僕らは奇跡でできている,ドラマ

 

ついに2018年秋の注目ドラマ「僕らは奇跡でできている」が放送開始いたしました。

初回の視聴率は、7.6%と低調気味のスタート。哲学的な要素もあって面白いという感想と、さすがにキャラクターぶっ飛びすぎ・・という感想に分かれているようです。

個人的には、面白いと思いましたが!

本記事ではドラマ1話のあらすじ・感想をまとめていきたいと思います!

スポンサーリンク

「僕らは奇跡でできている」1話のあらすじ(ネタバレ)

 

相河一輝(高橋一生)は生き物の不思議に目がない変わり者の大学講師。

 

陶芸家の祖父相河義隆(田中泯)の元、様々な生物が生息する大自然の中ですくすくと成長し、一輝の大学時代の動物心理学の講師で現教授の鮫島瞬(小林薫)の後押しもあり大学講師となった。生き物の事以外にはからっきし興味がなく、苦手な事は後回しにする杜撰(ずさん)な性格のため、住み込みの家政婦である山田妙子(戸田恵子)と同棲して生活している。もう一人の同居相手は亀のジョージ

 

一輝は一般的なルールが守れず普通の人には理解の出来ない感性の持ち主のため、授業に遅刻したり出席を取らなかったりなどで職場の事務長の熊野久志(阿南健治)にしょっちゅう叱られたり、同じ研究室の樫野木聡(要潤)や沼袋順平(児嶋一哉)からもほとほと呆れられていた。

彼が師事する生徒たちからは「授業が意味不明」だと不評。チャイムが鳴るとみんないそいそと立ち上がり帰ってしまう始末であった。

 

ある日、嫌な事を先送りにする性格が祟って暫く放置していた虫歯が物凄く痛み始めた一輝は、水本育美(榮倉奈々)が経営する歯科クリニックに係ることとなる。

育美は若くして委員長を務めており、容姿端麗でエリートという誰もが羨む輝かしい人生を送っていた。

 

その後に治療を受けた一輝はそこでも自分の過去の話をまくしたてるように話し始め、中々歯の治療を始めさせてくれず育美を困らせることに。診療時間を守らずに来院してきた一輝の所為(せい)で、料理教室に行く予定をキャンセルせずにいられなくなった育美は不満を募らせていく。

 

そんな育美は自身の婚約者と食事に出掛けるのだが、自分でアクセサリーを買ったり高級レストラン代をためらいなく奢ったりする育美に男としてのプライドがへし折られた彼に

「育美は俺のことを下に見てるだろ!」と言われてしまいショックを受ける。

何故そんなことを言われたのかさっぱり理解できない育美はモヤモヤした気持ちを抱える事になるのだが、そのイライラを同業者や一輝に対してぶつけてしまう。

そんな中一輝は育美にクリニックで知り合った子供との会話の中で生まれた謎、イソップ物語の「ウサギとカメ」の話をする。

「先生はどちらかというとウサギですね」という一輝の発言に納得がいかない様子の育美。

そして更にウサギに対しての「ウサギはカメを見下すために走るんです。自分がすごいって証明するために」という解釈を聞いた育美はついに耐え切れなくなって、「私のどこがウサギなんですか!!!」と強く問い詰めようとして、第1話は終盤へと向かっていきます。

スポンサーリンク

「僕らは奇跡でできている」1話の感想

 

ついに始まった「僕らは奇跡でできている」1話、個人的にはとても大満足な展開でした!予想通り高橋一生さんの個性的なキャラクターの演技力が並外れていて引き込まれてしまいました。大学で教鞭をとっている時の彼の捲したてるような口調と目が輝いていて生き生きとしている様子がとても面白く、ドラマ内の生徒たちは呆れていましたがああいう講師の授業を受けてみたいと思いました。

虫歯が悪化したのは自分のせいではなく家政婦さんのせいにするところも面白いですね(笑)変わり者の言動は見ていて全く飽きません。自らの興味のある分野以外に対する無関心さの対比もよく表していておもしろかったです。家政婦の山田さんもかなりキャラが立っていて大好きですね(笑)500円の豆腐をもらったことを語るシーンは何度巻き戻して見ても笑えました。

そんな一輝とは正反対でエリート街道を歩いてきた育美も思ったことをズバッと言うキャラなので何故か目が離せません。自分が一番正しい!と思って発言しているので知らぬ間に相手を不快にさせてしまっているでしょうね…

来院した子供のお母さんに対して「痛くないとか嘘になっちゃうんで気をつけて下さい」と忠告したり、彼氏にプライドをへし折るようなことを言ったり…しかも無意識だから余計にタチが悪い!私もこの彼氏の立場だったら卑屈になってしまうと思います。

最終的に喧嘩になるのでは?とヒヤヒヤしながら見ていましたが案の定でしたね。育美と鳥飼は最終的には別れてしまうのでしょうか?また、このドラマには恋愛要素はあるのでしょうか?性格が正反対の一輝と育美が付き合う展開になったら楽しそうですよね!そういった今後の展開にも期待が高まります。

それにしてもこのドラマで触れられていたイソップ物語の「ウサギとカメ」の議題は興味を唆られますね。何故ウサギは寝ているカメに声を掛けなかったのか?なんて今迄全く考えたことがありませんでした。こう言った哲学的なファクターも取り入れられていて、2話からも十二分に楽しめそうですね!

まとめ

今回は「僕らは奇跡でできている」の1話のあらすじ・感想についてまとめました。

好き嫌いが分かれるドラマだというレビューを見かけたりもしましたが、個人的には大満足で今後も見続けたいと思うようなドラマでした。育美含め、相河一輝に関わる人物たちがどう変わっていくのか、注目していきたいと思います!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう