3年A組-今から皆さんは、人質です

ついに第一部がクライマックスの「3年A組」。

誰ひとり犠牲者は出ていませんでした。

そして、今後柊先生の真の目的が明かされるのでしょうか!?

ここでは「3年A組」5話のネタバレ(あらすじ)と感想を述べていきます!

スポンサーリンク

ドラマ「3年A組」5話のネタバレ!

内通者判明!

3年A組担任・柊一颯(菅田将暉)は生徒たちに真実を話そうとしましたが倒れてしまい、未だ目を覚ましません。
生徒たちは準備室を強引に開け、中尾蓮(三船海斗)らを探しますが、地下への扉もロッカーにも鍵がかかっていて開けられません。
そこに逢沢博己(萩原利久)が来て、柊先生が持っていた爆破スイッチを見せ、部屋から出るよう言います。
内通者は逢沢でした。
しかしあっさり甲斐隼人(片寄涼太)らにスイッチを奪われ、鍵の解除方法を教えます。

スマホを取り戻し、外部と連絡可能に。

ついに生徒たちはスマホを取り戻し、SNSに自分たちの状況を投稿し始めます。
死んだはずの生徒たちと再会しますが、外へ出れると喜ぶ生徒たちに対し、中尾たちはここから出るつもりはないと言います。
一緒にここへ残って欲しいという里見海斗(鈴木仁)。
外に出たい生徒たちは反発しますが、堀部瑠奈(森七菜)は柊先生の本当の目的を話し始めます。

柊先生の本当の目的

「自殺した影山澪奈(上白石萌歌)は本当は殺された。
そしてそれはたまたま澪奈であっただけで、他の誰かが死んでもよかった。まだ事件は終わっていない。
警察では加害者を特定できないため、世間を使ってあぶり出す必要がある。
立てこもったのは大勢の人間に興味を持ってもらうことが目的。俺は長くは生きられない。だから最後の授業をしようと思った。」
それを聞いて、事件が起きてからの柊先生の言葉を思出す生徒たち。

唯月と喜志の繋がり

柊先生は諏訪唯月(今田美桜)が鍵を握っていると言っていたと聞くと、半グレ集団ベルムズのリーダー・喜志正臣(栄信)が唯月の彼氏だと感づき始めます。
知らないと言い捨て部屋を出る唯月。
モデルになる夢があった唯月は、喜志の彼女になりコネで事務所に入れたのでした。
先生の目的を知って残るか残らないか揉める生徒たちは、警察が突入しようとしていると知ります。
教室に来た唯月は、ずっと柊先生のそばにいた茅野さくら(永野芽郁)に、いつもブレない澪奈が目障りだったと話します。

唯月に柊先生の授業

警察が突入したと知り、仕掛けられた爆弾を爆破させるかで大騒ぎの美術室。
唯月も戻ってきますが、何も知らないと言い張ります。
甲斐がスイッチを押そうとした瞬間、目を覚ました柊先生が来ます。
唯月に話しを聞こうとしますが、モデルとして成功している今の地位を捨てられない。それの何が悪いと喰ってかかります。
柊先生は「それでいい。恥もかかずに強くなれると思うな」と生徒たちに訴えます。
唯月に「お前は間違っていない」と強く言われ、涙する唯月。

顧客リストに載っていたのは!?

そして喜志から渡されたペンダントの中に入っていたメモリーカードを柊先生に渡します。
そこにはフェイク動画の顧客リストが入っていました。
この中に澪奈を陥れようとした人物がいるのです。
それを見て驚愕するさくらたち。

「もう二度と澪奈のような犠牲者を出さないためにも協力してくれないか」と問う柊先生。
突入しようとした警察を、生徒たちを守るために激痛に耐えながらも撤退させます。
その姿を見て生徒たちは残ることを決めます。
そこへ、SNSに柊先生から澪奈を陥れた犯人は高校の教師だという投稿と、顧客リストがアップされます。
その中に「hunter 魁皇高校教師」という名前が・・・

スポンサーリンク

ドラマ「3年A組」5話の感想

今回も柊先生の命の授業がありましたね。
「恥もかかずに強くなれると思うな!」や、唯月に対して「お前は間違っていない」と強く言い切る先生の姿勢。涙してしまいました。
唯月も誰かに認めてもらいたかったのでしょう。

先生にあんなに面と向かって自分を肯定されたら、素直にならざるを得ませんよね。
モデルとして真っ当に勝負していない自分への後ろめたさで澪奈や周りにキツい態度を取ってしまう。

今までどうしてあんなに突っかかるのかと不思議に思っていましたが、謎は解けました。
柊先生、体がずいぶん辛そうです。体を張って生徒を守る姿にも、胸が痛みました。

柊先生の目的、壮大でしたね。
澪奈でなくても良かったとはどういうことなのでしょうか。
第2第3の犠牲者が出る前に、とも言っていましたが、犯人の目的は一体何なのでしょうか。

それがこれから始まる第2部の芯となるのでしょうか。

でも、相楽文香(土村芳)の謎も残っています。
文香は今までほとんど登場していないので、後半はこの謎も解明されていくのでしょう。

そして、やはりといってもいいでしょう、内通者は逢沢でした!!

柊先生はどうして逢沢にだけは話していたのでしょうね。
澪奈のドキュメンタリーを撮っていたから?

柊先生の本当の目的を知っても学校から出たがっていた生徒もいたのに、逢沢は反発しないという確信でもあったのでしょうか。

22時30分に放送開始された今回、ドラマの中の時間軸も同じように進んでいて、まるで生放送のようでとてもリアル感が出ていました!!

澪奈を死に追いやった真犯人は魁皇高校教師の誰か考察!

怒涛の展開を見せた5話でした!!

教師の中に犯人がいるなんて!!

ということは、水泳部顧問・坪井先生(神尾佑)?
嫉妬が絡んでいるかもしれない森崎先生(堀田茜)?
そしてやっぱり一番怪しい武智先生(田辺誠一)!!!

ずっと3年A組を見てきたのに、まさか犯人は教師だということすら予想していませんでした・・・。

そして、もう一人、気になる教師は、3年A組の元の担任、「小久保先生」。

1話で、影山澪奈の自殺がきっかけで休養しているとありました。直接の犯人ではないとも思えますが、事件の真相に絡んでくるのではと・・気になります。

小久保先生と魁皇高校の真犯人に関しての考察はこちら!

次回も楽しみですね!!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう