指定弁護士、キャスト、北川景子
北川景子さん主演のドラマ「指定弁護士」は予想以上に解りやすいストーリー展開で面白かったと感じた人が多かったことでしょう。

その上、実際にあった世間を騒がせた事件内容とそっくりな設定に興味を惹きつけられましたね。

ここでは、ドラマ「指定弁護士」のネタバレと感想をまとめました。

スポンサーリンク

ドラマ「指定弁護士」のあらすじネタバレ

京都にある三塚法律事務所に勤務する弁護士・一ツ木唯(北川景子)は、弁護士仲間の神林京子(羽田美智子)から指定弁護士をやってみないかと声を掛けられ、所長の三塚文則(中村梅雀)からも勧められて、事務所のパートナー弁護士になることを目指し指定弁護士を引き受けます。

起訴をする相手は収賄の容疑がかけられている京都選出の衆議院議員の田金清造(石橋蓮司)。
毎日のようにマスコミは田金の疑惑について報道を過熱させています。

指名され指定弁護士になった唯は取材を受け、意気込みを語っていましたが、そんな折、田金の秘書・斎藤益道がマンションから飛び降りて自殺してしまいます。

残された妻の里美(真飛聖)に話を聞こうとマンションにやってくるとそこには京都地裁の検事・橘慎二(北村一輝)がすでに来ていました。

橘は指定弁護士付きの検事に上司から指名されていたのです。

その橘は検察の起訴できなかった被疑者を、必要な証拠もなしに起訴しようとする指定弁護士が大嫌いだったのです。

それで橘は指定弁護士の唯に辛く当たります。
しかし、唯は橘に負けまいと職務を全うする覚悟です。

ところが所長の三塚弁護士が被疑者の田金清造の弁護を引き受けてしまったのです。
唯は指定弁護士を降りて欲しいと指示されます。

もともと事務所のパートナー弁護士になるために引き受けた指定弁護士だったので、唯は三塚所長の指示に従い、一度は指定弁護士を降りることを決めます。

しかし、辞意を伝えるために京都地検に向かった唯に自殺した秘書の妻が近づいてきて、
夫は殺されたのだと訴えかけてきたのです。

話をよく聞くと、どうやら秘書は賄賂を受け取っていた田金から追い詰められて自殺したようなのです。

それを聞いた唯は意を翻して指定弁護士を続けることを決め、三塚法律事務所を辞めます。

唯の覚悟を聞いた橘は、少しずつ指定弁護士の唯に協力する気持ちになってゆきます。

元々橘は、何故、大阪地検特捜部が起訴を取りやめたのかについて疑問を持っていたのです。
田金が国有地を自分が理事を務める「辰波福祉会」に不当に払い下げた見返りに献金を受け取っていた事実を掴みながら起訴を見送ったのには訳があるに違いないと思っていたのです。

そんな折り、橘検事に付いている事務官の安倍忠一(生瀬勝久)が、補助金が官房機密費から支出されている証拠となる情報を橘に届けます。

土地を、埋設物撤去費用を差し引いた2割の値段で払い下げた上に、さらに国から「辰波福祉会」に撤去費用として補助金が出ていたのです。

一方、唯は斎藤の妻の里美に裁判での証言を求めますが、証言は出来ないと断られます。
実は田金の事務所が先に手を回し、妻の里美を説得していたのです。

橘はこの頃すでに、内閣官房機密費が補助金として支出された金が京都地裁と京都地検の
費用に充てられていた事実を入手していました。

結局、唯と橘は田金の収賄を立証する証拠は固めることは出来なかったものの、隠されていた事実を、裁判を通して世間に公表しようと決めます。

法廷で指定弁護士として検察席に立った唯は、橘が掴んだ証拠に基づいて官房機密費からのカネの流れを公表します。

田金はその事実は認めたものの、自身の辰波福祉会からの収賄については否認します。

田金は被告人席でこう供述したのです。

田金が法務大臣だったちょうどその頃、国は反対があるのを押し切って裁判員制度を導入していました。
この制度を導入し維持するには職員の増員や設備の改修などに金が掛かります。
しかし、反対のある制度に予算を付けるのは難しいため官房機密費を利用してその費用に充てたのです。

この裁判で明らかになった官房機密費の使い方についてはマスコミ報道を通じて、世間では大きな話題になります。

しかし、田金の収賄嫌疑については、受け取った「辰波福祉会」からの金を献金として政治資金収支報告書に記載し公表していたため無罪判決が出されました。

スポンサーリンク

ドラマ指定弁護士の感想

北川景子さんてこんなに魅せる演技が出来る女優だったっけ?と思える程、素晴らしかったですね。

特に、法定シーンで金の流れを裁判官に説明し弁護側の異議を退け、容疑者・田金清造自身により、官房機密費から裁判員制度導入の費用が支出されていたことを白状させた場面の演技には感動しました。

それは米倉涼子さんや奈菜緒さんを凌ぐ迫力と自信が満々としていて、スカッとさせてくれるものがありました。

また、北村一輝さんや生瀬勝久さんの正義感を秘めながらも主人公・唯に引きずられ協力してゆく難しい演技にも魅了されました。

更に、脇を固めるえなりかずきさんや羽田美智子さん、そして中村梅雀さんの飄々としておとぼけの演技には安心を覚えましたね。

そして、内容に現在進行中の政治問題を設定しているだけに、話がリアルに感じられて思わず見入ってしまう場面もありました。

また、指定弁護士制度の背景に世論への配慮があることや裁判官制度導入に反対意見もあることは事実で、考えさせる部分もありその意味でも期待以上のドラマでした。

まとめ

今まで弁護士や裁判を扱うドラマはたくさんありましたが、指定弁護士を題材にしたドラマは無かったそうです。
それは、制度そのものが解りにくいことや、検察批判という微妙な国民感情を背景にしているからだと言われて来ました。

ドラマ「指定弁護士」はその困難にも敢えて挑戦しているところが素晴らしかったですね。

ここまで予想以上に面白かったドラマとなると期待するのはシリーズ化です。

将来、指定弁護士・一ツ木唯は、女優としての北川景子さんを象徴するキャラクターにきっとなるような気がしています。

 

2018年秋は、弁護士を題材にしたリーガルドラマが熱いですね!

「SUITS/スーツ」月9ドラマのキャストとあらすじ!織田裕二のあらたな名作に?

ドラマ「リーガルV〜元弁護士・小島遊翔子〜」のキャストと見逃し動画の配信状況!

 

スポンサーリンク

 

 

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう