主婦カツ!

NHKBSのプレミアムドラマ「主婦カツ!」の1話の放送されました。

20年間主婦を続けた方の就職活動ということで、どういう内容になるのかと思って見ていましたが思ったよりも面白い内容でした。

主人公の宮本夏子(鈴木保奈美)が温かい家族すぎてほんわかします。

主婦の就職活動というテーマとともに家族愛も感じられるドラマになっていますね!

 

ここでは、主婦カツ!の1話のあらすじ(ネタバレ)と感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

ドラマ「主婦カツ!」1話のあらすじ(ネタバレ)

主婦カツをご覧になった方から、お寄せいただいたあらすじ(ネタバレ)を紹介していきます。

同じあらすじですが、見た方によって注目したポイントが異なるのも面白いポイントですので、その点にも注目してご覧くださいっ!

40代女性40代女性

宮本夏子(鈴木保奈美)は専業主婦として幸せにくらしていました。
娘 華(島崎遙香)の20歳の誕生日に 夫 明良(宇梶剛士)が会社を辞めてきて、無農薬農業をすると言い出します。
当然みんな反対すると思っていた夏子でしたが、子供たちは夫に賛成し、拍子抜けします。

みんな自由にやりたいことをやろうと子供たちに提案されますが、何をしていいのかわからない夏子。
仕事を探すことにするして、ネットで検索するし応募するが、すべて不採用になります。

学校の会議で倉木先生(青柳翔)に息子 幸太郎(今井悠貴)が部活を休みがちで心配だといわれますが、
幸太郎は部活をやめると宣言します。

夏子は行きつけのスーパーでスカウトされますが、裏表の激しい店長に愛想をつかし逆に断ります。

通りすがりのスーパーに買い物に行きますが、あまりの段取りの悪さに思わず仕切りだしてしまいます。

そこで夏子はそのスーパーで働くことを決めます。(ペンネーム/みなのすけ)

 

50代女性50代女性

主人公の夏子は20年間専業主婦をやってきました。
しかし、長女の華が二十歳を迎えたその日に、夫は家族に何の相談もなしに、突然会社を退職します。

夫は以前からやりたかった無農薬農業をやりたいとの熱意に負け、家族はそれを承諾します。
当然、今後の収入が不安定になることもあり、夏子は就職活動を開始します。

ですが、仕事のブランクが長い夏子にとっては、仕事探しは予想以上に大変でした。
そんな時、行きつけのスーパーで働くことが決まりかけた時、店長の従業員への態度が気に入らずに辞退してしまいます。

しかし、別のスーパーで自主的に手伝いをしたことがきっかけで、夏子はそのスーパーで働くことを決めました。
夏子の一家も今後はいろいろなことが起こりそうな気配です。(ペンネーム/秋子)

 

50代女性50代女性

専業主婦だった主人公夏子が、夫が突然「会社を辞めてきた」というところから新しい人生を始める物語。

20年間専業主婦だった主人公夏子は、大学生の娘と高校生の息子を持つ4人家族。娘の20歳の誕生日の日に、夫が突然、「会社を辞めてきた!」と帰ってきた。

無農薬野菜の農家になると宣言する。

家族の応援をよそに、これからのことに不安を感じた夏子は就職活動を始める。20年ぶりの職探しになかなか面接までいかない日々が続いた。

いつも買い物をするスーパーに立ち寄った時、店長からパートの誘いを受ける。しかし、店長の主婦に対する考え方に納得がいかず断る。

ある日昔よく行っていたスーパーの安売りのチラシを見て買い物に行くとスタッフの動きが悪い所に居合わせた夏子は手伝いを始める。

主婦の味方のようなスーパーに魅力を感じた夏子は働かせてくれと店長に頼む。採用された夏子のパートが始まった。(ペンネーム/グラハム)

スポンサーリンク

ドラマ「主婦カツ!」1話の感想と評価!

ドラマ「主婦カツ!」1話の感想を紹介していきます!

 

40代女性40代女性

鈴木保奈美さん演じる 夏子がとてもかわいらしくて 見ていて気分がよかったです。
あんなほんわかしたママになりたいです。

でも、時代遅れになってしまった情報でアタフタしつつも自信満々だった夏子が
打ち砕かれてしまうのを見てるのは、ちょっと切なかったです。

農業をはじめる初期投資に退職金をたくさん使ってしまう夫にはいらだちを隠せませんでした。
普通相談して欲しいですよね。夏子はよく我慢できるものだと感心させられました。

グランデ店長の横柄な態度が、あるあるでちょっと悲しくなります。本当休むのもうまく休めないんですよね。
あちこちで主婦に対する差別に物申す夏子にすっきりしました。

最後は、夏子のポジティブさがとても素敵で、見終わった後に元気がでます。

(5段階評価:★★★★★)(ペンーネーム/みなのすけ)

グランデ店長のあるある感は、本当に見ていて辛いものがありましたよね。

ドラマなので誇張表現的な演技ではあるものの、こういう人っているしそれでも仕事するしかないっていうリアル感が苦しい気持ちになります。

 

50代女性50代女性

20年も専業主婦をやってきた経験を活かして、スーパーで働くことになったのは良かったと思います。
しかし、グランデでは時給が高いけれども、従業員を大切にしていない姿勢は問題があると思いました。

それにしても、主人公の夏子の夫が突然、会社を退職して農業に従事するのにはかなり驚きました。
子供たちはまだまだお金がかかる年代なのに、その辺はどう考えているのだろうと思ってしまいました。

せめて息子が大学を卒業して就職してから、好きな仕事に転職しても良かったのではないかと思います。
なぜこのタイミングで転職をしたのか、また家族はそれを応援しているのか少し理解できませんでした。

この家族にとっては、この時が大きな転換期なのだと思います。
これからいろいろなことが起こりそうです。(評価:★★★)(ペンネーム/秋子)

仕事をやめるタイミングに無理矢理感を感じている方は多そうですね。

とは言え、この突然やめた設定が伏線となって後半で回収してくれるとしびれるなぁと期待もあります。

50代女性50代女性

相談もしないで会社を辞めてきた夫の行動に納得できないし、あまり責めない夏子もなんとも不思議な感じでした。

20年専業主婦をやってからの職探しの所で、何社も断られるところはリアルで履歴書にPTAの役員経歴を入れるところは専業主婦ってこういうことを書くんだと思ってしまい驚いて笑ってしまいました。

家族との話をする場面では「ワープロ」という言葉を夏子が無意識に言った時に、子ども達が知らなかったところも笑ってしまいました。

子どもたちの抱える問題と野菜作りの研修を始めた夫のこれからが気になります。

家族のために頑張ろうとする所と自分が輝けるようになりたいという感じの夏子の一生懸命さが気持ちよく応援したいと思いました。

(5段階評価★★★★)(ペンネーム/グラハム)

ちなみに、こんな声も寄せられています。

40代女性40代女性

岡野陸(岡田義徳)さんが最も注目したキャストになりました!

店長なのに ダメっぷりが頼りなくてすごく印象にのこりました。

これから ガンガン夏子に仕切られていきそうで楽しみです。

2話の予告では、岡野陸の元妻(山口紗弥加さん)も登場していましたので、次回は仕切られていくのでしょうか。

まとめ~島崎遥香(宮本華役)の人気も見逃せない~

主婦カツ!は鈴木保奈美さんが主演でテーマも20年間専業主婦をやっていたので、母親の宮本夏子(48)が主役ではあるものの、娘の宮本華を演じる島崎遥香さんに注目しているファンの方も非常に多いですね!

Twitter上では、島崎遥香さんへのコメントが溢れています。

 

 


20歳になってもこんなに素直で父親と仲の良い娘は、父親としては羨ましくも思う雰囲気ですよね。

父親の独立を反対するところを、おさめたのも、宮本華(島崎遥香さん)の一言でした。

ほんわかしてとても可愛らしいですね。まさに家族の華ですね。

ですが、、、

妊娠発覚ということで、次回から波乱の展開が期待されますねっ!!

 

以上、主婦カツ1話のネタバレと感想と注目のキャストについて紹介してきました!

2話も楽しみですっ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう