わたし、定時で帰ります。

TBS火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第4話の、あらすじと感想をお届けします。

今回ピックアップされる結衣の仲間は吾妻徹(柄本時生)です。

「エンジニア」という立場は自由人ぽいイメージがありますが、それにしても初回からボサっとした役柄だと思っていたら「会社に住んでいる」とのこと。

矯正しようとする結衣の大変さがうかがえますね。

また結衣の会社に派遣されてきた女性・桜宮が、ずばり結衣の彼・諏訪巧のBBQ仲間だというのも、気になります!

スポンサーリンク

「わたし、定時で帰ります。」4話のネタバレ!

吾妻の問題行動

福永清次部長は、社長・常務との会食で、制作4部の頑張りは自分の手柄のように語っていた。
「恩返しがしたい」と盛り上げる福永だったが、「働き方改革」にそぐわない社員がいるという話題に焦ってしまう。
種田晃太郎に話が降りて、東山結衣は吾妻がサービス残業ばかりしていると聞かされる。
しかし、デザイナーの児玉によると、吾妻は銭湯から寝巻みたいな恰好で会社に戻り、仕事もソコソコに寝袋で寝ていたとのこと。
「会社に住んでいる」状態なのだ。

福永・晃太郎・結衣・吾妻で話し合いになる。
福永は「サービス残業なら会社に見つからないようにやって」と言い出す。
しかし吾妻は、誰にも迷惑かけていない、遅刻ではなく午前半休だしと、反論するだけだった。
「スタッフの管理はチーフの仕事」と、結衣にもあたる福永。
定時で帰ることに嫌味を言われ「ルーズでどうする、向上心を持って」との福永の打ち上げに、結衣もうんざりする。
結衣に効率アップを習うように晃太郎も言うが、自分のペースがあると主張し、話にならない吾妻だった。

結衣・八重に三谷も加わって、上海飯店でビールタイム。
八重「今日は双子が実家」と満喫中。
三谷は「ほかに定時ですることがない」となんとなくの様子だ。

吾妻も実力はあるのにもったいない、サービス残業は本来違法行為だ、などと話題になる。
「頑張っているところを、さらにあおられたら辛いかも」と結衣は同情的だ。
「向上心、志」などのしんどさは体験済みなのだった。

変わりたい吾妻と、結衣の指導

ランダースポーツ社の仕事のキックオフミーティングで、派遣のデザイナー・桜宮が登場する。
何と桜宮は、結衣の彼・諏訪巧のBBQ仲間だった。
以前は巧の会社・ベーシックオンにいて、結衣のことも聞いているとのこと。
疑惑の写真は会社の「お別れBBQ」と判明し、安心する結衣だった。

クライアントとの会議。
ノリの悪い吾妻は、早速ランダースポーツ側から目を付けられてしまう。
「技術職もクライアントに愛される努力を」と怒る福永。
そんな吾妻に桜宮が食いつく。
Web設計を褒め、あこがれていると言われて、恋が芽生えたらしい吾妻だった。

しかも「残業ゼロの計画で」との結衣の方針に桜宮が喜ぶのを見て、吾妻が変わった!
突然定時で帰り、桜宮と会社のコーヒー豆を選びに出かけるなど、デートのような雰囲気だ。
おどおどしながらも桜宮にあこがれる吾妻を、結衣も満足そうに見守る。

桜宮がカップケーキを作ってきて、社内も盛り上がるが…。
吾妻の泊まり込みはなくなったが、能率は落ちている様子。
吾妻は結衣に効率アップの方針を聞きにくる。

・デスクの整理整頓、フィギュアも整頓しよう
・To Doリストをつくり、優先順位を付箋で示そう
・所要時間を設定し、時間を区切って働こう

結衣の指導にやる気を見せた吾妻。
福永もご満悦で、結衣に結婚のことを話題にする。
流れで、結衣も晃太郎に結婚のことを話すが、少しぎこちない空気になるのだった。

休日。
結衣は巧と桜宮のことを話しながら、物件探しに出かける。
「住むところって大事にしたい」との巧の考えに、彼を少し見直す結衣。
昔なじみのおでん屋に入り夕食タイム。
巧は初対面の時、おでんを幸せそうに食べる結衣を見て「結婚したい」と思ったのだった。
晃太郎のこと、桜宮のことが気になっていたと、語り合う2人。
2人のわだかまりがなくなり、幸せな結衣だった。

夢や向上心は大事か?

ホワイトボードを導入し、効率アップした吾妻。
男性陣に「食事に女性を誘う時」をリサーチし、「狙っている」様子をからかわれと、楽しそうだ。
一方、優秀な桜宮を福永が「便利な子」とホメるのが、気になる結衣だった。

デザインをテストアップし、定時にあがる吾妻。
桜宮を追いかけて夕食を誘うが、トークがつながらず、結衣を巻き込み3人で夕食に行く流れになる。
“情報源”の愁にいいお店選びを頼み、イタリアンを予約してもらう結衣。
「親切ですね」と褒められる結衣。
愁は、引きこもりになる前には会社で何かあったらしいのだった。

レストランで、最初はいい雰囲気だった吾妻と桜宮。
しかし、桜宮が「夢」や「独立」などについて迫ってくるので、固まってしまう。
撃沈の様子の吾妻を、結衣は「すごい人はごく一部」とフォローするが、疲れてあきらめモードの吾妻だった。

翌日、吾妻は急に午前半休をとる。
Webがテスト状態なことを見つけた結衣。
トラブルは晃太郎が回避したものの、吾妻は福永に怒られる羽目になる。
「会社の信用を無くすところだった」と責められ、桜宮にも軽蔑されたと思い、落ち込む吾妻。
効率アップのボードをしまい込み「もういいから」と結衣を振り切ってしまう。
以前のカラに引きこもってしまう様子の吾妻だ。

吾妻にプレッシャーをかけてしまったと落ち込む結衣。
八重は「コミュニケーションが増えた」と吾妻の成長を評価する。
「マイナス思考の沼」からどう抜け出すかという八重の問いに、晃太郎は「気にかけてくれる人」と答えるが…。

ささやかな楽しみ

残業する吾妻に「忘れ物」を装って結衣は話しかける。
「人生なんてただの暇つぶし」と、夢も才能も楽しみもないと、つまらなそうに語る吾妻。
「給料日は楽しみ」と、結衣はささやかな楽しみを語る。
定時のビール、ドラマ、好きな人とのおしゃべりのような些細なことでも目標になる。
「人生の使い方なんて人それぞれ」と言い、コーヒーの味に触れる結衣だった。
吾妻に思うところがあったのか…。

別の日。
18:04に退社し、上海飯店でビールを飲みつつも、ノリの悪い結衣。
そこに突然、晃太郎が現れる。
「お前に食わせるタンメンはない!」と店主。
お店で、結衣と晃太郎の破局は知られているのだった。

晃太郎は、吾妻が早めに退社したことを結衣に伝える。
吾妻は本格コーヒーを家で楽しむことにしたようだ。
常連に話しかけられ「また会社に戻る」、「仕事しかない」などと語る晃太郎。
結衣に「だまされちゃダメよ」と耳打ちする店主。

晃太郎におごられて、追いかける結衣。
そこで晃太郎は、福永と桜宮が楽しそうにタクシーに乗り込むところを目撃してしまう。
気になるも、結衣には告げないのだった。

スポンサーリンク

「わたし、定時で帰ります。」4話の感想

向上心は重いという結衣の発言には、共感してしまいました。
「がんばる」は人それぞれ、というのが最近の考え方ですが、実践しているキャラとして結衣はいいお手本ですね!

柄本時生演じる吾妻の変化も面白かったです。
ぼさっとしてオタクっぽい感じと、個性があるクリエイティブさの、ちょうど境目で揺れる、という感じでしょうか。
髪を後ろにひっつめ、やる気を出したときには何だか可愛らしく、さすが演技派!と思いました。

それにしても、巧の浮気疑惑は晴れたものの、何だか裏がありそうな桜宮の存在が気になりますね!

東山結衣の効率アップ術と、ささやかな向上心に感服!

「効率重視」と「向上心」、どちらも普通に使われる言葉ですが、上司に言われると、ただただ重い話ですよね。

今回の吾妻は、夢にあこがれすぎる桜宮をあきらめ、どうやら「ちょっとだけ」自分を変えることに成功したようです。
結衣の指導した効率アップ術と「夢や目標はささやかでもいい」という話のおかげですね!

・整理整頓、探す時間の短縮

・To Doリストと優先順位

・所要時間を設定する

これは、大事ですね!

自分でも「身近な目標」を考えてみたいな、と思える第4話でした。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう