3年A組-今から皆さんは、人質です

3年A組の2話も放送完了しました。

2話では、誰も死なない展開で良かったなぁと思いました。

毎回死んでたらそれは、それで面白くないので。

そして、気にある内通者が出てきましたね。内通者は誰なんでしょうか。

こちらでは2話の感想と含めて内通者は誰なのか考察してみます!

スポンサーリンク

3年A組2話の感想!

2話の展開は思っていたより早かったなという印象です。ドーピングの真相を明かすストーリーで最後に犯人が発覚するのかと思いきや、早めの段階で発覚してしまいました。

それを自白するのかが焦点になっていましたね。そして、その後の教育の時間を多めにとっていたようです。

ドーピングを仕組んだ犯人は誰か推測していたのですが、水泳部の部長熊澤花恋(堀田真由)か宇佐美香帆(川栄李奈)かと考察していましたが後者でしたね。

関連:ドーピング投稿の真犯人は熊沢花恋(堀田真由)か?原因は景山澪奈の嫉妬?3年A組

 

柊一颯(菅田将暉)が良い人で良い悪いといろいろな感想が出ていますが、個人的には教育者で良かったと思う次第です。

これから残りの8日間で、どのような授業・・・教育が行われるのか楽しみです。

人と人との心を通わすことに重きを置いているのかなと思いつつ、教育ジャンルのドラマとしても3話以降は楽しめそうですね!

スポンサーリンク

内通者は誰か考察!逢沢博己(萩原利久)と思う理由!

ドーピングの犯人を考察しているコンテンツにも書きましたが、宇佐美香帆(川栄李奈)が犯人だとするとその動画をとっているのは、逢沢博己。

1話の冒頭からカメラをまわしていますし、景山澪奈の水泳のシーンなども撮っていました。さらには、その動画を柊一颯に渡したという話しもしていました。

ただ、宇佐美香帆と逢沢博己が共犯だとすると、逢沢博己が先生よりの理由がたたなくなり違和感を覚えます。

2話の放送で、宇佐美香帆と逢沢博己が共犯でないとすると、先生に加担しているというのも頷けます。

とは言え、逢沢博己が宇佐美香帆にフェイク動画を仕込んだと考えるならその動機がわかりません。

内通者と動画の犯人は別と考える方が辻褄があいそうですが、、、

なので、フェイク動画の犯人は別のような気がします。

ちなみに、服装からしぼりこむと、3名ぐらいに絞り込めるとのこと。

 

 僕の考えとしては、動画を柊一颯に渡している点、美術部である点、景山澪奈をドキュメンタリーとしてずっとおっている点などから考えて、柊一颯に協力している内通者だと思います!

内通者が生存疑惑の中尾蓮(三船海斗)ではない理由!

1話で死亡した中尾蓮(三船海斗)2話ではどうも死んでいないようですね。

中尾蓮が死んでいない説の考察は以下を参照ください。

関連:ドラマ「3年A組」1話のネタバレと感想!中尾蓮(三船海斗)は死んでない?

さらに、2話で決定的だったのは、死んでいる理由が美術道具の手を理由としていた点です。またおにぎり30個というのも生徒29名と柊一颯分となると辻褄があいます。

 

戦隊モノで手を切られるシーンは2話の冒頭でも出てきていましたが、その伏線は2話で回収されていましたね。

ちなみに、アクション俳優をやっている柊一颯はIVKIという芸名だったようです。

関連:3年A組柊一颯はスーツアクターIVKIだった!菅田将暉のアクションはカッコ良すぎる!

では、いきているなら内通者じゃないか?という考えもあるのですが、生きているのを隠している時点で、あえてトイレに隠れて内通する必要はないわけです。

すでに隠れた状況にいるので、あえて隠れる必要はないと考えられます。

まとめ

つぎからつぎに出てくる謎の展開。

次回は警察再度が騒がしくなりそうですね。2話の段階では、柊一颯の真の目的や、事件の一連の真相はあかされていません。

側だけなぞったような感覚です。3話に急展開とあったように、今後の動きからますます目が離せませんね!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう