黄昏流星群、ドラマ

オトナの恋愛を描いた注目の黄昏流星群がいよいよスタートしました。

さすがはベテランぞろいのキャストというだけあって、安心してみれますねっ!

ここでは、ドラマ「黄昏流星群」の1話のネタバレと感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

 

「黄昏流星群」 1話のネタバレ

滝沢完治(佐々木蔵之介)は、大手銀行で働く勤続28年のサラリーマン。真面目な働きぶりで、若葉銀行新宿支店長を務めていた。若い女性社員からアプローチされることもしばしばあったが、〝不倫は銀行員の御法度〟と出世のためならと興味を示さない滝沢。滝沢の銀行は最優秀店舗に選ばれるほど優秀な銀行であり、問題もなく仕事は好調だった。

そんな滝澤の妻は専業主婦の真璃子(中山美穂)。一人娘、美咲(石川恋)を溺愛するおっとりとした女性だ。娘が可愛いがゆえに、仕事中毒の滝沢との夫婦仲もさほど不満に感じていなかった。穏やかな日々を過ごしていた真璃子だが、美咲より「会ってもらいたい人がいる」と突然言われ戸惑ってしまう。

本店から呼び出しのあった滝沢。栄転かと期待して出向いた滝沢だったが、物流会社・荻野倉庫への出向が命じられる。突然の左遷にどうして自分がと打ちひしがれる完治。滝沢に目をかけていた幹部がパワハラで訴えられ、それゆえ滝沢も左遷となってしまったのだ。自分には何も非がなかったのにと小さな居酒屋でヤケ酒をする滝沢。そこで、急にスイス・マッターホルンに行こうと決意し、翌日に出発する。真璃子には出張でスイスへ行くと嘘をついた。

マッターホルンの山でロープウェイに乗る滝沢。そこで出会ったのが目黒栞(黒木瞳)だ。同じ日本人ということもあり、ホテルで食事をする2人。栞の、「荷物を下ろしに来たんですか?」という言葉に肩の荷がおりた滝沢。絡まった心が一気にほぐれた。妻にも打ち明けられなかった左遷だが、栞にならあっさりと話せる滝沢であった。楽しく食事をし、次の日にまた山を見に行く約束をした2人。食事後、ホテルの部屋で栞にキスを迫る完治だったが、ごめんなさいと栞から拒否されてしまう。翌日、栞を探しに山へ登ったが見つけられなかった。

スイスから日本に帰ってきた滝沢。不在中に支店から電話があったことで、仕事での旅行ではないとバレてしまっていた。真璃子と美咲に旅行の件を問い詰められた滝沢だが、左遷のことは切り出せず、ただ行きたくなったと答える。美咲より浮気ではないかと言われる真璃子だったが、夫には正面からぶつかっていけない。

真璃子は夫が浮気しているのではないかと悶々と日々を過ごしている。そんな時、庭の手入れをしている時に指を切ってしまう。家の前を通りがかった日野春樹(藤井流星)にケガの手当てを優しくされる。この爽やかな好青年は一体、誰なんだろうかと驚く真璃子であった。

帰国してからも、もう一度栞に会いたい、栞と一緒に山を見たいと願う滝沢。そんな中、川崎市にある荻野倉庫を見に行った。その荻野倉庫で食堂で調理していたのがなんと栞であった。滝沢にあった瞬間、すぐに立ち去ろうとする栞。滝沢は駅まで栞を探しに行き、そこで念願の再会を果たした。お互い初めての自己紹介をしてそこで第1話は終了となりました。

スポンサーリンク

「黄昏流星群」 1話の感想

ついに始まりましたね!話題の大人の純愛ラブストーリー・黄昏流星群。ここでは、第1話を見た筆者が感じたことについて綴っていきたいと思います。

このドラマは、滝沢完治を演じる・佐々木蔵之介さん、妻の真璃子を演じる・中山美穂さん、滝沢の相手役を演じる・黒木瞳さんと3人の大人が主体となって描かれていくようですね。

やはり、大御所3人だけあって、ドラマはとても安定感がある気がします。演技に関しては、言うことなしになるのではないでしょうか。真面目なサラリーマンの滝沢役が佐々木蔵之介さんはバッチリはまっている。佐々木蔵之介さんって細身の長身なので、スーツが似合うんですよね。真璃子役の中山美穂さんは夫に遠慮している主婦っていうのがよく分かる。そして、黒木瞳さんの可憐さは顕在。今回、母親役ではない黒木瞳さんが見れるのが1つの楽しみとなっています。

物語は大まかに言えば不倫ストーリーになっていくんでしょうが、3人の落ち着いた雰囲気で爽やかに、印象良く見ていけそうです。(最初だけかもしれませんが…)滝沢がいきなり栞にキスしたシーンはびっくりしましたけどね。

滝沢夫妻については、こういう夫婦は今の時代多いのかなぁと思いました!仕事に没頭するアラフィフの夫は、妻的には決して不満はありませんよね。50歳にもなれば、亭主元気で留守が良いって言われる世代ですよね。でもその中には、不満はないけれど、何だか寂しく物足りなく感じている奥さんもいるんでしょうね。

第1話で私が注目した役柄は、滝沢の秘書役の本仮屋ユイカさん。久しぶりにテレビで見られた気がします!スーツ姿がとってもキュートでした。物語では、滝沢さんに好意を持っている秘書を演じていましたね。以前から可愛かったけれど、今回は綺麗に磨きがかかった気がします。滝沢が荻野倉庫に出向することで今後の出演は少なくなりそうですが、また出てきてほしいですね。

また、滝沢家のおしゃれなインテリアとのこと!カントリー調のセンスが良い素敵なインテリアに仕上がっていて、こんな家で毎日過ごせたら楽しいだろうなぁと思ってしまいました。これからもお家のシーンがたくさん出てくればいいなぁと期待。

第2話は、滝沢が若葉銀行を退職し、荻野倉庫へ出向し、栞との距離感がグッと近づきそうですね。そして、真璃子の方でもいきなり現れた好青年の存在が明らかとなりそうです。

母が娘の婚約者と恋に落ちるってどういうこと??

最初にこの設定があると知った時にかなり驚きました。だって、実の可愛い娘の婚約者ですよ?そんな母親っているんでしょうか?

第1話では、そんなシーンがありませんでしたね。真璃子と春樹が初めて会うというだけの展開で終わってしまいました。少し世間知らずで、主婦業一本で生活してきた真璃子。そんな女性って、ドラマ的には不倫にハマりやすいですよね。今後は真璃子と春樹の濃厚なラブシーンもあるという噂がありますよ。

これからの展開にドキドキして見ていきたいと思います。

スポンサーリンク

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう