家売るオンナの逆襲

安定の面白さの家売るオンナの逆襲。

こちらでは、6話の放送のネタバレと感想を初回していきます!

まずは前回までのあらすじから。

前回までのあらすじ前回までのあらすじ

留守堂に敗北した万智は有給休暇を取ると突然言いだし、行方をくらます。庭野は田部竜司と宮寺奈々という婚約を控えた新客を担当する。東大卒だがブサイクな竜司と美人で奥ゆかしい奈々であり、竜司は見栄えのよい家を希望。また竜司は店のチラシを見て、万智のことを小学校時代の同級生だったと話す。

小学生の万智は明るく、陽気であったとの話を信じることができない屋代と庭野。物件案内を竜司と奈々にしていた庭野だが、シャワーの操作を誤ってしまい、奈々は残念なスッピンに!じつは奈々は化粧のテクニックで美人に見せており、それに怒った竜司はブサイクなら結婚するという意味はないと別れることに。

そこに万智が姿を現し、突然の家を売る宣言!万智は、外見はボロいが内装の美しい家を案内し、この家は2人のようでギャップ萌えこそ人は燃えると説き、成約に至る。竜司と奈々の2人も無事元サヤに。万智は留守堂を呼び出し、小学校の同級生だったドジスケではないかと問いただす。冴えない少年だったドジスケは名前も顔も変えて、万智の前に再び姿を現した。

「僕は今もあなたを愛しています」と愛の告白をする留守堂であった。

それでは、家売るオンナの逆襲6話のネタレと感想を見ていきます!

スポンサーリンク

「家売るオンナの逆襲」第6話のネタバレ!

◎これからも挑み続ける!

万智(北川景子)に愛の告白をするものの、「あなたを愛していません」とアッサリと振られる留守堂(松田翔太)。しかし、留守堂はこれからも挑み続けると宣言する。2人のやり取りを盗み見た屋代(仲村トオル)は、複雑な心境で帰る。途中で白州(イモトアヤコ)が働き始めたスーパーで、優しい女性店長である三郷楓(真飛聖)に出会う。三郷は風邪を引いている屋代にくず湯をお勧めする。

◎不倫公認の夫婦!?

万智と庭野(工藤阿須加)はカリスマ美容師である八十多湊人(武田航平)とその妻でありまた美容師でもあるつぐみ(内山理名)を担当することになる。商売のために風水にこだわりを示す八十多夫妻にぴったりな物件を紹介し、何事もなく家が売れるのであった。しかし、万智は庭野になぜか湊人を尾行するように言う。庭野は、湊人が尾田まり(筧美和子)と不倫している姿を目撃する。八十多夫妻はお互いの不倫を公認している夫婦であり、つぐみは恋愛関係は卒業したけれど、人間同士として愛し合っていると万智に告げるのであった。

◎住もう君の像が…!?

営業所に戻った庭野はメンバーに興奮気味に八十多夫妻の公認不倫を話し、夫婦論について盛り上がる。一方で留守堂は大学教授である尾田順平(橋爪淳)から家探しの相談を受ける。順平には若い妻であるまりがいるが、最近妻の心がうつろげだと悩みを打ち明ける。尾田は新婚気分になれるような家を希望する。庭野は万智と留守堂の関係を屋代から聞き、いても立っていられなくなり、留守堂に会いに行く。留守堂に釘を刺そうとしていた庭野だが、留守堂に万智への気持ちを見破られてしまい、「密かに想う心の自由」と意気投合する2人。また庭野から不倫公認の客の話を聞いた留守堂は、尾田の妻が不倫していることに気付く。

◎営業所が大惨事!?

まりの浮気現場を目撃した順平は、テーコー不動産に入っていく湊人を見て、営業所に怒鳴り込んでくる。公認不倫の考えに納得できない順平は、湊人に住もう君の像を振り下ろす。(庇った庭野がトバッチリに…)戸惑いを隠せずショックを受けた湊人は、家を白紙に戻したいと頭を下げる。湊人の申し出をアッサリOKした万智であったが、屋代には必ず家を売る宣言をする。ちちんぷいぷいでは、妻の浮気に理解できない順平を留守堂が慰めていた。

◎強力な協力者とは…!?

朝礼で万智は八十多夫妻に家を売るためのビジネスパートナーを呼んでいると言い、現れたのは留守堂であった。運命の家を売る大作戦を行うと宣言し、メンバーに集合をかける万智。メンバーは携帯でつぐみと順平の動向を連絡しあっている。ランニングをする宅間(本多力)はつぐみにわざとぶつかり、オレンジを落としたつぐみを助ける順平。不良に扮した八戸(鈴木裕樹)はつぐみに絡み、助ける順平。

◎四角形のホームとエロス

運命の家を売る大作戦で、順平とつぐみは急速に距離を縮めていった。そんな2人の前に、万智は突然姿を現わす。八十多夫妻と尾田夫妻が営業所に集まり、この夫妻らにはホームとエロスの両方が必要だと説く万智。非常識だと言う屋代に、万智は他人の目なぞ屁の河童と強く主張。万智は八十多夫妻に以前のマンションを、尾田夫妻に同マンションの別室を提案する。4人はそれぞれに納得して購入に至り、握手しあう万智と留守堂であった。屋代は万智に納得のいかない様子を見せるが、全ては家を売るためですと答える万智。スーパーに寄った屋代は、山積みのさば缶が倒れてくるのから三郷を守るのであった。

スポンサーリンク

「家売るオンナの逆襲」第6話の感想

第6話放送されました!

今回はW不倫がテーマでしたね!ちょっと現実的にはあり得ないかなぁと思いましたが、最後はみんな幸せそうなのが印象的でした。ゲストに内山理名さんが登場されていまいした。ホント、毎回豪華ですよね〜♫

 

今回1番笑ったのは、運命の大作戦に協力ていた宅間さんと八戸さんです!とくに八戸さんのヤンキー姿がハマっていたように思います。

また、万智がつぐみに「男と女して愛し合っています」と飄々と答える姿にキュンキュンしちゃいました!毎回の万智の発言に萌えてしまう私です。屋代課長にそんなに心配させなくても大丈夫だと見せてあげたいですよね〜!

そして新たに現れたスーパーの女店長である三郷さん。この女性は優しくて、気遣いができてまた万智とは違うタイプですよね!屋代課長と新たな恋が始まりそうでしたが、次回どうなってしまうのでしょうか!?

7話も楽しみにしています♫

 

「家売るオンナの逆襲」やっぱり期待を裏切らない家売るオンナ!テーコー不動産の脇メンバーも熱い!今回は八戸さんと宅間さんに注目!

◎八戸大輔役(鈴木裕樹さん)

営業マンの八戸さん!目力が強くてよく見たらイケメンで、ひそかに隠れファンも多いのではないでしょうか!?

八戸さんは、帰国子女という設定で英語や中国語が堪能な営業マン。当初はわが道を行くサンチーのことを受け入れず、反サンチー同盟なるものを作っていました。ですが、最近ではサンチーとは敵対せずに上手くやっている様子がみられますね。サンチーのことをすごく美人だという発言もありました!続編の2時間スペシャルでは、結婚して今は新婚で幸せいっぱいだろうの八戸さん。中国人の爆買いが無くなってきたために、活躍の場が狭くなっているようですが、また八戸さんの営業に期待したいなぁ〜!

そんな八戸さんを演じているのは俳優の鈴木裕樹さんです。鈴木裕樹さんは、1983年10月3日生まれ、岩手県出身、身長180センチの俳優さんです。所属事務所はワタナベエンターテインメントです。大学時代には友人とお笑いコンビを結成していたそうですが、半年で挫折。2004年に上京し、D−BOYSオーディションに合格し、「ミュージカル・テニスの王子様」で俳優デビューを飾りました。趣味はサッカーとイラスト、特技は腕立て伏せという男らしい鈴木裕樹さんです。

家売るオンナの出演以外にも数々の作品に出演されていますよ〜!代表作としては2007年に放送された「獣拳戦隊ゲキレンジャー」。主演の漢堂ジャン役を演じました。NHKの連ドラ「ゲゲゲの女房」(2010)では、小林太一役に抜擢されています。また土曜ワイド劇場や水曜ミステリー9にも出演!つい最近まで放送されていた「大恋愛」(2018)でも3話で医者役として出演されていたそうです。(全然気が付かなかったですが…笑)

八戸さん、スーツ姿とても似合っていると思います♫これからも頑張ってほしいですね!

◎宅間剛太役(本多力さん)

大人しい印象の宅間さん!頼りないけど優しくて、オフィスでは癒し系キャラですよね!

宅間さんは人は良いのですが、押しが弱くてなかなか成績を上げられない営業マン。そして、白州美加の元旦那さんですよね!前回のドラマでは白州とくっついてお似合い〜と思っていたのに、まさか離婚してしまうなんて…。ふてぶてしくワガママな白州はちちんぷいぷいの仕事もクビになってしまいましたが、白州の次の就職先まで探してあげるとっても心優しい宅間さんです。最初は反サンチー同盟に入っていましたが、徐々にサンチーの指示に従順になっていきました。最終回までに白州と復縁することもあり得るかな〜と思うのですが、どうなんでしょうか!?

そんな宅間さんを演じているのは、俳優の本多力です。本多力さんは、1979年6月12日生まれ、京都府出身、身長168センチの俳優さんです。劇団ヨーロッパ企画に所属されています。立命館大学に入学された後。ヨーロッパ企画に参加し、舞台やミュージカルで活躍されていました。NHKのEテレ番組である「ことばドリル」や「銀河銭湯パンダくん」などにも出演されています。

舞台経験の多い本多力さんですが、最近のテレビドラマでは、「貴族探偵」(2017)や「チア☆ダン」(2018)にも出演されています。

宅間さんは、白州には流されずに頑張ってほしいと思います!少し吃った喋り方が可愛いと思います。これからも応援しています〜♫

6話のゲストもまとめていますのでよろしければ併せてどうぞ!

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう