしようとしますが、神崎が「あの時産んでおけばよかったか?」と鼻で笑われ殺意が芽生え、殺害します。

2.奈津美を殺害した犯人は郁子

神崎を殺害した奈津美は優を連れ去り、身代金を回収。
乳児の面倒を見きれず郁子に優をお願いしますが、郁子は犯罪が絡んだ子供は引き受けられないと断ります。
しかし、経営難だった郁子は奈津美から身代金を受け取ることで優を預かることにしたのです。
18年後、奈津美が郁子のもとを訪れ、誘拐された子供を預かっていることがバレたらこの施設は終わりだと郁子をゆするようになりました。
郁子は奈津美を殺害しましたが、足が不自由なため出生の真相をエサに優を呼び出し、遺体を遺棄させます。

3.優の本当の父親

彩花は学生時代、神崎と付き合っていました。
結婚後、神崎は付き合っていたときの写真を彰の職場にバラまくと彩花を脅し、体の関係を求めてきました。
そして彩花は優を妊娠し、出産後のDNA鑑定で彰の子供ではないと知ります。
神崎がまた現れ、身代金事件を持ちかけられます。
3000万を渡したら優を返してもらう予定でしたが、神崎は殺され優はいなくなりました。

4.遺体が掘り起こされた理由

優は、郁子が捕まれば昔のことが公になり彩花が捕まるかもしれないと思い出頭したのです。母を守るためだったのです。
そんなはずは無いという彩花に真野は、臨場で発見したビラと監視カメラの映像から、優が両親に会いに行っていたと話します。
優は名乗り出ようとしますが、優の妹と幸せそうな両親の姿を見て、この幸せな家族を壊すわけにはいかないと罪をかぶろうとしました。
そして、遺体を掘り起こし発見されやすい場所に移動させ、自分の毛髪を現場に残したのです。

その後、優が全て自供し、郁子は逮捕されました。

スポンサーリンク

ドラマ「トレース」5話の感想~血の繋がらない娘への父親の愛に号泣!山中聡の演技が上手すぎる

やはり今回も号泣の回でした!!
「優」という名前をつけた理由を涙ながらに話すシーンなどは、何度見ても号泣必至です。
こんな立派な人、本当にいるのでしょうか。
妻と、血の繋がらない娘への愛が偉大すぎて。
脅されていたとはいえ、18年も探し続けた娘が自分の子供ではないことを知ってすぐ、妻に気遣いを見せることができる人なんてそうそういませんよね!!

また、このシーンの父親役、山中聡さんの演技目に焼き付くほど心に刺さるお芝居でした。

抑えても抑えきれない18年分のこみ上げてくる気持ちの表現、圧倒的な演技力を感じます。

優も18年も離れていたのに、母と家族を守ろうとするその気持ちが、本当に名前の通りだなと。
離れていても父親の願う通りの女性に成長していると思うとこれまた涙(笑)。
私、後半ずっと泣いていました!!

優を演じた山本舞香さんについては下記コンテンツでも紹介しています。

神崎の救いようのないゲスっぷりも酷すぎてアッパレですけどね~。
奈津美は可哀想な女性でしたね。
堕胎させられた挙句、あんな酷い一言を言わたら殺意も芽生えて当然です!
その後郁子をゆすったのはよくないですが・・・。

そして、ノンナの真野に対する想いがだんだん出てきましたね。
「明日休みだろ、何してる?」とか言われたらそりゃ仕事だなんて思えないですよ!真野さん!!
ノンナ、せっかくオシャレしたのに残念でした・・・。

まとめ 兄の秘密を知る人物登場!?

「話しがある。君のお兄さんのことだ」
最後に真野にかかってきた電話の相手は誰なんでしょうか!?

いよいよ真野の過去が明らかになっていきそうですよ!!

不気味な壇浩輝(千原ジュニア)も登場してくるのでしょうか。

そして次回のキャストで萩原聖人さんが出演します!真野の過去の事件に関わる人物を演じるということですが・・・。

次回も楽しみです!!

トレースの見逃し動画を見る方法もまとめていますので、1話からまた見直したい場合はこちらをご参照ください!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう