下町ロケット2

この秋10月より、阿部寛主演のドラマ「下町ロケット」が帰ってきます。

TBS日曜劇場で2015年にドラマファンを感動させたあの物語の続編が放送されることになりました。

原作は池井戸潤氏の新作「下町ロケット ゴースト」、それに放送が始まってから発売予定の「下町ロケット ヤタガラス」です。

 

今回も佃製作所に集結した精鋭メンバーからどんな最新技術や知恵が飛び出すのかを楽しみにしたいと思います。

そこで放送前に続編「下町ロケット」のあらすじと見どころ、それに注目のキャスト中川京一弁護士 を演じる池畑慎之介の詳細をまとめてみました!

スポンサーリンク

2018年秋ドラマ「下町ロケット」のあらすじと見どころ

 

今回も物語の冒頭で佃航平社長(阿部寛)が率いる佃製作所は、大口顧客のヤマタニから主力製品である小型エンジンの取引打ち切りを通告されて、いきなり大きな試練に直面します。

「性能よりもコスト」ヤマタニの新社長の方針変更によって、性能重視で開発に取り組んできた佃製作所は対処が出来ません。

「コストを重視し性能を抑えた」エンジンで佃製作所を凌駕した新規参入メーカーのダイダロスがヤマタニの受注をさらったと聞いた佃社長は、大きな経営方針の転換を迫られていると感じていました。

そんな時、経理部長の殿村(立川談春)の父親が病気で倒れ、栃木の実家へ見舞った佃がそこで父の代わりにトラクターを操作する殿村の様子を見て、ある新規事業への技術開発のヒントが閃(ひらめ)きます。

トラクターの性能の良し悪しはエンジンではなく「トランスミッション」の品質にあるんだ!

ここから佃製作所が培ってきたバルブの開発技術を生かしてトランスミッション専門メーカーのギアゴーストと組み新規事業への参入をめざし、佃航平は迫る経営の危機から脱却を図ります。

そこに立ちはだかるのが、またもや田村・中川法律事務所で知財専門の中川弁護士(池畑慎之介)です。

ギアゴーストの足元をすくい顧問先ケーマシナリーの特許権侵害被害の提訴を予告してきたのです。

新技術開発の命運を左右しかねない事態に、佃は神谷弁護士(恵俊彰)をギヤゴーストに引き合わせます。
こうして、再び知的財産権をめぐる神谷弁護士と中川弁護士との熾烈な戦いが幕を開けるのでした。

一方その頃、帝国重工内ではロケット事業を強力に推進してきた藤間秀樹社長(杉良太郎)から的場俊一への社長交代が内定したとの報が流れ始めます。

そして的場次期社長の意向を受けて、水原宇宙航空部本部長は帝国重工の原子力事業での失敗や造船事業での納期遅れによる損失をカバーするため、収益がまだ見えてこない大型ロケット打ち上げを中止する方針を、この事業を牽引してきた財前部長に伝えたのでした。

このことは帝国重工向けにロケット用水素エンジンのバルブシステムを開発納入している佃製作所にとっても大事件です。

そして、これまで命運を共にしてきた財前部長の去就は佃航平にとっても激震を意味するものになります。

スポンサーリンク

「下町ロケット2」の注目のキャストは中川京一弁護士 役の池畑慎之介!

やはり「下町ロケット」のストーリーには知財専門弁護士の中川京一を欠かすことは出来ません。

知的財産権を武器に戦略を推進しようとする企業を助け、競争相手の知財管理の甘さに付け入り訴訟をチラつかせながら多額の損害賠償金や買収を実らせるブラックな存在が中川弁護士の役柄なのです。

前作、ターゲットにされたのは佃製作所の小型エンジン「ステラ」で、中川弁護士は大手エンジンメーカーで顧問先のナカシマ工業の特許を侵害したと佃製作所を提訴したのです。

その際に佃が元妻の和泉沙耶(真矢ミキ)から紹介された弁護士が神谷修一(恵俊彰)だったのです。

中川弁護士のこの案件での法廷戦略は勝訴を得ることではなく、裁判を長引かせて佃製作所の財政的な体力を衰えさせ和解に持ち込んで、技術力の優れた佃製作所を和解金で買収することにあります。

その意図を見抜いた神谷弁護士が取った対策は、ナカシマ工業を特許権侵害で逆提訴することでした。

どちらも知財専門の弁護士なので判決の推測はつきます。

結局、裁判長の早期の和解勧告によりナカシマ工業側が56億円という巨額の賠償金を佃製作所に支払う和解が成立したのです。

これで、凄腕と噂されていた神谷弁護士の名声は一挙に高まったのに対し、中川弁護士はプライドを失い、続編では法を犯すという取り返しのつかない失策をしてしまうことになるのです。

その中川京一を演じるのが池畑慎之介さんです。

池畑慎之介とピーターの違い

父親が舞踏家の吉村流の家元だったことから跡継ぎとして厳しく仕込まれた幼少のころが池畑慎之介さんにはあります。

その経験が芸能の道で花開くのは、意外や!歌手・ピーターとしてでした。

1969年に当時17歳で、デビュー曲「夜と朝のあいだに」が第11回日本レコード大賞最優秀新人賞に輝いたのです。

これをきっかけに以来、歌手・俳優・バラエティタレントなど様々な芸能活動を芸名ピーターとして続けます。

1985年には黒澤明監督の時代劇映画「乱」での物語の重要なモチーフとなる狂言師の役によってピーターを俳優として認識するファンが多くなります。

翌年の1986年には松竹映画「十手舞」、さらに1989年にはヒットしたテレビドラマ「子連れ狼」にも出演しています。
1990年代には「大忠臣蔵」「銭形平次」など時代劇を彩るスターとして活躍と続けました。

2000年代に入るとピーターの活躍の場はバラエティ番組が中心になります。

中でも有名になったのはタレントが料理を競う番組「愛のエプロン」でした。
女装しての料理対決が面白く、そこでピーターが優勝したことから他の料理番組にも出演機会が多くなり料理名人とまで言われるようになります。

俳優としての活動を再度本格化させるのは2015年のTBS「美しき罠〜残花繚乱〜」からでテレビ朝日「陰陽師」につづき「下町ロケット」の中川京一役が好評を得たのです。

ピーターと池畑慎之介の違いは、「池畑慎之介」を役者名として使っています。

しかし、2018年に「ピーターを休養します。」と言い、2019年から芸能活動を休養すると語っている池畑慎之介さん。

そう言った意味でも、下町ロケット2での活躍には注目が集まります!

 

まとめ~神谷弁護士VS中川弁護士に注目!~

池井戸潤氏の原作小説「下町ロケット」が面白いのは、技術力だけが頼りの中小企業が巨大な組織や資金力をもつ大企業の横暴に立ち向かい、打ち破ってゆくサクセスストーリーだからです。

もちろんそこには知恵を絞る若い技術者たちの情熱や経営者佃航平と社員の信頼で結ばれた絆と云ったヒューマニスティックな物語の部分が底流にあっての筋立てとなっていることは間違いありません。

しかし、更にドラマが際立たせているもう一つの要素は、神谷弁護士と中川弁護士の知的財産権をめぐる対決です。
このドラマではここに恵俊彰さんと池畑慎之介さんという異色のタレントを配役したことで、解りづらい法律論争をむしろ興味を引き出す道具に変えています。

そういう意味で、下町ロケット2でも中川京一役の池畑慎之介さんの日本中を敵に回す秀逸な演技が物語を見逃せないものにするに違いない注目のキャストです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう