下町ロケット

下町ロケットの5話が放送されました。

いよいよ前半のゴースト編が完結しましたね!

思わぬ展開で・・・・ざわざわしますねっ!!

こちらでは、5話のネタバレと感想を紹介していきます!

スポンサーリンク

下町ロケット5話のネタバレ!

ドラマの冒頭か裁判の決着というスピード展開で後半はどうなることかとハラハラして見ていました。

まさかのどんでん返しで、、、

さすが下町ロケットというところですね。

それでは、下町ロケット5話のネタバレを紹介していきます。

30代女性30代女性

帝国重工のロケットエンジンが完成して、財前道生(吉川晃司)にとって最後のロケット打ち上げになります。

そんな財前に佃航平(阿部寛)は殿村直弘(立川談春)の田んぼの稲刈りを誘いました。財前はこれから世の中の為に何をやれば良いか見えてきました。

第1回口頭弁論が始まりました。論文は誰が使っても良いものとして、特許侵害ではないと主張しました。神谷修一(恵俊彰)は中川京一(池畑慎之介)と末永孝明(中村梅雀)が繋がっていてその証拠の録音を提示しました。

ギアゴーストは勝訴し、中川は逮捕されました。

そしてヤタガラス7号機打ち上げ当日になりました。皆が祈っているなか、打ち上げは成功しました。

後日島津裕(イモトアヤコ)は佃製作所に来て、佃たちにダイダロスと資本提携をしたことを伝えました。

伊丹大(尾上菊之助)は過去のしがらみから逃れられなかったのです。(PN/あい)

 

40代女性40代女性

末長と中川の癒着を確信した伊丹と島津は、末長の契約を打ち切り、神谷に弁護を依頼しました。

裁判で神谷はギアゴーストが特許を侵害していないこと、末長が機密情報を流出させていたことを指摘し、中川との癒着も暴露します。

ギアゴーストは勝訴し、末長と中川は逮捕されました。そして、全てを見届けた殿村は、みんなに見送られながら会社を去りました。

その後、帝国重工では最後のロケット「ヤタガラス」の打ち上げが行われ、無事成功を収めました。そしてこれを最後に現場を去ることになった財前は、異動先での衛星ヤタガラス事業の足掛かりとして、農業に関わると衝撃発言をしました。

ロケット事業がひと段落し、いよいよ佃製作所とギアゴーストの事業が始まると思った矢先、伊丹はダイダロスと業務提携したと言い出しました。

ダイダロスの社長・重田に的場への復讐を焚きつけられた伊丹は、彼に賛同したのでした。

自分も切り捨てようとした伊丹を見限った島津はギアゴーストを辞めたと佃に謝るのでした。

(PN/湊海)

40代女性40代女性

末長弁護士(中村梅雀)に契約打ち切りを突きつけたギアゴーストは、中川弁護士(池畑慎之介)と末長弁護士の繋がりの証拠をつかむ。
裁判が始まると神谷弁護士(恵俊彰)は次々と新たな証拠をつきつけ見事勝訴し、中川弁護士と末長弁護士は不正競争防止法違反の疑いで逮捕されます。
そして殿村(立川談春)が会社を退職する日、黙って一人で去ろうとする殿村を佃製作所社員全員で見送ります。

ヤタガラス7号機搭載ロケットは無事発射し、全員で喜びを分かち合いますが、財前と佃が硬く握手を交わすのをじっとみつめる的場(神田正輝)はその場を去ります。
後日ギアゴーストの島津(イモトアヤコ)が佃製作所を訪ねて、ダイダロスと資本提携を結んだことを報告し、謝罪します。
ギアゴースト社長の伊丹(尾上菊乃助)は、以前帝国重工にひどいめにあったダイダロスの社長(重田)から過去の真相をきき、衝撃を受けます。
信じていた的場に裏切られていたことを知った伊丹は、帝国重工への恨みからダイダロスと資本提携を結ぶことを決めたのでした。
それをきいた島津は伊丹についていけず、ギアゴーストを退社します。(PN/斎藤)

スポンサーリンク

下町ロケット5話の感想!殿村の涙に感動!

30代女性30代女性

佃と神谷はICレコーダーで証拠を作ったのには素晴らしい思いつきだと思いました。島津がよくクマの鞄を忘れると思っていましたが、話を聞いてなるほどだと思いました。

たしかに本人たちが帰った後なら相手も色々話すので忘れ物を取りに来たと言ったら相手も気にならないと思います。

裁判の後に殿村が黙って1人で帰ろうとしたら、皆が待っていたシーンには感動しました。皆の殿村に感謝して大切に思っていることがすごく伝わってきました。

見ている私も、殿村が佃製作所を辞めるのが寂しかったです。

また財前がロケットに携わることも最後だと思うと寂しいです。財前はとても良い人だったので好きです。ロケットは成功して良かったです。

財前から農業という言葉には驚きましたが、佃が稲刈りを誘ったことがヒントになって良かったです。財前に新しいところでも頑張ってほしいです。

第5話も面白かったです。

(5段階評価:★★★★★)(PN/あい)

40代女性40代女性

裁判のシーンはかなりあっさり終わった感じがしましたが、それだけ神谷の有能さが際立っていた証拠だと思います。

裁判に負けた途端に中川に激しく噛みついた末長は、責任転嫁しまくりでかなり調子がいいと思いました。でも、今さら後悔しても後の祭りだし、逮捕されたのも自業自得だと思いました。

それは中川のほうも同じで、悔しくて取り乱しまくって絶叫したシーンは、コントみたいでちょっと面白かったです。
やっとすっきり終われたと思ったところで、いきなりのギアゴーストの手のひら返しでまたピンチに陥ることになった佃は、つくづく運が悪いと思いました。

いきなりすぎて、そら佃も思考停止してしまうわ!とついつっこんでしまいました。(5段階評価:★★★★★)(PN/湊海)

40代女性40代女性

さすが神谷弁護士ですね。とても鮮やかな手口で次々と証拠をたたきつけ、裁判を勝訴に導いた様子は圧巻でした。
悪党の中川弁護士が狼狽するのをみて、すこしすっきりしました。逮捕になったので、これでやっと悪さはできなくなりますね。

ギアゴーストがあそこまで佃製作所にお世話になっておきながら、最後の最後の裏切りはひどすぎます。
伊丹さんがそんなに情に流される人間だとは思っていませんでしたのでショックです。

いつも冷静な伊丹が、本をたたきつけて叫ぶ様子で、伊丹が変貌したことがよくわかりました。
共同経営者の島津すらもう必要ないと言い放った伊丹の言葉は本当に驚きです。

まさか帝国重工と仲がいいと逆恨みして佃製作所に刃を向くつもりなのでしょうか。
ダイダロスと伊丹がこれから何をはじめるつもりなのか、とても気になります。

(5段階評価:★★★★)(PN/斎藤)

まとめ~伊丹社長の今後が気になる・・・!~

思わぬ展開をみせた下町ロケットの5話でした。

伊丹社長のまさかの展開に・・・

Twitter上も騒然となっていましたね。。。。

 

 

ファンの声ファンの声

伊丹の突然のキャラ変に驚かされました。今までの低姿勢は全て演技だったとすると、逆にすごいと思いました。

尾上菊之助さんの演技がニヒルすぎる・・・善人からヒールまで圧倒的な演技力にぞっとする!

あんなに冷静沈着で穏やかな人で、社員思いの伊丹が、豹変してしまう様子は衝撃でした。

 

前半の完結においてこの振り・・・

6話からのヤタガラス編が気になってしかたないです!!

下町ロケットの勧善懲悪だからこそ、最後はスッキリしたいと期待しつつ残り半分が楽しみですっ!

いち早く結末を知りたいという方は原作を!

 

もしくはネタバレを!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう